日記のようなもの

2005年8月

<<  前の月    TOP    次の月  >>



究極のメニュー  2005/08/01

以前から考えていたことを実行するため、コンビニまで買い物に行ってきました。
買ってきたのは「どん兵衛」と「赤いきつね」。
この2つのカップ麺で何をするのかというと、カップ麺の「合体」。

どん兵衛と赤いきつねの麺やスープを入れ換えてみたらどうなるんだろう…
実はこれ、前からやってみたかったんです。
なので今日、それをついに実行してみました。

容器と麺が「どん兵衛」、スープと揚げが「赤いきつね」。
さてさて、どんなカップ麺ができ上がるやら…
お湯を注いで数分…合体カップ麺のできあがり。



ワガナハ赤いどん兵衛、コンゴトモヨロシク…

んー、当たり前っちゃ当たり前だけど、見た目に大した変化はないよなぁ…

じゃあ、味の方はどうなるんだろう?
ということで、早速ひと口…

って、これ赤いきつねじゃん。
いつも食ってる赤いきつねと区別がつかん…

くそっ、わざわざカップ麺を2つも買ったのに、ものすごくつまんない結果じゃないか…


紀信にも荒木にも撮れない一枚  2005/08/02

久しぶりに体重計に乗って、肉がかなりヤバイことになってると自覚したので、これからは運動をしようかなと思う今日この頃。
心拍計もあるし、ブラブラ出歩くようなのじゃなくて、ちゃんとした運動。

で、どうせならダイエット商品の広告にあるような、使用前→使用後みたいに映像的な記録も残しておこうかと考えまして、肉まみれのボディを写真に撮ってみた。
肉の具合がわからんと困るので、全裸になってセルフタイマーで撮影。
で、それをPCに取り込んで確認。

……………

速攻で顔とチンコを塗りつぶした。
なんかもう肉がどうとかじゃなくて、全てが醜い。
いや、醜って字すらもったいない汚さだ。
肌は汚いし、顔は気持ち悪いし、なんか毛だらけだし、見るに耐えない。
たぶん守護霊も逃げてる。
それくらい酷い。

もうあまりに辛いので、撮影した画像はすぐにゴミ箱行き。
PCの調子が悪くなるんじゃないかと心配だ…


今日も夏、明日も夏  2005/08/03

ずいぶんホコリっぽくなってきたんで、久しぶりに部屋の掃除。

でも、真っ昼間の暑い時間に始めたもんだから、汗が止まらない。
床に散らばったCDやら小物を拾い上げると、そのCDの上に汗がポタリ、ポタリ。
せっかくだからと固く絞った雑巾で床を拭き始めると、拭いたそばから汗がポタリ。
もう掃除してんだか汚してんだかわかんない…
塩もみしたキュウリみたく体から汗が出まくって、Tシャツはあっという間にビショビショ。

もういい!掃除中止!!

中途半端な状態で掃除を中断して、そのままエアコンのスイッチをオン。
涼しい部屋の中で布団かぶって寝てやった。

そしたら夕方、あまりの寒さに目が覚めた。
冷えすぎて、窓が結露してやんの…


むしろこっちが職質したかった  2005/08/04

荒川の河口を目指しサイクリングロードを走っていると、警官と救急隊員の集団に遭遇。
7〜8人くらいはいるみたいで、土手を歩いて降りてくる救急隊員の中には担架とストレッチャーを持った人もいる。
なんだろ?なんでこんな所に警官やら救急隊員やらが…

と、不思議に思っていると、彼らが川沿いの藪の中に次々と入っていく。
これは訓練とか、そういうのなんだろうか?
でも広場がいくらでもあるのに、あんな人の背丈ほどもある草むらの中に入って訓練なんておかしいよな…

てことはもしかして、何かの事件!?
川で死体が上がったとか、河川敷をねぐらにしてたホームレスが死んだとか…

んー、気になる、すごく気になる…

そこで、草むらの奥へと消えていった警官たちが出てくるのを待ってみることにした。
どうせ暇だし、少し離れた場所から様子を観察。
はたして、あの草むらから警官たちが出てきた時、救急隊員が持っていた担架には何が乗っているんだろう…

……………

って、やっぱ無理!見てらんない!!
なんか急に怖くなって、ダッシュで逃げてきてしまった…


スポンジ  2005/08/05

昨日の午前中は荒川辺りをウロウロしてたんだけど、ちょっと驚いたことがひとつ。

朝、出かける前に体重を計った時は85.6キロだったのに、昼過ぎに帰ってきて体重を計ると83.4キロ。
なんと2キロも体重が落ちている。
まあもちろん、痩せたとかそういうのじゃなくって、単純に体の中の水分が汗として出ちゃっただけなんだけど…

でも逆に、汗をかくだけで体重が2キロも落ちちゃうことにちょっとビックリ。
外にいる間、2リットル以上の水分を補給してたはずなのに、それでも2キロ落ちているってことは、相当な量の汗が出てたわけだ。
えーと、水1リットルが1キロだから、減った2キロだけを考えても最低2リットルは汗が出てるのか。

2リットルの汗…
んー、考えるとなんか恐ろしいな。
ペットボトルいっぱいに詰まった汗とか、想像するだけでもう…


しかし、当たり前の話だけど
これだけ体重が落ちても、家に帰って水を飲んだら元通り。
うるおいデブ。


紙切り?噛み切り?それとも髪切り?  2005/08/06

なんだか猫が騒がしい。
さっきから天井の方をキョロキョロキョロキョロ…
なんだろうと猫の視線を追ってみると、天井付近で大きな虫がブンブン飛んでいる。
開けっ放しの窓からセミでも入ったのかなぁと、その虫をよーく見てみると、それはなんとカミキリムシ。

がっ、ぐあ、カミキリムシかよ、勘弁してくれ…
虫は元々得意な方じゃないけど、数ある昆虫の中でもカミキリムシは怖い虫のホームラン王。
あの長〜い触角と、凶悪なあの顎。
怒ってるのかなんなのか、ギチギチと変な音までするし、とにかく恐ろしい。
そんなカミキリムシが玄関の明かりの辺りでブンブン飛びまわってる。
ああ、なんということでしょう…

カミキリムシだけは勘弁してほしいんで、どうにか家族の誰かに追っ払ってもらいたいんだけど、家族の誰も気にしやしない。
親父なんか、頭の上をカミキリムシが飛んでるのに気付きもしない。
でも、「カミキリムシを外に出してくれ」なんて言うと、虫ごときにビビってるようで格好悪い。
だから何も言わずにいたんだけど、カミキリムシが壁に止まってジッとしちゃうと、もはや誰も気付かない。
「そこ!そこにカミキリムシがいるんだよ!」
でも俺が黙ってるかぎり、天井近くに張り付いたカミキリムシには誰も気付いてくれない。
カミキリムシなどいないかのように、スルーしまくり。
もしかして、霊が見える人はいつもこんな気分なのか?

仕方ないのでホウキの先にカミキリムシを掴まらせて、そのホウキごと外へ持って行ってお引取り願った。
たぶんこれで寿命が3日は縮んだと思う。


ヒモになりたい  2005/08/07

コーラのオマケのヨーヨーを手に入れて以来、暇があればちょいちょいと遊んでます。
で、このヨーヨーを猫に見せたらどんな反応をするだろうかと、ふと思った。
というか、ヨーヨーを見てくれる相手がいないから猫に見せようと思っただけなんだけど…

まあ理由はともかく、猫の前でヨーヨーを投げてみた。
すると、猫がただならぬ興味を示してくれた。
空転するヨーヨーをジッと見つめ「なんだこりゃ?」と不思議そうな表情。
ヨーヨーを上下させれば、それに合わせて猫の頭も上へ行ったり下へ行ったり。
よし!いつも素っ気無い猫の気を引くことに成功したぞ!

と思ったら、何度かヨーヨーを投げたらもう知らん顔。
目の前でヨーヨーしてるのに、背中を向けてこっちを見ようともしない。
くそっ、もう興味ナシかよ!

猫にすら相手にされないんじゃやってらんない。
バカらしくなってヨーヨーを床に放り投げたんだけど、そしたら猫の野郎、ヨーヨーの紐に飛びかかりやがった。
紐をチロチロさせると、その紐に向かって前足をガバッ!
紐を体中に巻き付けて、紐とじゃれまくり。

俺がヨーヨーを振り回すより、単なる紐のが良いのね…


再開は17日  2005/08/08

ラジオ第一でやっている子供科学電話相談が高校野球の中継の関係でしばらくお休み。
あー、野球なんかで潰さないで毎日やってくれよー!
俺の夏の楽しみといったらこれくらいなんだからさぁ。

んでまあ、残念ながら電話相談の前半戦が終了しちゃったわけですが、今年もなかなか面白かったです。

鼻息が受話器に当たってフゴーフゴーなっちゃって、なにを言ってるのかわからない子。
「どこに住んでるんですか?」の質問に番地まで言っちゃう子。
ラジオをつけっぱなしでハウリングさせちゃう子。
背後でお母さんの声が聞こえきて、言わされてる感がまる出しの子。

などなど…
毎年同じような展開で笑えます。

で、これも毎年のことなんですが、
せっかく先生が質問に答えても、先生の説明が複雑すぎてわかってない子が多いです。
回答する先生は学者さんたちだから、ヘタに嘘をつけないぶん、どうしても難解になっちゃうんでしょうか。
子供たちは先生の答えに「はい」「うん」と返事をするんだけど、声のトーンからして理解してなさそう…

でも、たとえわかってなくても、進行役のアナウンサーの「どう?わかったかなー?」で強制終了となってしまいます。
アナウンサーの放つ「わかったかなー?」という問いかけには「わかりません」と言わせない空気があるんです。
「わかろうがわかるまいが、君の番はこれでお終い」みたいな、強烈なプレッシャーを感じます。
だからどの子も、わかってなくても「はい」と返事をしてしまう…

子供電話相談なのに、電話の最後で「わかったふり」という大人の対応を求められてしまう不思議さ。
それがなんとも面白いです。


ちなみに、とある小学生の女の子はこの「わかったかな?」という問いに対し、
「ここでわからないって言うわけにもいかんし」
と、本音をポロリ。

やっぱり子供の方が大人だ…


業界人  2005/08/09

外から「おはよー!おはよー!」という声が聞こえてくる…
なんだ?また近所のガキが騒いでるのか?

でも、ガキの声にしてはちょっと雰囲気が違うようだ。
そこでブラインドの隙間からそーっと窓の外を覗いてみると、なんと声の正体はカラス。
窓から見える小屋の屋根でオハヨー!オハヨー!と鳴いているのだ。
すげえ!カラスも喋るんだ!

いや、まあ正直なところ「オハヨー」じゃなくて「オアヨー」って鳴いてるようにも聞こえるんだけど、声の主がカラスとわかるまでは、本当に「おはよう!」としか聞こえなかったのは確か。
カラスの鳴き声はしょっちゅう聞いてるけど、こういう鳴き方は初めて聞いたんでちょっと驚きました。

オハヨー!オハヨー!

しばらく小屋の上で鳴いてたけど、カラスの姿を想像しなければ、やっぱり「オハヨー」って聞こえるなぁ…

でも悲しいかな、今は夕方なのよね…


まっくろくろすけ  2005/08/10

よそのネタを引っ張ってくるのも気が引けるんですが、昨日あたりから2chにリンクが貼られまくってるゴキブリの動画見ました?
あまりのインパクトにあの映像が頭から離れなくなっちゃいました。
今日はもうこれの事しか考えられない…

いや、もうとにかく凄いんですよ。
どうやら害虫駆除かなんかをしてるみたいなんだけど、作業員がマンホールの隙間から中に向かって殺虫剤を噴射。
するとその数秒後、殺虫剤に追われたゴキブリがマンホールの隙間からバンボン湧いてくんの。
一匹、二匹とかそういうレベルじゃないの、もう止めど無く、次々と信じられないくらい大量のゴキブリが猛スピードで飛び出してくる。
ホント、とんでもない映像なんですわ、これが。
そこらのホラー映画よりずっと恐ろしいもん…

でもこれ、普通の駅のマンホールっぽいし、こういう場所ですらあれだけ大量のゴキブリが住んでるってことは、他の場所にだってこれくらいのゴキブリがいる可能性はあるってことだよなぁ…
人間の気付かない場所で息を潜め、数を増やし続けるゴキブリたち…
ああ、なんと恐ろしい…

でも、この動画でいちばん恐ろしいのは、あれだけ大量にいるゴキブリの真っ只中に平気で突っ込んでいって、ゴキブリを踏んで回ってる人たち。
なんであれだけのゴキブリを前にして平気な顔してられるんだよ…
つか、平気どころかちょっと楽しそうだし…



ニュー速のスレ
ゴキブリを1匹みたら1万匹居ると思え(ソース動画あり)
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/news/1123597491/

動画
http://the-fooo.dyndns.org/upfoo2/mov/1123501308801.wmv

※動画元はよく知らない場所なんで、その辺は個人の責任において飛んでください。


1年ぶり2度目  2005/08/11

なにか食い物あったっけかなぁと納戸に行ってみると、そこにはアイツが待っていた。
ペヤング超大盛り。
一年前に食べて、もう二度と食べるまいと思っていた、あの超大盛りが置いてあるではないか。

カップ麺なんて俺以外の家族はあまり食べないし、通常サイズの倍もある超大盛りともなれば尚更食べないだろう。
つまりこれは、俺に「食え!」ってことなんだよな。
いや、別に俺が食べなくてもいいんだけど、どうせ誰も食べないからそのうち消費期限が来て、もったいないってことで結局は俺が食べることになる。

なので、さっさと食っちまおうってことで1年ぶりに食べてみた。



やっぱりでけえ、倍だ倍。
衝撃の1099kcal。
今日は半日ほど自転車でウロウロしてきたのに、それをパーにする勢い。

お湯を注いで3分…

でき上がった超大盛りは、麺があまりに多くて食べ切る前に冷めてしまった…
いくら大食らいの俺でも、2倍ペヤングは辛い…
次に食べるのは4年後くらいでいいや…


今度こそぶっちぎる!  2005/08/12

最近、体重計に乗るのが楽しくなってきた。

20日ほど前から1日に最低1時間は運動をするようにと決めたんだけど、それが多少なりとも効果を出しているようで、87キロあった体重が徐々に減ってきて、今は83.8キロ。
ま、これだけ重いと誤差みたいな数字なんだけど、それでも減少傾向にあるのは確かなようなので、その減り具合を確認するのがなかなか楽しいのです。
朝起きてたらすぐに体重計に乗って昨日と比較、ちょっと減ってるだけでも嬉しい。

で、運動して帰ってきたら、どれくらいカロリーを消費したかを計算。
運動でカロリーを消費するのがすごく大変だと実感してきたせいか、お菓子やなんかを見ても
「あー、これ食ったらまた○○分運動しなきゃならん」
みたいに考えて、結構手が止まる。
うん、なかなか良い傾向だ。

でも、これがいつまで続くやら…
せめて80キロは切るまでは頑張らないと…

しかし肥満指数(BMI)の計算をすると、自分の標準体重は69キロ。
80キロを切った程度じゃどうにもならんわけで…
15キロなんて…とても…


停電2回  2005/08/13

昨夜は雷が凄かった。
ドガーンドガーンと家が震えるほどの大きな雷鳴と稲光。
あまりに大きな音からして、近所に雷が落ちまくってるようなので、こりゃいかんと慌ててPCを切ってコンセントやケーブルも引っこ抜く。

しかし、PCが使えないとものすごく退屈だ…

そこで、部屋の明かりを消して雷観賞をすることにした。
数秒間隔で空のアチコチが光りまくって、すごいのなんの。
しかも近所に落ちるからとんでもない爆音が鳴り響いて、この世の終わりみたいな恐ろしさ。

でも、ピカッと光る度に、半笑いの俺が窓にチラチラ見える方が恐ろしいな…
これで俺んちが洋館だったらホラーだ。

なので、せっかくだから謎めいた洋館に住む頭のおかしな伯爵っぽく高笑いをしてみた。
「フハハハハハハ」
稲光を浴びて浮かび上がる、俺の顔。
「ヌハッ!!フハハ!!フヘハハハハ!!」
近くに雷が落ちても、窓のそばで笑い続ける。

…マジで頭おかしいだけじゃん。


初めて携帯が役に立った  2005/08/14

夕立うぜえええええ!!

気持ち良く自転車で走っていたところ、突然、雨が降ってきた。
土砂降りに近い雨なので、このまま走り続けるわけにもいかないし、どうしよう。
なんとかして雨宿りできる場所を見つけないと…

すると、少し先に大きな木が数本生えた場所を発見。
慌てて飛びこみました。
幸い雷も鳴ってないし、この木の下でなら濡れずに済みそうだ。

「早く止まないかなぁ…」

しかし青空が見えてるわりに雨は強くなる一方。
はー、どうしたもんか…

すると、俺が雨宿りしてる場所に原付が一台やってきた。
どうやらこの人も雨宿りらしい。

そしてその直後にもう一台、原付が登場。
あまりに雨が激しくて、原付すら走っていられないようだ。
その結果、俺と原付二台、男三人が一つの空間で雨宿りという事態に…

「……………」

5、6メートルはある広い空間なんでお互いの距離は離れてるんだけど、なんとなく気まずい…
この状況でジッとしてるだけだと手持ち無沙汰なので、携帯を取り出してみた。
他の二人も、携帯をいじったり、誰かに電話をかけたりしている。
でも俺はメールする相手も電話する相手もいないので、2chを開いて暇潰し…

(くそっ、早く雨止んでくれよ…)

そんな思いもむなしく、雨は降り続く…
すると、原付の一人が動いた。
シートの辺りをガサゴソしだし、何を取り出したかと思うとそれは「カッパ」。
雨が長引くと踏んだのか、素早くカッパを装着して颯爽と去っていってしまった。

そして木の下には俺ともう一台の原付兄さんの二人だけ…
ますます気まずい…

止まない雨の中、原付兄さんは原付に座ったまま誰かと電話中。
俺はというと、携帯で2ch…
ああ、マジで早く雨止んでくれよ…

すると、原付兄さんが動いた。
いや、コケた。

原付に座っててバランスを崩したのか、原付が倒れ、その車体が前日の雨でできた水たまりに倒れ込む。
うわ、どうしよ、原付を起こすのを手伝った方がいいのか、これ?

……………

でも俺はシカト。
気付かなかったフリをして、メールのやり取りでもしてるかのように2ch。
頼む、頼むから雨止んで…

そしてそこからさらに10分、ようやく雨が弱まってきた。
するとその原付兄さんも、わずかに降る雨の中を去っていった。

はー、ようやく俺一人…

トータル数十分の雨宿り。
手持ち無沙汰で携帯から2chに繋いでリロードしまくったけど、それでも無料通話分は使いきれない俺…


年に一回、犬が鳴く  2005/08/15

ついに来たお盆の季節…

この時期は親戚が次々と家に来るから部屋から出られない。
真っ当な暮らしをしてる人間なら親戚に挨拶もできるだろうが、俺みたいな人間じゃあ親戚に合わす顔がないので、部屋にこもってコソコソするしかない。

そして、こうしてる今も誰かが来てる。

誰が連れてきたか知らないけど、一階で犬がキャンキャン吠えまくり。
これがもう、うるさいのなんの。
3分おきくらいに狂ったように吠えまくる。
不慣れな場所で落ち付かないんだろうけど、ああも鳴かれるとたまったもんじゃない。

なので、耳にティッシュ詰めて寝る。
どうせ部屋から出ないんだし、こんな時は寝るに限る。

でもいくら早寝の俺でも、18時じゃ寝れない…


我慢ならない  2005/08/16

暑い…なんだよこの蒸し暑さ…

あまりに暑いんで氷でも舐めようかと冷凍庫の扉を開けると、そこにはアイスキャンディーが。
あー、食いてえ…
でも、これ食っちゃうのもなぁ…

……………

ええい、食っちまおう!
最近は体を動かしてるんだし、これくらい平気だろう。
と、誘惑に負けて一本…

袋を破り、ソーダ味のアイスキャンディーの棒を掴む。
すると…

スポッ!

棒だけが引っこ抜け、アイス本体は袋の中…
これは「食うな」っていうサインなのだろうか…


1年4ヶ月  2005/08/17

ふと、居間に転がってた親父のタバコが目に入ったんだけど、今のタバコって注意書きがすごいのね。
「喫煙は心筋梗塞の可能性を高めます」みたいな注意書きでパッケージの3割くらいが占領されてんの。
警告文が増えたことは知ってたけど、実際に見ると文字だらけずいぶん鬱陶しい感じ。
しかも同じタバコでも「肺ガンのリスクが…」「妊娠中の喫煙は…」みたいに何種類もあるし。
んで、箱の横を見たら「マイルド、スーパーライト」はタバコの害が軽いという意味ではありません、なんてことまで書いてある。

んー、いつの間にかこんな状況になってたのね。
でもあの警告文を読んでタバコを止めようと考える人はいるんだろうか。
いっそ細木数子の顔を印刷して「あんた死ぬわよ」って書いとけばいいんじゃないだろうか。
あの顔が印刷されてればちょっとは吸う気が失せるかもしれない。

しかし変われば変わるもんで、タバコを吸いたい気持ちはもうスッカリ無くなってしまったようだ。
タバコを一本手に持って、その匂いを嗅いでみても「クサイなぁ」としか感じない。

でも、同じ「くさい」でも、足の親指の爪に挟まった垢の臭いを嗅ぐのだけはやめられない。
あ、あと耳の裏を擦った指の臭いも。


糸井もほじくれ!  2005/08/18

自転車で出かけたらあまりに暑かったんで、ちょいと公園でひと休み。

んで、木のベンチに座ったんだけど、木と木が組み合わされた部分の隙間に何かが挟まっているのが見えた。
よく見ると丸い形で銅みたいな色をしている。
んー、これは10円玉みたいだな。

よし、この10円をなんとかして取り出してみるか。

いや、別に10円が欲しいわけじゃないですよ。
貨幣として機能するはずの10円がこんな場所で眠り続けるのが気の毒なだけなんです。
この10円に本来の自分を取り戻してもらいたいというか、なんというか…

まあとにかく、全ては取り出してからだ。

ということで、そこら辺に転がっていた木の枝でほじくり返してみた。

……………

出てきたのはボタン電池だった…


+10  2005/08/19

ついさっき飲み物が無くなっちゃったんで近所の自販機まで飲み物を買いに行ってきたんだけど、家に帰ってきてからポケットの小銭を出してみると、860円入っている。
あれ? 俺、1000円札を持って自販機まで行って、150円のジュースを買ったんだよな?
1000から150を引くと850、なのにポケットには860。
いくら俺がバカでもこれくらいの計算はできる、やっぱ10円多いよな。
なんでだ?

これはもしや…
昨日10円だと思ってボタン電池を必死にほじくり出したご褒美なのか?
俺を不憫に思った神様か誰かが10円を恵んでくれたに違いない。
よし、この10円は大切に保管して、何かあった時に使おう!

…と、決意したってのに
つい小銭入れに10円玉を入れちゃって、どれがさっきの10円かわからなくなった。


ルームメイト  2005/08/20

部屋にハエトリグモが現われた。
ピョンピョンと飛び跳ねて、やたらと元気が良い。
キーボードの上をピョコピョコ歩いていたと思ったら、壁に飛び付いて天井までピューッと登っていってしまった。

で、姿が見えなくなったと思ったら、なぜか足がムズムズ。
足を見たらさっきのハエトリがスネ毛の森を探検中。
んー、やっぱハエトリは可愛いわぁ。

ハエトリにも色々いるけど、我が家で見かけるのはミスジハエトリ。
顔の前面についた4つの目がヘッドライトみたいでカッコイイ。
薄茶に黒の地味な色をしたクモなんだけど、目の部分だけ赤くなってて、色使いも良い感じ。
こっちが顔を近づけると、向こうも顔を上げて不思議そうにこっちを見たりして、これがカワイイのなんの。

家に入って来る虫にはロクなのがいないけど、ハエトリだけはウェルカム。
俺の部屋で好きなだけ生活してください。

でも、オナニーしようかと思った時に、PCのモニターの上からこっちをジーッと見るのだけはやめて…


おばちゃんの味  2005/08/21

自転車でフラフラしてきた帰り道、どこからか盆踊りの楽しそうな音楽が聞こえてきた。
へー、盆休みも終わった今頃でも盆踊りってやってるのね。

盆踊りと言えば、露天のたこ焼き、焼きそば、などなど。
そういえば露店の食い物は最近食べてないな。
うう、まいったな、なんか食べたくなってきた…

そしてついフラフラと、無意識に音楽のする方へ…
食べたい、焼きそば食べたい…

が、盆踊りの会場が見えてくると、予想とはずいぶん違う光景。
小さな公園でやってる盆踊りで、いわゆるプロの露店は無し。
「みんなが知り合い」みたいな雰囲気で、町内会のテントの中でおばちゃんらが談笑しながら焼きそばを作ってたりしてる。
お客さんも近所の人と思われる親子やお年寄りばかりで、楽しそうではあるけど俺が入って行くには勇気がいる雰囲気。

だめだ、俺にはこのほのぼのした雰囲気の盆踊り会場に入るなんてできない…

ということで、そのまま素通りして帰ってきちゃったんだけど、しばらくすると、親父が焼きそばを持って帰ってきた。
どうもそこの盆踊りに行っていたらしい。

おお、なんと結果オーライ!
買うのを諦めた焼きそばを食べられることになったじゃないか!
さっき通った時に見た、婦人会みたいなおばちゃんらが作ったであろう焼きそばが巡り巡って俺の手元に。
食べてみると…うん美味しい!

でも、俺が晩ご飯を食べる前に買ってきてくれればもっと嬉しかったんだけど…
ゲフー。


白い粉の誘惑  2005/08/22

粉、うめええええ!!

今日、ガーゼを買いに薬局に行ってきたんだけど、ついでに粉末のアミノバリューを買ってみた。
5袋、5リットル分で600円ちょっと。
チャリで外に出る時はこれを家で作ってもってけば、500mlを60数円で済ませられるわけで、なかなか悪くない。

とまあ、そんなことを考えて買ってきたはずななんだけど…
なぜかその粉末をペロペロ舐めてる俺がいる。

あー、粉って美味いなぁ…
そういえばポカリの粉を舐めるのとか好きだったんだよな。
クリープなんかも、コーヒーとは無関係に食べまくった覚えがあるし。

でも、このアミノバリューの粉を舐めてると変な懐かしさを感じるな…
んー、なんだろこの懐かしさ…

そうだ、駄菓子屋のアレだ。
丸くて平べったいキャンディーに粉をつけて舐めるやつ。
あー、キャンディー買ってきて試してええええ!!!


関東じゃなくて四国に降ってくれ  2005/08/23

夜、急に強い雨が降ってきた。
午後から雨だなんて言ってたわりになかなか降ってこないもんだからスッカリ忘れてて、窓の外がやけにうるさくてようやく気が付いた。

雨…雨…
えーと、なんか忘れてるような…
あ、郵便受けの新聞やなんかを取ってきてない!

うちの郵便受けはちょっと小さいので、奥まで入りきらずに新聞がはみ出してることもしょっちゅう。
まずい、この雨じゃ郵便物がビショ濡れになってるかもしれん!

と、サンダルで慌てて外へ飛び出したら、玄関を出てすぐの石の階段で滑ってケツ強打…
手のひらとケツが泥だらけ…

ムカついたので、郵便受けの新聞も取らずに帰ってきた。


裏は見飽きた  2005/08/24

外出するため、靴下を履こうと思ったら裏返っていた。
ちょっとムカっときたんだけど、これだけでは済まなかった。

Tシャツを着ようと思うと裏返し、パンツを履き替えようと手に取るとこれも裏返し。
自転車用の手袋まで裏返ってやがる。
一体誰の仕業だ…

って、俺の仕業か。
俺が面倒くさがって全部裏返しに脱いだからこうなってるわけで…

でも、いくら自分のせいだとしても、ここまで全てが裏返しだとカチンとくる。
なので、ささやかな抵抗として、靴下だけは裏返しのまま履いてやった。

フハハ、これで次回は裏返す必要がないはずだ。


「のり弁当」だけ「のり弁」と略される不思議  2005/08/25

今日の晩ご飯はホカ弁。
時々食べたくなって買いに行くんだけど、弁当屋さんに行くと自分の食のバリエーションの少なさに呆れてしまう。

頼むのは大抵「のり弁」。
たまにハンバーグ弁当、もっとたま〜に唐揚げ弁当。
よく考えたらこの3つしか食べてないじゃないか。

んー、たまには違うもんも頼んだ方がいいんじゃないだろうか…

よし、今日は別なものを頼もう!
と、弁当屋で壁に貼られたメニューとにらめっこ。

トンカツ弁当…んー、肉はあんまり好きじゃない。
幕の内弁当…高いよ。
カレー…ほか弁でカレーってのもなぁ…

……………

1分、2分と時間だけが過ぎてゆく。
まずい、たかが弁当で何分も悩んでたら不審じゃないか…

で、結局今日も
「…のり弁ひとつお願いします」


吸排気システムの不調  2005/08/26

ちょいと飲み物を買いに家からいちばん近い自販機まで。
暗い道をフラフラ歩く先にぼんやりと浮かぶ自販機の明かり。

んー、何を買おっかなぁ
と、自販機の商品を物色していたその時…

ヒュイン!

息を吸った瞬間、鼻の中に蚊が吸い込まれた。
が、ぐあ!なんだこれ、気持ち悪っ!!
鼻の中にものすごい異物感。
早く、早く鼻から蚊を出さないと!!

慌てた俺は不細工な顔して鼻から息を吹き出す。
フンッ!フンッ!
出ろっ!出ろっ!!

ブバッ!!

……………

鼻水まみれになって家に逃げ帰ってきた。


ヤギの目は怖い  2005/08/27

ヤギって不思議な生き物だ…
動物園とかテレビでちょいちょい見かけるけど、いっつも頭突きしてません?
仲間同士でガツーン、ガツーン。
ケンカの時だけならともかく、柵とか壁にまでガンガン頭突きしまり。
あいつらはあんだけ頭をガンガン打ちつけて平気なんだろうか?

でも、そんなヤギにちょっと憧れる。
だって、自分も頭をガツンと壁にぶつけてしまいたい心境になることがあるんだもん。
このどうしようもない頭をガツンガツンとぶつけてやりたい。
いっそ助走をつけて壁に頭から突っ込みたいくらいだ。

なので、憧れのヤギのように、すぐ脇にある壁に頭をぶつけてみた。

ガンッ!



…もう二度とやらない。


ケン(仮名)  2005/08/28

自転車でいつもの通るコースに気になる男がいる。
田んぼの中から俺を見つめるこいつだ。



この野郎、いつも道路の方に顔を向けてるもんだから、道ゆく俺と必ず目が合う。
「なに見てやがんだよ、てめえ!」
と、俺も負けじと睨み返すんだけど、身じろぎひとつしやがらねえ。
人形みてえな野郎だ。

俺が自転車で通る度に
「お前なにしてんの?」みたいな顔しやがって。
お前こそ何してんだ、一日ずっと田んぼの中でボケーッとしやがって。

いつかボコってやろうかと思ってるんだけど、こいつとケンカしても負けるような気がする…


いつか頬に植えてみたい  2005/08/29

座布団の上で昼寝してる猫にちょっかいを出そうと近付くと、座布団の上に抜けた猫のヒゲを見つけた。
先が白くて根元の辺りが黒い、7〜8センチのヒゲ。
たまに落ちてるのを見かけるけど、ヒゲを見つけるとなんだかちょっと嬉しい。

んで、そのまま捨てちゃうのが惜しくて、ついついそのヒゲを保存しちゃう。
そんなこんなで集めた猫のヒゲが10本くらいはあるかも…

でもホント、猫のヒゲって手触りとか気持ち良いんですわ。
ほどほどに太くて、ほどほどにしなりがあって、指でこねくり回してると変な満足感があったりして…

んー、このヒゲを何かに使えないものか。
色々と使い道がありそうな気がするんだけど、いざ考えてみるといいアイデアが浮かばない…

…とりあえず、猫のヒゲを鼻の穴に突っ込んでクシャミを出すのに使ってみた。


時々、肉が食べたくなる  2005/08/30

今日は久しぶりに唐揚げ弁当を食べたい気分。
というわけで、自転車に乗って近所の弁当屋さんへ。

唐揚げ弁当…今日食べるのは唐揚げ弁当…ノリでもハンバーグでもなく、唐揚げ弁当…

普段と違うことをする時は頭の中で何度も確認しておかないと落ちつかない俺。
弁当屋へ行く道すがら、しつこいくらいに「唐揚げ弁当」という言葉を繰り返して頭の中に刷り込みます。

そして着いた弁当屋さん。
「唐揚げ弁当をひとつ、お願いします」
「はい、450円ですね」
お客さんが少なかったこともあって、待たされることもなくすんなり買えました。

よし、念願の唐揚げ弁当を手に入れたぞ。
そして久しぶりの唐揚げ弁当が冷めないように、ダッシュで家まで帰ってきた。
でも、何かが引っかかるんだよなぁ…

……………!!

俺、弁当を注文する時に「カラオケ弁当」って言わなかったか!?
実は弁当屋に着く前、頭の中で唐揚げ弁当の事を考えてる時も、「カラオケ」って言葉が頭の中をチラチラしてた。

唐揚げ…今日は唐揚げ、カラオケ…頼むのは唐揚げ弁当…カラオゲ…

唐揚げという言葉と一緒に、カラオケって言葉が浮かんできてたのは確かだ。
……………
うわ、これマジで言っちゃった!?

いやいやいや、そんなはずはない。
ちゃんと唐揚げ弁当が俺の手元にあるんだもん。
はじめてのおつかいじゃあるまいし、そんな間違いしないっての。
「カラオケ弁当ひとつお願いします」なんて言うはずない、絶対言ってない!

…そう思うことにして、この件は忘れることにした。


年を取れば取るほど脱ぎたくなるらしい  2005/08/31

荒川の河川敷を自転車で走っていると、かなりの確率で上半身裸の人と遭遇する。
昨日も午前中だけで6人くらいとすれ違った。
上半身裸でジョギングする人、上半身裸で自転車をこいでるおじさん。
中には海パンみたいなビキニパンツ一枚で走ってる人もいる。
ジョギングする人は公園なんかでも見かけるけど、服を脱いで走ってる人ってほとんどいないし、なんで河川敷だけこんなに裸率が高いんだろうか?

そんなことを考えていると、またしても前方に裸のおじさんが現われた。
今度のおじさんは上半身裸どころかパンツ一枚という格好。
そのパンツも海パンみたいな凛々しいものじゃなくて、普通のトランクス。
そんなおじさんが死にそうな表情でフラフラと走って、いや歩いてる。

なるほど、裸の人たちは山賊に襲われて身ぐるみはがされたのね…

そう思うことにした。




<<  前の月    TOP    次の月  >>



SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO