日記のようなもの

2006年03月

<<  前の月    TOP    次の月  >>



脱出レバーが欲しい  2006/03/01

今日は雨だったので、久しぶりに車を使ってみた。
まあ当然自分の車じゃなくて家の車なんだけど、乗ってみたらガソリンが入ってない。
「んー、こりゃガソリン入れないといかんな…」
というわけで、近くのガソリンスタンドへ…

「あ、えーと、レギュラーを20リッターお願いします」

満タンと言えない自分にちょっと顔が赤くなる。
でもこの直後、まさかもっと顔が赤くなることになろうとは…

給油口のフタを開けようと足元のレバーを引いたところ、「ガコンッ」と、給油口が開いたにしては大きすぎる音がした。
まさか、これは…

やっちまったあああああ!!
トランク開けてるよ、俺ぇ!!
ありえねえ、ありえねえよこんなベタなミス。
坂道の上で買い物袋ぎっしりのオレンジを転がしちゃうくらいありえねえええ!!

いやホント、いくらなんでもこれは…
免許取り立ての女がやるならちょっとは可愛いかもしれないけど、いい年こいたおっさんがやるミスじゃねえって。

「あう…あ…うう…」

あまりの出来事にもう何を言ったらいいかわかんないし、顔は真っ赤だしで、もうパニックですよ。
そしたら店員の兄さん、
「あ、大丈夫っすよ、閉めときますから」
と、軽く一言。

んで、この時の兄さんの顔がね、すんごい優しい顔なんですよ。
まるでアホの子に接する時みたいな、仏のような微笑み。
正直、そんな顔されたらますます恥ずかしい…

おかげで、そっから先は真っ白でほとんど覚えてない。
出かけるつもりだったのに、結局ガソリンだけ入れて家に帰ってきた俺…


30%でも降る  2006/03/02

「今日は雨の心配はありません」
これを信じて自転車で出かけたというのに…

夕方、家へ向かって自転車をこいでいると、なにやら怪しい空模様。
ポツリ、ポツリ…
やべえ、降ってきやがった!
なんとか本降りになる前に家へ帰らないと…

しかし無情にも雨足はどんどん強くなってゆく…
そして家まであと五分という所で、ついに本格的な雨になってしまった。
くそっ!くそっ!くそっ!あと五分早ければここまで濡れずに済んだのにっ!!

……………

とはいえ怒ってばかりいても仕方ない。
せっかくだから何が敗因だったか考えてみよう。

もうちょい必死にチャリをこげば良かったのか?
それとも天気予報を信じすぎたのがいけなかったのか?

…いや違う、トイレだ!
実は今日の午後、出かけた先のトイレで長いこと個室にこもっていたのだ。

では一体何故トイレにこもっていたのか?
それはお腹にガスがたまってパンパンだったからだ。
屁を我慢してるとお腹が痛くなるほどにガスが溜まる俺ですから、半日も我慢してるとお腹の中はそりゃもう凄いことに…

んで、これだけ溜めると音がまた凄いんですよ。
ブバッ!バスッ!!ボボボボボッ!と、半端じゃない音が轟きます。

でもいくら個室とはいえ、トイレ全体に響くような屁はさすがに恥ずかしい。
そこでガス栓を絞りに絞って、超弱火で屁を小出しにしていたわけなのです。

プス、プスーッ、ススススス…

いわゆるピアニッシモ。
このおかげで、全てを出し切るのにずいぶんと時間がかかってしまったのです。

ああ、あの時勇気を出してフォルテッシモにしていたら…


咳が出ないのだけが救い  2006/03/03

昨日あたりからどうも喉が痛くて、もしかしたら風邪かなぁなんて思っていたら、やっぱり風邪だったようだ。

悪寒と頭痛で目が覚めた最低の朝。
体温を計ってみると37度8分。
平熱が35度台だから、37度でも結構辛いです…

唾を飲みこむだけで喉が痛いわ、全身に筋肉痛のような痛みがあるわでもう最悪。
トイレに行って戻ってくるだけで寒くなって、プルプルプルプル震えてんだもん。

んー、これ以上悪化させたらマズイいな…
というわけで、薬を飲んだ後は布団をグルグル巻きにしてずっと寝て過ごしてました。

で、布団の中で唸っていると、そのまま眠ってしまったようで気がつくとすでに午後。
しかも目が覚めた時には凄まじいほどの頭痛が。

「イタ、イタタタタタ…」

これは風邪による頭痛なのか、それとも寝すぎたせいなのか…


お土産に山手線サブレを買ってみた  2006/03/04

ちょいちょい秋葉原に行ってるわりに、実はそれほど秋葉原のことに詳しくない俺。
PCやラジオを自作するわけでもないし、アニメもそんな詳しくないし、行く場所といえばゲーム関係のお店だけ。
飯屋にも入らないで帰ってくるもんだから、むしろ知らない場所の方が多いくらい。

で、そんな俺が前から行こう行こうと思いつつも、結局行ってなかった場所があります。
それは交通博物館。



秋葉原あたりをウロついていると交通博物館の看板が目に入ってくるんだけど、どうせショボいんだろうとバカにして近寄ることすらありませんでした。

ところがどっこい、中に入ってみるとずいぶん広い。
蒸気機関車が置いてあるわ、HOゲージの巨大なジオラマはあるわで、面白そうな物がてんこ盛り。



上の画像みたいな鉄道車両のミニチュアが並んでる場所があるかと思えば、本物の車輪がバーベルのようにゴロゴロ転がってる場所があったり、鉄道に関する物がこれでもかと詰まってます。

んで、触って体験できる物がこれまた多い。
モニターを見ながら運転士気分を味わえるシミュレーターはもちろんのこと、こんな大掛かりな装置まで。



これ、奥に映ってるパンタグラフを自分で動かせるんですよ。
このパンタグラフで電気を取って、その電力で手前に映ってる車輪を回して、ブレーキをかける。
そういった一連の動作を自分でできるんです。
すごい、すごすぎる。

正直、鉄道のことはサッパリわからんのですが、巨大な鉄の塊を目の当たりにするだけで、なんだかワクワクしてきます。
転轍機がガッシャンと動く様子とか、何に使うのかもよくわからんヘンテコな機械にドキドキしたり、自分が男の子なんだなぁと実感できる場所でした。

これだけ面白い場所なのに、今まで素通りしてたなんて、どこまで俺はバカなんだ。
よし、せめてこれからはちょくちょく行こう…
と思ったら、この交通博物館は5月に閉館だそうだ。

2007年秋にはさいたま市で鉄道博物館が開館するらしいけど、それまでにあと何回かは行っておこうかしら…


ドクターを!  2006/03/05

「毒をもって毒を制す」
この言葉は本当なんだろうか?
頭痛で布団の中をゴロゴロしてる時にそんなことを考えた。

もしこの言葉が真実ならば…
今、俺の頭を悩ませているこの頭痛、これに別な頭痛をぶつけて痛みを打ち消すことができるんじゃなかろうか。
うむむ、これは試してみる価値があるかもしれん。

というわけで、冷凍庫までダッシュして、この数ヶ月誰も手をつけていなかった氷イチゴを持ってきた。

これを一気に食えば頭痛に襲われるのは確実。
そして頭痛同士がぶつかり合い、あの、作用とか反作用とか、その、そういうアレがアレして、結果、痛みがうち消される…はず、はずなのだ。

うん、とにかくやるしかない!!
覚悟を決めて氷イチゴを一気に口へ!

…………ピキーッ!!
来たっ!頭痛来たっ!!
頭のド真ん中、脳天を貫くような痛みが俺に!!

でも、でもこれ、風邪の頭痛とは痛くなってる場所が全然違うじゃねえか!!
後頭部あたりにジワジワとくる風邪の頭痛、そして頭の真ん中を針で貫いたような氷イチゴの頭痛。
むしろ痛みが二倍になってるじゃんかよ…


息苦しいのだけは勘弁  2006/03/06

あー!なんなんだよこれっ!!

昨日36度まで熱が下がったからこれでもう大丈夫だろうと思ったのに、今朝になって体温を計ったらまた熱が38度近くまで上がってやがる。
しかも今度は頭痛じゃなくてアゴが痛い。
顔を左右に振ると物凄く痛くって、なんかもう風邪なのか歯が痛いのかすらわからなくなってきた。

でも布団の中にいると退屈だからついPCの前に行っちゃうんだけど、そうするとまた背中がゾクゾク…
薬も効いてるんだか効いてないんだかわかんないし、いつになったら治るんだよこれ…

ここまで長引くともう、ケツにネギを突っ込もうか本気で悩みますね。
台所にあったネギをハサミでちょっと切って部屋に持ってきて、
「これ、入るかなぁ…」
と、しばらくネギを手に悩みました。

でも、もはやケツにネギを突っ込むエネルギーすらないので、ネギの匂いを嗅いだ後、布団をかぶって寝た。


振り込めない詐欺  2006/03/07

振り込みの用があって銀行へ行ってきた。
んで、いつものようにキャッシュカードと振り込みカードをATMに入れたんだけど、なぜかエラーが出てしまう。
振り込みカードと一緒に紙が出てきて、

「振込先の支店はお取扱いできません」

ええーっ、なんでよーっ!
原因がサッパリわからんのでとりあえずもう一回試してみたんだけど、やっぱりエラー。
むー、なんでだ…

いや、ちょっと落ちつこう。
なにか手順を間違えているのかもしれんから、今度はもう少し慎重に試してみよう…

と、かなり慎重に操作をしたはずなのに、今度はATMそのものが停止。
キャッシュカードが入ったままの状態でATMが止まってしまい、タッチパネルの部分に「係員をお呼びください」の文字が。

エ、エエエエエーッ!!
なにこれ? 俺もしかしてなんか悪いことしたの?
予想外の出来事に慌てていると、係の人が飛んできた。

「どうしましたか?」
「いや、あの…なんか止まっちゃって」
「あ、では原因を調べますので少々お待ちいただけますか?」
「…はい」

というわけで、銀行の長椅子に腰かけて待つことに。
しかしいつまで経っても係の人が戻ってこないから、ちょっと不安になってきた…

俺が変な操作をしたせいで銀行のシステムを壊しちゃったんじゃないだろうか…
エラーを何度も出したせいで不審者扱いとかされてて、こっそり警察を呼ばれてるんじゃ…

いつもの悪い癖が出た。
どんどん悪いことを想像しちゃって心臓がドキドキ…
わかっちゃいるんだけど、待たされれば待たされるほど、不安が大きくなってくる。

そして、そこからさらに数分、ようやく係の人が戻ってきた。
特に問題は無いようなのでもう一度振り込みをしてみてください、とのこと。
なんだ、問題ナシだったのか、ビックリさせないでくれよ…

ところが、再び振り込みにチャレンジするとやっぱりエラーが出てしまう。
「振込先の支店はお取扱いできません」
えー、今まではこれで問題なかったのに、なんで振り込めないんだよ…

すると、近くで様子をうかがっていた係の人が声をかけてきた。
「どうです?やっぱり変ですか?」
「はい、なんかエラーが…」
んで、エラーの書かれた紙や振り込みカードを係の人に見せて相談したところ、エラーの正体があっさり判明。

「これ、振り込みカードが古いですね、カード無しで振り込んでみてください」

どうやら振り込み先の銀行が合併か何かして、支店名とかに変更があったらしい。
手打ちで振り込みを試してみたら、あっさりと振り込み完了。
ははは、振り込み先が間違ってるなら、そりゃエラーも出るわな…


2006年3月、32の春になってようやく学んだこと…
「わからないことがあったら恥ずかしがらずに聞け!!」


むしろ味噌味?  2006/03/08

相変わらず調子が悪い。
辛いってほどには酷くないんだけど、元気ともいえない中途半端な体調…
咳が出る、歯が痛い、鼻水が止まらない。
風邪なのか歯痛なのか花粉症なのか、もう自分でも何が原因なのかサッパリわからん。

んで、今日も何もする気がしないので布団の中でゴロゴロしてたんだけど、寝てる最中にある事に気がついた。

おもいっきり鼻をすすると、なぜかラーメンの味がするのだ。
最初、枕からラーメンの匂いがしてるのかと思ったんだけど、どうやら鼻の中の出来事らしい。
ズズッ、ズズッと鼻をすする度に、口の中に広がる醤油味。
たぶん喜多方ラーメン。

なぜだ!?なぜラーメンの味が…
もしかして、脳味噌とか、そういうこってり風味の何かが出てきちゃってるんじゃ…


清涼飲料ではない  2006/03/09

まずい、まずいと評判の「ポーション」を買ってきた。
ファイナルファンタジーに出てくる回復アイテムを商品化したアレ。
青くて小さい瓶に入ってて、お値段は200円。

不味くて高いとくれば、正直買ってまで飲む必要は無い。
でも、こういうのって5年後とかにふと話題に出ることがあるじゃないですか。
「そういや昔、ポーション売ってたよな」
「あったあった、マズかったよなあ、アレ」
てな感じに。

不味いとわかっていても、今飲んでおかないと、いつか話題に入れず悔しい思いをする日が来るかもしれない…
そう思うと、買わずにいられないのです…

というわけで、今、買ってきたポーションが手元にあるんだけど、不味いと評判なだけになかなか最初のひと口を踏み出せない。
ちなみに成分は…
ローヤルゼリー、プロポリスエキス、エルダー、カモミール、セージ、タイム、ヒソップ、フェンネル、マジョラム、マンネンロウ、メボウキ、メリッサ、などなど…

んー、成分表示を見るかぎり、確かにポーションっぽくはある。
しかしこの成分からして、不味そうな予感がより強くなったのも事実でして…

ええいっ!躊躇しててもしかたない!一気に行くぞ!!

ング、ング、ング……………

やっぱりまずううううううううううっ!!!


タイヤード  2006/03/10

ネット上のショップで注文していた自転車のタイヤが届いた。
でもどうせ雨で乗れないし、交換は明日でいいかと部屋にタイヤが2本転がってます。

しかし新品のタイヤってのはやっぱり良いですね。
ヒビ割れも磨耗も無くピカピカのタイヤ。
このタイヤと共に走る数千キロの旅を想像するとなんだかワクワクしてきます。

でも部屋の中でタイヤのみを見ていると、タイヤがフラフープに見えてこなくもない。

そこで、ちょっとフラフープ気分で回してみることにした。
頭からかぶったタイヤを腰に当てて…エイヤッ!!

ふおっ!むほっ!!

奇声をあげながら腰をグラインドさせまくるも、タイヤはクルクルと回ることなく足元に落ちてしまう。
サザエさんのOPでリンゴの中から出てくるタマ、あれくらい激しい動きで頑張ってるのに、何回チャレンジしても回ってくれない…

それでも必死で腰を振ってたら、ゴムの弛んだジャージがズリ落ちた。
その姿のあまりの情けなさに、もう二度とフラフープには挑戦すまいと思った。


もう春ですかね  2006/03/11

今日は暖かい。
自転車を乗り回すには良い塩梅なので、午前中にタイヤの交換をして、午後は梅を見に行ってきました。

ポカポカ陽気の中をのんびりと自転車で走っていると、これがもう気持ち良いのなんの。
田んぼのあぜ道にはオオイヌノフグリ。
道端にしゃがみ込んでそれを眺めていると、暖かい日差しのせいでウトウトきちゃう。
体調もずいぶん良くなってきたし、なんとも平和な一日だ。

そして近所の梅林公園へ。



満開には少し早かったようだけど、鼻を近付けるとかすかに梅の香りが漂ってきてなんか良い気分。
梅以外には何もない公園なんだけど、今の時期だけは飽きません。
様々な品種の梅を眺めて歩いているだけで、結構な時間が潰せます。

花を眺めて過ごす一日も悪くない。
いよいよ春といった穏やかな気候も相まって、今日は最高の一日…

だったはずなんだけど、今日は土曜。
普段は意識的に見ないようにしている親子連れやカップルが梅林公園にもいっぱい。

楽しい反面、ものすごいアウェー気分も味わってきたわけで…


全裸でも風邪をひかない暖かさ  2006/03/12

髪を切った。
ずいぶん伸びてたからいいかげん切りたかったし、全裸で髪を切ってても平気なくらいに暖かくなってきたから、そろそろ髪を切るのにちょうど良い季節だ。

というわけで、いつもの通り風呂場に新聞紙を敷いて、全裸でカット開始。

風呂場には三面鏡なんて無いので、後頭部の髪を切る時はとにかく指先の感覚だけが頼り。
髪を指で挟んで、はみ出した毛の長さを何度も確かめ、慎重に切っていきます。
そして、切った後は髪を撫でてみて、変な凹凸がないかチェック。

しかし何度も切ってて慣れてきたのか、髪を撫でてみると触り心地がすんごく滑らかなんですよね。
引っかかりもなくて、まるでゲレンデのよう。
よっしゃ、これはいける!!

と、成功を確信してカットを終えるんだけど…
シャワーを浴びて髪にドライヤーをかけてみると、なぜか微妙な仕上がり。
三面鏡で見るとボコボコした感じで、まあなんとういか「いつも通り」。

なぜだ、切ってる最中はあんなに滑らかな指通りだったのに…

で、よーく考えてみた結論。
どうやら、切ってる最中にサラサラだと感じてた指通りは、髪が油ぎっててツルツルしてただけらしい…


昨日の全裸が原因か!?  2006/03/13

今年はロクなことがない…
なんだか常に体調を崩してる感じだ。

今年の頭には肋骨の内側辺りが痛くなって、原因がよくわからないまま一週間以上も気持ちが悪かった。
で、それが収まったと思ったら今度は風邪。
頭が痛かったり咳が出たりで、これまた一週間以上の辛い日々。

そして昨日、ようやく咳も頭痛も消えて、これでやっと元気になったと安心してたんだけど、今日になってみたらお腹が痛いったらありゃしない。
ギュルルルルと、腸がよじれるような激痛でトイレと部屋を行ったり来たり。
調子が良くなると別な場所が痛みだすなんて、俺はどんだけポンコツなんだよ…

おかげで今日も布団を頭からかぶって、眠くもないのに布団暮らし。
んー、なんか最近はこんな日ばかりで嫌になってくる…

でも、トイレから出てきた直後に「ギュルルルル」となって、三歩ほど歩いただけでトイレへ逆戻りという漫画みたいな状況を経験できたのはよかったかもしれない。
というか、そうでも思わないとやってられんわい。


スタンプ三個目  2006/03/14

現在、葛西臨海水族園では年間パスポート利用者への感謝サービスを実施中。
来園する度、カードにスタンプを押してもらい、それが三つたまると何か貰えるらしい。

というわけで、プレゼント欲しさに葛西の水族園へちょいちょい行ってたんですが、今日、ついにスタンプが三つたまって念願のプレゼントを貰いました。



貰ったのはポストカードとステッカー類。
わーいやったー!!

って、ポストカード貰っても出す相手がいねえよチクショウ!!


陸の上の方が酔う  2006/03/15

葛西臨海公園に行く度に気になってたものがあります…
それは水上バス。
葛西には水上バスの乗り場がありまして、海上を観光気分で移動しながらお台場まで行くことができるんです。

そしてこの水上バスが葛西の海に浮かんでるのを見る度、乗ってみたいなぁと思ってたんですよね。
ただ、片道1000円、往復割引でも1500円という高さだったので躊躇してました…

でもやっぱり乗ってみたい!
というわけで、勇気を出して乗ってきました。

で、往復のチケットを買って船に乗り込んだんだけど、平日はさすがにお客さんが少ない。
船を待っているのは孫を連れたお爺ちゃんと、カップルが一組、そして一人でウキウキしてる俺の5人だけ。
こんなんで営業が成立するのかちょっと心配だ…

でも、単なる利用客とすると人が少ないのは大歓迎。
他のお客さんは暖房の効いた客室に入っちゃってるから、二階のデッキなんて誰もいないの。
なもんで俺はデッキを一人占め。
ちょっとした船長気分ですわ。

そしていよいよ出発進行。



ゴボボボボと音を立てて進み始める船。
顔に当たる冷たい風も心地良い。

いやー、船がこんなにも気持ち良かったとは。
波を切って進む船のデッキに立ってると、なんかもうフンドシを締めたい気分。
フンドシ姿で腕組みして乗ったら、もっと気持ち良いに違いない。



海から陸地を見れば、そこにはビッグサイト。
若洲の風車や巨大な貨物船、コンテナの山…
街からじゃ見られない景色が見られるのでちっとも飽きません。

しかも、羽田に向かう飛行機が船の上を低空で通り過ぎたりもするんです。

なんというかもう、今までの生活では経験することのなかった景色の連続にテンション上がりまくり。
誰もいないデッキの上でずっと半笑いでしたよ。

でも、そんな船の旅もついにおしまい。
フジテレビのあの球体が見えてくると、お台場海浜公園に到着。



ちなみに往復のチケットを買った俺はこのまま帰らなきゃいかんのだけど、別にすぐ帰らなくても大丈夫。
この船は5分ほど停泊したらそのまま葛西へ帰っちゃうけど、この後もう一度水上バスがこっちに戻ってくるので、次に来る便で帰れば2時間ほどお台場で遊んでいけるのです。

んー、せっかくお台場まで来たんだし、陸に降りずに帰るのもアレだよな…
なんて思い、つい、お台場で降りてしまった俺。
でもこれが失敗の始まりだった…

お台場で降りたものの、よく考えたら行きたい場所がこれっぽっちもないじゃないか。
買いたい物がないのに店に入るのは嫌だし、高い飯を食べる気もしない…

しかも俺は「○○時に出発」みたいな制限があると、時間が気になって何もできなくなるタイプ。
時間に遅れたらどうしようって考えちゃって、船着場周辺からちっとも離れられないの。

で、結局…
カップルだらけのお台場海浜公園のベンチで、缶ジュースを握りしめて2時間ジッとしてただけの俺。
船の上ではあんなにヘラヘラ笑ってたのに、お台場についてからはクスリともしねーでやんの…


ストロー級  2006/03/16

今日、雑誌でも買おうかとコンビニへ入った時のこと…

雑誌だけ買うのもアレなんで、一緒にカップ麺も買いました。
ところが、家に帰ってきて袋から商品を出してみると、箸じゃなくてストローが袋の中に。
って、なんでストローなんだよ!!

「お箸はお付けしますか?」
「あ、お願いします」

こんなやり取りまでしたはずなのに、どうしてストローが入るのよ!?
信じられない! ホワイ、なぜに!?

あれ?そういや前にもこんな事がなかったか?
そうだ、前にもヨーグルトを買った時にスプーンじゃなくてストローを付けられたことがあったぞ。

なぜだ、どうして俺はストローを付けられる?
俺はそんなにストロー顔なのか?

……………

というかさ…
どうせストローを付けるなら、せめて二本付けてくれ。
そしたら俺、頑張ってストローを箸にしてカップ麺食べるからさ…


ソムリエ  2006/03/17

ちょっと出かける用事があったので外に出たんだけど、今日はやたらと風が強い。
そんな強風の中を自転車で走るもんだから、ちっとも前に進まないの。
あまりの風の強さに、家を出て1分で外に出たことを後悔…

でも外に出ちゃったんだから仕方がない。
用事もあるし必死でチャリをこぐんだけど、前に進む度、強風で舞った砂粒が目だの口だのに飛び込んでくる。
「うえっ!プハッ!ペッ!」
口の中なんかもうジャリジャリ…
砂抜きしてないアサリを食わされた気分だ。

でも、何度も口の中に砂や土が飛び込んできてると、微妙に味の違いがあることがわかってくるのね。
粒子の粗さとか舌触りとかが、場所によって結構違うの。
畑の近くで口に入った砂はちょっとマイルド、住宅街あたりの砂は粒のひとつひとつにエッジが効いてる感じ。

って、そんな違いがわかっても嬉しくねえよ…


驚きの黒さ  2006/03/18

昼間、なにげなくNHKにチャンネルを合わせたら、なぜか画面が真っ黒。
「あれ?なんで映らないんだ!?」
テレビが壊れたのかと思って慌ててリモコンを押すと、他のチャンネルは普通に映ってる。
どうやらNHK総合と教育だけが映らないようだ。

でもなんでNHKだけ…
もしかして、受信料を払ってないから止められたのか?
って、んなわけないよな、うちは受信料も払ってるはずだし。

と、首を傾げていたところ、意外な場所で答えが判明。
2chのスレを見ていると、同じようにNHKが映らなくなった人が何人かいたのです。
で、その人たちはみんな同じ地域だったので、どうも地元のケーブルテレビ局でトラブルがあったらしい。
なーんだ、そんな理由だったのね…

しかし原因がわかっても、画面は相変わらず真っ黒。
いつになったら復旧するんだろ、これ。

ま、たとえ復旧に時間がかかっても、別にNHKで見たい番組があったわけじゃないし、他局は映るんだからそっちにチャンネルを合わせておけばいいだけなのよね。
でも、こう何分も真っ黒な画面が続いていると、復旧の瞬間を見てみたくなったりもするわけで…

で、結局、放送が再開されるまでの数十分、ひたすら真っ黒な画面に釘付けになっていた俺。
むー、なんとも無駄な時間を過ごしたもんだ…


恐るべし、ジャパネット…  2006/03/19

日曜日になると必ず見てしまう番組がある。
それはポシュレサンデー。
早朝、日本テレビでやっているジャパネットたかたのテレビショッピングだ。
もちろん、これ見て何か買うわけじゃないんだけど、なぜか見入ってしまう魅力があるのです。

パソコンやデジカメが登場すると、同じ商品の価格をネットで調べて…
「ちょっとこれ、高くね?」

パソコンやデジカメを買うと必ずプリンターが付いてくるのを見て…
「プリンターいらないからもっと安くしろよ!」

カーナビが出てくると…
「またゴリラかよ!!」

などなど、一人でツッコミを入れながら見ています。
商品そのものも気になりますが、すっかりお馴染みになった高田社長の部下、塚本と中島の次期社長争いを勝手に想像したり、モデルの女性と高田社長の関係を疑ってみたり、出演者の背景をアレコレ考えながら見るのも楽しかったりします。

でもまあ、いくら楽しく見てるとはいえ、番組を見終った後の感想はいつも一緒。
「こんなもん誰も買わねーよ!!」
ネットを使えば種類も価格も選び放題なのに、今更こんな通販を使う奴はいないだろう。
いるならそいつの顔が見てみたいわ。

なんて思っていたところ…

今朝、居間に行ってみると、なぜかテーブルにジャパネットのロゴが入ったダンボール。
そして、デジカメとプリンターを手に嬉しそうに笑う母の姿が…


悪いのは目つきだけなのか?  2006/03/20

ニンテンドーDSで遊んでばかりいるせいか、どんどん視力が落ちてきている気がする…
以前は普通にテレビなんかを見れていたのに、最近はテレビに文字が映ると眉間にシワを寄せて覗きこむようになってしまいました。
この「眉間にシワ」っていう状況、これが最近確実に増えてきています…

さっきスーパーに行ってきたんですが、そこでもしょっちゅう眉間にシワを寄せてました。

手に取った食パンの賞味期限を睨むように確認。
天井に吊ってある「調味料コーナー」とか書いてあるプレート、あれも眉間にシワを寄せて睨むように確認。
なんというかもう、自分がチンピラになったような気分。
「あ?」「んだコラ!」
みたいな感じの表情になってます。

そいでもって、おつとめ品コーナーで値引きされたお弁当を見てる時なんかにシワを寄せてると、今度は変な悲壮感が漂ってくる。
「買うべきか、買わざるべきか…」
眉間にシワを寄せて考えていると、物凄い決断を迫られているような感じだ。

でも、このおつとめ品コーナーで、カレーライスが150円、単なるライスが170円だったのを見た時は普通に眉間にシワが寄った。

…ライスの方が高いのかよ!


そこには何がある?  2006/03/21

今の家に住み始めて何年経つのだろうか?
小学校に入学した頃にはすでに建っていたはずだから、かなりの年月をこの家で過ごしているのは間違いないはずです。
でも、これだけ長い間住んでいる家なのに、まだ知らない場所があるということに気付いてしまいました…

何十年と住んでいるのだから、目をつぶってだって歩き回れるはずの我が家。
しかし、それだけ住み慣れていても、まだ一度も見たことのない部分があるのです。

それはトイレのタンクの底。

もちろん、トイレそのものには何度も出入りしています。
1日5回と考えたら、単純計算で5万8400回…
それなのに、そんなにもトイレに入っているというのに、一度たりともタンクの底を見ようと思ったことがないのです。

ここまで気にしてなかったとなると、本当に「タンクの底」なんてものがあるのかどうかすら疑わしい。
もしかしたらタンクには底なんて無くて、そこにはなにかこう、見てはいけないモノでもあるんじゃないだろうか。

気になる…
今まで一度も気にしたことがなかったはずなのに、突然、タンクの底が気になって気になってたまらなくなってしまった…

………………

でも、ここまで気になったからこそ、見るのはやめておこう…


まだ履く!  2006/03/22

ここにも何度か書きましたが、ケツの部分が破れてボロボロになったジャージをいまだに履いてます。

まだいける、まだ戦える。
そう思ってこのボロボロのジャージを履き続けてきたわけですが、今度はウエスト部分の紐が切れてしまいました…

まずい、まずいぞこれは…
穴だらけなのはともかくとして、この紐でウエスト部分を固定することができないとジャージがずり落ちて履くことすらできなくなってしまうじゃないか。
むー、どうしたもんか…

ちなみにこの紐切れ、今回が初めてじゃないんですよね。
実をいうと、すでに3回くらい切れてます…

でもまあ紐が長いうちは平気だったんですよ、ちょっと短くなっても縛ることはできましたから。
しかし、今回はさすがに無理。
だってウエストの長さより短くなっちゃったんだもん…

んー、こうなったら別な紐を用意して、そっちに交換するしかないよなぁ…
でも、俺の部屋に代わりの紐なんて物があるわけがない。
そこで、今はずり落ちないようにフトモモあたりの布を掴んで歩いてます。

ボロボロのジャージを履いているのに、歩き方だけは貴婦人のような俺。


気になりすぎる木  2006/03/23

今日は近所にある大崎公園へ。
目的は園内にある無料の動物園。
レッサーパンダやリスが可愛いので、近くを通る時は必ず寄っていきます。

しかし、目当てはいつも動物園。
よく考えたら公園全体を歩いたことがないではないか。
というわけで、今日は公園の中を散歩してみました。

すると、公園に植えられた木の前にプレートがあるのを発見。



ほうほうなるほど、公園に植えられた木でクイズができるようになってるわけね。
このヒントを元に、目の前の木の名前を当てるわけだ。
で、上のパネルを開けて答え合わせと。

んー、しかし難しいなこれ。
正直、木なんてどれも同じに見えて区別がつかん…

……………

だめだ、降参。
自分ちの庭に植わってる木の種類だって知らんのに、答えられるわけがない…
んー、とりあえず答えを見てみるか…

と、プレート上部のパネルをめくってみた…



って、答えのパネル破れてるじゃん!!


ウッチャンヘアピンとほぼ同じ  2006/03/24

部屋でゴロゴロしていたら、突然、階下の両親に呼ばれた。
「インターネットのことはよくわからんからちょっと来てくれ」
二人ともPC使えないのに、なんでインターネットの話!?

不思議に思って一階に降りてみると、セールスマンらしき女性が玄関に。

誰かと思ったら、その女性は電話会社の人。
どうもね、うちの親が電話会社をNTTから別な所に変えたらしいんですわ。
で、会社を変えると今使ってるフレッツが使えなくなるからADSLの契約はどうしますか、みたいなことを俺に聞きたいらしい。

えー、そんなの俺に聞かないでよー。
プロバイダーの契約は姉貴がしてるし、フレッツの方だって親の口座から引かれてるわけで、他人の回線にぶら下がらせてもらってる状態の俺には何かを発言する権利なんて無いっての。
しかも、会社を変える契約の方は済ませちゃってるから、どっちにしろその会社のADSLプランに変えざるをえないの。
一体俺にどうしろっつーんじゃ。

とりあえず姉貴に相談しますってことでADSLに関する契約だけは保留してもらったけど、後で姉貴に説明しなきゃならんので、渡された資料とにらめっこ。
でも自分で興味をもって選んだものじゃないから、資料を読んでも全然頭に入ってこないの。

くそっ、なんで俺がこんな資料を見て頭を悩ませなきゃならんのじゃ…
あーっ!!なんかもうちゃぶ台あったらひっくり返したいくらいにイライラしてきた!!

イライライライラ…

ちなみにこのイライラ、
本当の原因はこの件の対応をしてたせいでアンパンマンを見逃したから。


カモミール  2006/03/25

近所の公園でカモを見る。

いやー、カモって可愛いっすね。
水の上にプカプカ浮いてるカモの姿を眺めてるだけでなごみます。
普段はジッとしてるのが苦手だったりするんですが、カモを見る時は別。
池のほとりのベンチに腰かけて、じっくりカモを眺めてます。

でも、食パンを持ったおっさんとかが現われたりすると、カモはみんなそっちに行っちゃうんですよね…
おっさんがパンをばら撒き始めると、全てのカモが羽をバッサバッサさせながら我先にとおっさんの元へ。
そして俺はベンチにひとりぼっち…

そんな状況がちょっぴり悔しい俺は、足元の小石をポイポイ投げ始めます。
すると面白いことに、俺がエサを撒いてると勘違いしたハトやスズメが寄ってくるのです。
公園の鳥はエサを貰うのに慣れてるから、エサを撒くような動きをするだけで簡単に釣れちゃう。

「フハハハ、騙されおったな、それは小石じゃ!!」

でも、近くまで寄ってきた鳥たちはさすがにエサじゃないと気付くので、結局またひとりぼっち…


真剣な目をしています  2006/03/26

昨日、あるテレビ番組に潜水世界一っていう人が出てまして、水に潜ったまま何メートル泳げるかっていう競技(?)にチャレンジしておりました。
まあ特に熱中して見てたわけではないのですが、この番組を見ていて気付いたことがあります…

俺、テレビの中の人が水中に潜ってる間、一緒になって息を止めるクセがあるみたい。
潜水のプロがプールに潜った瞬間、俺も一緒に息を止めて、顔が真っ赤になるまで我慢してんだもん。
小学生じゃあるまいし、何をやっているんだ、俺は。

これ、自分でもバカらしいとは思うんだけど、なんかもうクセになっちゃってるみたい。
自分の生活を振り返ってみると、同じような出来事がいっぱい思い出されます。
ドラマで誰かが溺れるシーンとか、やっぱり絶対に息止めてるんですよ。

特にそのバカさ加減がハッキリわかるのがナウシカ。

ナウシカが腐海でマスクを外して爺さんを黙らせるシーン、腐海の底の砂に飲み込まれるシーン。
ここで必ず息を止めてます。
金曜ロードショーで放送される度に毎回、絶対に。

もし30年後もテレビでナウシカが放送されてるようなら、血管切れてポックリ逝くかもしれん…


後ろから前から  2006/03/27

今日はちゃんと文章を書けてるかどうか心配です…
というのも、実は今日、二度も頭をぶつけました。

一度目は車庫。
使い終わった空気入れをしまおうとしゃがんでいたんだけど、せり出した棚が頭の上にあるのをスッカリ忘れてしまい、しゃがんだ状態から一気に立ち上がってしまった。
となれば当然、頭をガーン!!
声も出せず、星が見えるほどに後頭部を強打。

そして二度目はスーパーの駐車場。
風が強かったので自転車をフェンスにくくりつけちゃおうと思ってフェンスの所まで自転車を持っていったのですが、鍵をかけようと前かがみになった瞬間、フェンスの鉄板に額をガーン!!
あが…ぐ…
さっき後頭部をぶつけたばかりなのに、今度は前をぶつけるなんて…

で、こう何度もぶつけてると、ただでさえバカな頭がますます壊れてるんじゃないかと心配になってくる…

そこでさっきから、必死で九九の計算をしてみたり、タレントの名前を思い出せるだけ声に出してみたり、壊れてる部分がないかとチェック中。
でも、そんなことをしてる姿は頭をぶつけておかしくなったように見えなくもない。


ふと思い出した  2006/03/28

ちょっとその辺をフラついていたら、住宅街の路地で遊ぶ子供たちに遭遇した。
で、チラッとその子たちを見ると、アスファルトに絵を描いて遊んでるんですわ。
たぶんロウ石だと思うんだけど、あれってまだあったのね…
自分が子供だった頃とさほど変わらぬ光景に、少し懐かしくなってしまった。

で、そんな子供たちを見て思い出したことがひとつ。

うちの従兄弟にケンちゃんて人がいるんですよ。
俺より3〜4歳上のお兄ちゃんなんですけど、子供の頃はよく一緒に遊んでまして、すごく可愛がってもらってたんですよ。
でもこのケンちゃん、なかなか激しい人なんです…

子供たちの遊びで「ケンケンパー」ってあるじゃないですか。
アスファルトに丸をいくつか描いて、そこをピョンピョンと飛び跳ねる遊び。
ケンちゃんがそのケンケンパーに遭遇するとタダじゃすまないんです。

「ケンケンパー! ケンケンパー!」
路地から子供たちの遊ぶ声が聞こえてきます。
すると…

「誰がパーじゃコラッ!!」
と、子供たちの前まで走っていって激しく怒りまくり。
俺らよりずっと小さい子が相手でも、泣かさんばかりの勢いで怒鳴りつけるんです。

もう20年近く会ってないけど、元気でやってるだろうか…


スレッガーさんかい?  2006/03/29

お弁当が食べたくなったので、近所にある大手チェーンのお弁当屋さんへ…
最近は個人経営のお弁当屋さんに夢中だったので、そこへ行くのは久しぶり。

「すいません、ハンバーグ弁当をひとつお願いします」

今日は最近食べていなかったハンバーグ弁当を注文。
で、店の隅っこでお弁当のできあがりを待とうかとレジに背を向けたところ…

「お待たせしましたー!!」

え!?
お待たせも何も待ってねえじゃん!
なんで? どうしてこんなに早いの?
コンビニで弁当を温めてもらうよりも早いじゃんか。

ちなみに、行った時間はちょうどお昼どき。
時間帯が時間帯だけに、どうやら作りおきに近い状態でお弁当が用意してあったらしい。

……………

んー、これはどうなんだろう。
コンビニなら早いのはちっとも悪くないんだけど、お弁当屋さんみたいな場所で頼んだ品物が待たずに出てくると、なんだか損した気分になってくる…

そういえばこんな気持ちになったことが前にもあったな。
えーと、あれは露店でタコ焼きを買った時だ。
鉄板で焼かれているタコ焼きの美味しそうな匂いにつられて「ひとつください」と頼んてみたら、露店の裏にある保温容器から作りおきのタコ焼きを出されたことがあったっけ…

別に冷めてるわけじゃないから問題はないんだけど、なんだかガックリくるんだよなぁ…


マダツボミ  2006/03/30

桜の開花宣言が発表されて、季節はもうすっかり春。
せっかくだから桜でも見に行こうということで、今日は吉見町の桜堤へ行ってみることにしました。
名前を出してもピンとこないかもしれませんが、埼玉の北部、荒川の堤防沿いに植えられた桜の名所です。

まあ桜堤自体は何度も通ったことのある場所なのですが、桜の季節に行くのは初めてなのでどんな景色になってるのかちょっと楽しみ…

ところが…



さ、咲いてねえ…
東京ではすっかり見ごろなのに、ここではまだ寒々しい冬の景色のままって感じ。



咲いてる花もあるものの、大半はまだつぼみ…
二時間以上かけてここまで来たのに、まさかまだ咲いていないとは。
俺の中ではこう、サライでも口ずさみながら桜のアーチを自転車でくぐり抜けるイメージでいたというのに…
むー、東京と埼玉北部じゃ開花のタイミングがここまでズレてくるものだったのね…

しかし、桜が咲いていなかったからといって無駄足だったわけではありません。
桜堤を抜けた先にはこんな景色が広がっているのです。



堤防を埋め尽くす菜の花!
あー、なんて素晴らしい景色なんだ。

この菜の花畑の中にちょこんと座ったりなんかしたら、なんというかもうメルヘンですよね。
気持ち的には完璧に乙女。

まあ現実には「花とおっさん」っていう非常に気持ち悪い組み合わせなんだけど、他人の目を忘れてしまうほどに気持ち良い。
普段無表情な俺が「ニマーッ」て笑ってんだもん。



「ミツバチさんこんにちは! 頑張って蜜を集めてね!!」
危うくこんな言葉を口走りそうになった。
それくらいファンシー。

ポカポカの陽気と一面の菜の花…
こりゃもう最強の組み合わせですわ。
結局、桜のことなんかスッカリ忘れてしまい、この場所ずっと菜の花とミツバチを眺めてました。

でも、俺の周りを飛びまわるミツバチたちをよく見たらハエが混じってやがる。
…俺はウンコか。


ゴールドブレンドを飲む資格無し  2006/03/31

スーパーに行ったらこんなカップ麺を見つけた。



日清の天ぷらそば…
え、日清なのに「どん兵衛」じゃないの!?
今まで見たことのないパッケージだったので、思わず買ってきちゃいました。

で、帰ってきてから調べてみたところ、どうやらこれ、どん兵衛の廉価版って感じの商品みたいですね。
どん兵衛よりも低い価格で販売して、スーパーなんかの安売りカップ麺にぶつけるみたい。
たしかにこの天ぷらそばは128円だったので、150円くらいするどん兵衛よりは微妙に安い。

しかしこれ、価格を下げてるからには何かしら変えてあるんだよな…
内容量は変わってないみたいだから、ソバや汁のグレードが下がってるんだろうか?
んー、まあとにかく食べてみればわかるだろう。

……………

いや、わからん、コレどの辺が変わってるんだ!?
どん兵衛は散々食ってるはずなのに、違いがちっともわからない。
これは俺の味覚が鈍いのか、それとも味を変えずに値段を下げた日清が凄いのか、どっちなんだ!?


ま、どっちでもいいか。

俺、緑のたぬき派だし。




<<  前の月    TOP    次の月  >>



SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO