日記のようなもの

2007年1月

<<  前の月    TOP    次の月  >>



往復四時間、滞在十分  2007/01/01

テレビをつけっぱなしでウトウトしてたら、いつの間にか2007年になってました。
あー、また年越しの瞬間を見ずに終わってしまった…

ちなみに21時過ぎには寝ちゃってたんで、目が覚めたのは午前4時。
さすがに外は真っ暗で、夜明けはまだまだ先な感じです。

あー、せっかくこんな時間に起きちゃったことだし、今年は初日の出でも見に行こうかなぁ。

家から自転車で荒川を下っていけば、ちょうど海に着いた辺りで初日の出。
このまま家でボケーッとしてても暇だし、せっかくだから海まで行ってみるか!
というわけで、荒川の河口を目指して自転車で走ってきました。

ルートはいつも通りで、荒川の河川敷を自転車で突っ走るのですが、正直、真っ暗な河川敷ってメチャクチャ恐いですね。

なんかね、暗闇から叫び声が聞こえるんですよ。
ウオォォォ!! アアーーッ!! ギエァーーー!!
たぶん若者のグループが騒いでるんだろうけど、暗闇からバカでかい叫び声だけ聞こえてくるので、何が起こってるかわかんなくてビビります。
おまけに、河川敷のすぐ脇の一般道からはヤバそうな車の音まで聞こえてくるんですよ。
ボーボボ!ボーボボ!!ボボボーボ!!ボーボボ!!

なんかもう、2007年を迎えずに俺だけ199X年の世界に来ちゃったんじゃないかって気分ですよね。
暗闇からモヒカンのデブが飛び出してきて襲われるんじゃないかと本気で恐いの。

でも今更引き返すわけにもいかんので、びくびくしながらも自転車をこぎましたよ。

そしたらだんだんと空も明るくなってきて、いよいよ初日の出が近付いてきました。



真っ暗な時には全然気付かなかったんですが、明るくなって辺りの様子がわかってくると、荒川の河川敷には結構な数の人がいたんでちょっと驚きました。
土手の上とかを見ると、初日の出を待つ人たちがそこかしこに立っていて、ずいぶんと賑やかです。
真っ暗な時はちょっと恐かったですけど、これだけ人がいたんならビビることもなかったみたい。

で、なるべく海の方まで行ってみようとさらに自転車をこいだわけですが、荒川河口、葛西臨海公園の辺りに行くとなんかもう人がいっぱいです。
いつもは人なんて全然いないであろう早朝のジョギングコースに人、人、人…
この山ほどいる人間全てが初日の出の瞬間を待っていると思うとなんだか変な気分です。

そして待つこと数分…
ついに初日の出が。



葛西臨海水族園のドーム脇に現われた眩しい光。
初日の出を待っていた人たちから「おーっ」という声が漏れて、あたりはにわかに盛り上がります。

でも、まわりの盛り上がりとは逆に自分のテンションは下がる一方。
ひねくれ者であまのじゃくな性格だから、これだけ大勢の人が集まってると、自分がその中に混ざってるのがなんだか嫌になってくるのです。

いつもは日の出になんて興味を示さないくせに、1月1日だからってありがたがるのは変だろ…
太陽なんていつ見たって一緒じゃねえか…

自分も初日の出を見に来た一人のくせに、何故か自分のことは棚に上げて勝手にひねくる俺。
ホントどうしようもない性格だ。

しかし、一人で盛り下がる俺の前に気になる存在が現われました。
それは犬。
近くのおばちゃんが連れてた柴犬(?)なんですけど、人間たちが初日の出に注目してるってのに、この犬だけは太陽なんか一切見やしません。

「チコちゃん!ほら、初日の出! 見て!チコちゃんほら!!」

おばちゃんが犬に太陽を見せようとするんだけど、犬の方は完全にシカト。
というかシカトどころじゃなくて、太陽に背を向けた状態で絶対に太陽の方を見ないんですよ。
犬の肛門だけが朝日を浴びまくり。
いくらやっても太陽の方を向かなくて、まるでヒマワリのように肛門が太陽を追い続けてんの。
その、肛門vs太陽みたいな状態が妙に面白くて、一人でニヤニヤしてました。

とりあえずまあ、初日の出を見に行ったのは悪くなかったかもしれない。


外出時間、五分  2007/01/02

今年の正月はアグレッシブに行こう!!

なんつーか自分の場合、正月はいつも家でゴロゴロしてる気がするんですよね。
大して面白くない正月特番を見ながら、買いだめしたお菓子をボリボリ…

んー、やっぱりね、これじゃいかんのですよ。
せっかくの正月なんだから、もっと正月の雰囲気を楽しまないと!

というわけで昨日の初日の出見物に続き、今日は初詣にでも行こうじゃないかと決めました。

ところが…

今日の朝のことなんですが、ストーブの灯油が切れたんで車庫に置いてあるポリタンクまで灯油を補給しに行ったんですよ。
そこでまあ、シュポシュポするアレで灯油を入れてたわけなんですが、灯油を入れ終わって立ち上がったその瞬間…

ガーーーーーン!!

ポリタンクの上に出っ張った棚があるんですけど、そこの角に後頭部を強打!
いってえええええええええ!!!

くそっ、うちの車庫の棚は絶対欠陥品だ。
前にも自転車のタイヤに空気を入れてた時に頭をぶつけた覚えがあるぞ…

しかしこれ、ホントに痛い。
立ち上がろうっていう動作の瞬間に頭をぶつけるから、かなりの勢いなんです。
なんつーかもう、記憶が飛んでもおかしくない感じ。
俺がHDDなら確実にクラッシュしてます。

というか、HDDじゃなくても壊れました。

さっきまでは初詣に行こうと張り切ってたはずなのに、頭をぶつけた途端、外出しようって気力がゼロになってましたもん。
眉間にシワを寄せて部屋に戻ったと思ったら、布団をかぶって二度寝。
もう外なんか行かねえ!! 寝る!!

…そして気がつけば夜になってましたとさ。


打ち所が悪かったわけではない…と思う  2007/01/03

昨日行くはずだった初詣は頭をぶつけてキャンセルしましたが、せっかくなので今日行ってきました。

行ってきたのは大宮公園の所にある氷川神社。
いやー、正月だけあって人だらけっすね。



神社の方へ向かって歩いていったら人、人、人…
大宮公園辺りの道も車が渋滞してたし、どこにこれだけの人間がいたんだよってくらいに集まってます。

しかもこれだけの人間が全員、お賽銭を投げて願い事をするんだから凄いですよね。
神様とか、この状況をどう思ってんだろ…
新年になったばっかりなのに山ほど人がやって来て、小銭程度の金で「幸せにしろ」だの「金持ちにしろ」だの要求してくるわけでしょ。
もし俺が神様ならムカついてますよ。

きっと…
年に一度しか来ないくせに「初」詣もクソもあるか! こんな簡単に願いを叶えてたらドラゴンボールの立場がねえだろ!!
みたいな感じで怒ってるでしょうね。
そいでもって、初詣に来た人間全員をむしろ不幸にしてやります。

なので、せっかく初詣に来たけれど、神社には寄らずに帰ることにしました。
こんだけ人がいちゃご利益なんて無い無い無い。
お願いするだけ無駄なんです。

でも…
せっかく出てきたんだし、やっぱり願い事とかしてみたい。
そしてなにより、その願い事が叶ってほしい。

ならば、別な手を考えてはどうだろう?
なんつーか、神社だとその他大勢で埋もれてしまうから、もっと目立つアピールが必要なんだと思うんですよ。

んー、しかしどうすれば…

宗教の話をすると知識が無くてボロが出そうでアレだけど、とりあえず考えてみた。
えーと、そうだ、日本は八百万がどうのとか、何にでも神様が宿ってるって言うじゃないですか。
それならば、誰も目も向けないような場所の神様にお願いしたらいいんじゃないだろうか。
誰も見向きもしない場所の神様なら、俺みたいな人間の願いも、ついうっかり叶えてくれるかもしれない…

そこで目をつけたのがコレ。



その名も、A型プログラム多段式交通信号制御機。
信号機の脇に必ずある、信号を制御する箱でございます。

この、「A型プログラム多段式交通信号制御機」の神様にお願いしてみようかなぁと思った次第なのであります。
で、とりあえず、心を穏やかにして手を合わせてみました。

えー、A型プログラム多段式交通信号制御機の神様…
信号待ちの最中、箱に付いてる鍵穴のフタをパカパカいじったりなんていう失礼な事はもうしません。
今年はA型プログラム多段式交通信号制御機についての理解を深める一年にしたいと思います。
なのでどうか、無病息災、家内安全、交通安全、その他諸々、幸のある一年であるよう、ひとつお願いいたします。

……………

よし、これで今年はもらったようなもんだぜ!!


車は多いが…  2007/01/04

昨日、初詣(?)に行った帰り、フロントグリルに正月飾りを付けた車とすれ違いました。

昔はこういう車をよく見かけたもんですけど、今じゃすっかり見かけなくなりましたよね。
滅多に見かけなくなったせいか、運良く見つけられるとちょっと嬉しかったりします。

でですね、家に帰ってもどうせ暇なんで、正月飾りを付けた車を10台見るまで家に帰るのはやめようと決めました。
なんか物凄く小学生臭がしますけど、たまにはこんなのもいいでしょう。
街をぶらつくのに良い理由付けになりますから。

ところが…

正月飾りの付いた車を探し始めたものの、全然見つかりません。
最初のうちはテキトーに探してたせいで見つからないのかとも思ったんだけど、真面目に探しても全っ然いないんですよ。
橋の上から東北自動車道を走る車をチェックしても正月飾り付きの車はゼロ。
20分くらい眺めていて、ようやく1台とか、そんなレベルなんですよ。

……………

しかし、ここまで見つからないと困っちゃいますよね。
正月飾りのついた車を10台見るまで帰らない、なんていう変なルールを作っちゃったのは失敗だった…
20分に1台なんてペースじゃ10台見るのに200分でしょ。
3時間以上も無意味に外をウロウロするのはさすがに辛いぞ…

あー、なんかもう面倒くせえから正月飾りのことは忘れて家に帰っちまおうかな…

そんな風に思い始めたその時、ふと目をやった駐車場で正月飾りの付いた車が駐車してあるのを発見。
「…これだ!!」
なにかを閃いた俺は、駐車してあるその車をチラッ、チラッと9回見ました。
「よし!! 正月飾りの付いた車を10台見たぞ!! 見たったら見たんだ!!」
というわけで、車探しを終えてダッシュで帰宅。

…そんなのでいいなら最初からやんなよ、俺。


初夢?  2007/01/05

今朝、今年最初の夢を見ました。
三が日も過ぎた今、これを初夢と言っちゃっていいのかわかりませんが、とにかく「今年初」。
ちなみに、こんな夢でした…

なんかね、霧のたちこめる美しい湖のほとりに自分が立ってるんですけど、すぐそばにパンツ一枚のデブがずらっと並んでるんですよ。
で、その脇を通りすぎようとすると止められるんです。
「ここから先は太らなきゃ通さない!」みたいなことを言われて。

「じゃあどうすりゃいいのよ?」
そう聞くと「太れ!」っつーわけですよ。
んで、どこからか大量の食ベ物を持ってきて、それを食べるように促されます。

もうこうなったら仕方ない。
デブ集団の要求通り、その食べ物の山から唐揚げを取って食べ始めたわけ。
そいでもって、「もうコレ以上は無理!」ってくらいに食べたんですけど、せっかく無理して食べたのに通さないんですよ。

「お前を通すわけにはいかない!」

はぁ?なんでよ!?
そしたらそのデブ集団のリーダーが言いましたよ。
「お前は鶏肉を食べて太った、それではダメだ」

さすが夢、なんかもう意味がわかんないんですよ。
そしてさらに意味がわかんないのが俺の精神状態。
通さないって言われたのが悔しくて悔しくて泣き出してんの。

「なんで、なんで通してくれないんだよ!!」

今思うと不思議でしかたないんですけど、とにかく涙が止まらなくて、近くにいたサッカーの審判に必死で抗議してました。
「なんで鶏肉じゃダメなの! だって出したのあいつらじゃん、唐揚げ!!」

そしてそんな悲しい、悔しい気持ちのまま目が覚めました。



…こんな夢を見て、今年はどんな年になるんだろう?


甘い考え  2007/01/06

たまに通る道に一軒のカレー屋さんがあるのですが、店の前を通る度、入ろうかどうか迷います。
前を通った時にカレーの美味しそうな匂いが漂ってきたりなんかするとグッときますよね。
しかも入口のとこに張り紙がしてあって、「インド人が作るインドカレー」とか書いてあるんですよ。
いやー、なんかもうメチャクチャ美味そうじゃないですか。
なもんで、その道を通る度に思わず立ち止まっちゃいます。

しかし、ふと思った。

「インド人が作るインドカレー」って美味しいんだろうか?
これって冷静に考えると、「日本人が握る寿司」くらいに大雑把な表現ですよね。
例えば、修行なんかしたことのない俺が寿司を握っても「日本人が握った寿司」になるわけで…
んー、俺が握った寿司なんて、とてもじゃないけど食べられないぞ。

まあカレーなら誰が作っても極端に不味くなることはないだろうけど、一度こんなことを考え始めると、あんなに食べてみたかったカレーも「また今度でいいか…」となってしまいました。
いやはや、イメージって大切なもんですね。

インド人が作るからといってカレーが美味いとは限らない。
でも、「ブラジル人を集めたサッカー大会」なら、ハイレベルな試合を見られそうな気が…しないでもない。


メガネが欲しい  2007/01/07

最近、ずいぶん視力が落ちてきた気がする…

テレビのニュースなんかを見てる時のことなんですが、画面に表示されてる天気予報の地域名が読めないことがあって、無意識に画面に近付いちゃってることがあります。
自分では視力が落ちたっていう実感はあまりないんだけど、どうも「顔を近づける」って行為は無意識にやっちゃってるみたいなんですよね。

例えばカップラーメンを作る時…
うちの台所にあるポットって棚の影になった少し暗い場所にあるんですよ。
なもんで、カップラーメンにお湯を入れる時とか、容器の内側にある線がよく見えません。
そんな時とか、自分でも気付かぬうちに顔を近付けちゃってるみたい。

ポットのボタンを押してお湯を出してる最中に、「どのくらい入ったかなぁ」なんて感じで容器の中を覗き込むんですけど、この覗き方がめちゃめちゃ近いわけですよ。
いつの間にかスープを飲む時くらいの状態まで顔を近付けてんの。

そんなことをしたらどうなるかわかります? いや、そりゃわかりますよね?
ポットのお湯が飛び散って、顔にかかりますよ。

わちゃ、うあちぃ!!

お湯が顔にかかってのけぞる俺。
こんなことをカップラーメン5食に1回はやってます。

目が悪くなったというより、頭が悪くなってないか、俺…


最近よくある…  2007/01/08

まいりました、朝からお腹が痛いっす。

悪い物なんて食べた覚えはないのに、ギュルルル、グルキューとお腹からすごい音が聞こえてきます。
あまりにお腹が痛いんでトイレに駆け込むんだけど、1〜2時間するとまたお腹がギュルギュル…
これの繰り返し。

朝からずっとこんな調子だったんで、今日は一日中布団の中で過ごしてました。

しかしなんというか、体調を崩した時って面白いくらいに気力が無くなりますね。
腹痛、頭痛、歯痛…まあなんでもいいんですが、体のどこかが痛いと何にもする気になりません。
布団の中で丸くなって、クスリともしないの。
自分の部屋に敷いてある布団はちょうど顔のそばにコンセントがあるんですけど、なんかね、そのコンセントの穴をジーッと見たまま固まってましたわ。

いやほんと、何にもする気無し。
ただひたすら、布団の中で時間がすぎるのをボーッと待つだけです。

でね、こういう日にかぎってテレビがつまんなかったりするんですよ!
いつもの月曜日ならね、暇な主婦と無職の友「ザ・ワイド」が放送されてるはずなのに、今日はサッカーやってます。
俺みたいなクズがさ、ひたむきに頑張る高校生の姿なんか見るわけねえだろっての。
仕方ないからチャンネル変えるんだけど、他局もドラマだのスポーツだので見たい番組ゼロ。

で、どうしようもないんで、またコンセントの穴をジーッと見るわけですよ…

それでわかったんですが、お腹が痛い時にコンセントの穴をジッと見ても何も起こらないっすね。


人より多いカモ…  2007/01/09

今日はなんとなく上野まで行ってきたんですが、動物園も博物館もみんなお休み。
火曜日なのになんで休み!?
と思ったら、昨日が祭日だったから月曜の定休日が火曜にずれ込んだのね…

で、どこもお休みじゃ仕方がないので不忍池に行ってみました。



そしたらもう、どこもかしこもカモだらけ。
暖かい季節はハトやカラスの天下だけど、今の時期だけはカモたちの方が偉そうな感じです。
行く所もなかったんでぼんやりと池のカモを眺めてましたが、プカプカと浮かぶカモの姿は結構な時間潰しになりますね。
黒くて頭の毛がツンと立ったキンクロハジロとか、すんごい可愛いんですよ。

でね、しばらく池のほとりでカモを眺めてたんですけど、すぐ隣におっさんが歩いてきたんです。

あー、この人もカモを見にきたのかなぁ…
なんて、最初は特に気にもとめずにいたんだけど、このおっさんね、チラッと池を覗き込んだと思ったら、池に向かっていきなり唾を吐いたんですよ。

ペッ!!

そしたらね、それをエサだと思ったカモたちが、その唾目掛けて一斉に飛びかかっていったの。

ええええーーーーっ!!

で、あまりの出来事にビックリしてそのおっさんを見たら、
(今の見た?どうよこれ、どう?)
みたいな得意げな顔でむしろこっちを見てくるの。

ええええーーーーっ!!


02.05.19.25…  2007/01/10

昨日、不忍池に行った帰りのこと。
自販機でジュースでも買おうかなと立ち止まったんですが、財布を出した時、うっかり小銭を地面にばら撒いてしまいました。

あちゃー、やっちまった…
よりにもよって人だらけの上野で小銭をばら撒いてしまうなんて、ああ、なんと恥ずかしい…
とにかく早く拾わなきゃってわけで、周りの視線に顔を真っ赤にしつつ小銭を拾い集めたんですが、どうも100円玉が足りない気がします。

すると、「向こうに転がっていったよ」と、近くの方が声をかけてくれました。
言われた方向を見てみると、そこには銀色に輝く100円玉が…
うう、優しい人もいるもんですね。
人前で小銭をばら撒いちゃったのは恥ずかしいけど、親切な人のおかげで助かりました。

そいでもってなんとか小銭を全部集めることができたんですが、ふと視線をあげると、宝くじ売り場が目の前にあったことに気がつきました。

……………これだ!

まずいです、ピーンときちゃいましたよ、コレ。

「宝くじを買うなら今しかない!!」

えーと、なんで唐突にそんなことを考えたかわかります?
あのね、ほら、宝くじの高額当選の話って、わりと印象的なエピソードが多い気がしません?

「亡くなった母が買っていた宝くじを調べてみたら当選、母の最後のプレゼント」
「飼いネコに選ばせた数字が見事的中、ネコが招いた高額当選」

とかね、なんつーか高額当選にはちょっとしたエピソードがつきものなんですよ。
…てことはですよ、もし今の自分が宝くじを買ったならば、それはすごく良いエピソードになりません?

みんなの善意で見つけることのできた100円玉、それで買ったロト6が見事的中!!
人の優しさが生んだ一億円!!

おお、なんと素晴らしいエピソード!!
これってもうリーチかかってません?
来ます、これ絶対来ますって!!

というわけで急遽、ロト6をひと口だけ200円で購入。

……………

いやほんと、なんかごめんなさいね。
僕だけこんな…ねえ…


大でも小でもない  2007/01/11

小出し小出しで申し訳ないんですが、一昨日の上野に行った日にですね、浅草にも寄ってきました。

初詣は一応(?)済ませまておりますが、せっかくなんで浅草寺にもお参りです。



時期に関係なく人で賑わう雷門をくぐり本堂へ。
人が多いとはいえ、さすがに正月ほどの混み具合ではないのでわりとのんびりお参りできました。

で、お参りを終えた後のことなんですが、本堂の脇でおみくじを発見。
あー、そういえばもう何年もおみくじなんてやってないなぁ…
1回100円だし、ガチャガチャ気分でいっちょやってみるか!

というわけで、数年ぶりにおみくじを引いてみました。
その結果は…

「吉」

んー、良くも悪くもない、なんとも地味な結果…
やっぱりこんなもんなんですかね、俺ってやつは。

ちなみに、中身はこんな感じでした。

願望:叶えられるでしょう。
病気:治るでしょう。
失物:出て来るでしょう。
待ち人:現われるでしょう。
新築・引っ越し:支障がないでしょう。
旅行:良いでしょう。
結婚・付き合い:すべて良いでしょう。

ってちょっと待て、なんかこれ、すごくやっつけ仕事っぽくないか。
とりあえずオッケーオッケー言って話を合わせときゃいいだろ的な雰囲気を感じるんだけど…

むー、このテキトーな感じこそが、吉の吉たるゆえんなんだろうか…


300円以上の価値がある  2007/01/12

なんか最近は日付と内容がズレ気味ですが、今日書くのも昨日の出来事。
昨日はですね、ちょっと国立科学博物館に行ってきました。
上野動物園の年間パスが切れちゃってるんで、たまには科学博物館もいいかなぁと思い、立ち寄ってみた次第です。



国立科学博物館といえばこの建物ですが、ずいぶん前から工事中でして、見学はこの建物の奥にある新館の方がメインとなってます。

そして今回、入場する際にPDAを借りてみました。
300円で借りることのできる携帯情報端末なんですが、これが想像以上に便利でした。
なんとPDAのイヤホンを耳に付けて歩いているとですね、展示品の前で音声によるガイドが聞けちゃうんですよ。

でね、このガイドがなかなか良い感じなんですわ。
ナビゲーターの男性が展示品についての説明を先生に聞くっていう形式なんですけどね、誰かと会話しながら見学してるような感じで、文字による説明なんかよりもずっとわかりやすいの。

例えばえーと、博物館ってせっかく色んな物が展示してあっても、「ふーん」って通りすぎちゃうことないですか?
説明がややこしかったり、どこに注目したらいいかわかんないようなこと、ありますよね?
ところがね、このPDAの解説を聞きながらだとそういうのが無くなるんですよ。
パッと見ただけじゃわからない展示品のツボのようなものを解説してくれるんで、非常にありがたいです。



この画像に映ってる化石なんかもね、ただ見てるだけでも楽しいけど、詳しい解説を聞くとますます面白い。
自分のようなバカでも、バカなりに知的好奇心をくすぐられます。

ただ、問題もひとつ…

このPDAの解説、ボリュームありすぎるんですよ!!
展示品の前でひとつひとつ解説を聞いてるとね、これがなんと時間のかかること。
国立科学博物館(新館)って地上3階地下3階の6フロア構成なんですけど、PDAの説明を聞きながら回ってると1フロアで2時間とか平気でかかっちゃうんです。
10時くらいに入館したはずなのに、地下の3フロアを回り終えた時点でもう15時すぎ。
おいおい、これじゃ1日かけても全部見れねえよ…

というわけで、全部見るのは諦めて、半分だけ見て帰ってきちゃいました。
残りは次回のお楽しみです。
去年、PDA無しで見た時は2〜3時間で全部回っちゃったことを考えると、PDAの解説はやっぱり良いですね、うん。

でもって、今回PDAを使ってみて思ったんですが、こういうPDAを利用した音声ガイドって色々と応用できそうですよね。

例えば、動物園にこういうPDAをぶら下げていったとします。
で、象の前とか行くじゃないですか、そうするとイヤホンから女の人の声が聞こえてくるわけですよ。

「ねえねえ見て!象だよ象!!すっごーい!!」

えーと、何が言いたいかと言いますとですね…
なんつーか、つまりその、PDAを使えば一人で動物園に行ってもデート気分を味わえたりというか、そんな感じのことができたりもしそうじゃないですか。
単純な解説とかだけじゃなく、そういう使い方も意外と悪くないような気がしたりなんかしちゃったり…

……………

てなことを一人で真剣に考えていたら、なんだかとっても悲しい気持ちになりました…


やめられないとまらない  2007/01/13

最近、自分で自分にムカついてることがあります…

えーと、プジョーって知ってますよね、車のメーカーとして有名なあのプジョー。
自分にはプジョーの車なんて縁がありませんが、街を歩いていると結構見かけるんですよ、「PEUGEOT」っていう文字を。
車はもちろんですが、ディーラーの看板やプジョーの自転車とか、PEUGEOTの名前だけはしょっちゅう目にしてます。

で、この「PEUGEOT」っていう文字を見る度にやってしまうことがあるんです…

なんかね、PEUGEOTって文字を見た瞬間、小さな声で「ピェウジェオット…」ってつぶやいてるんですよ、俺。
自分でもよくわかんないですけど、アレをプジョーって読むことに納得できないんですかね。
看板でも自転車でもなんでも、とにかくPEUGEOTって文字を見ると絶対に「ピェウジェオット…」ってつぶやいてます。
眉間にシワを寄せて口をひん曲げて「ピェウジェオット…」
アレはプジョーなんかじゃない、どう見たってピェウジェオットじゃないかと、一人でささやかな抵抗をしています。

そう読んだからといって何も変わらないんだけど、これだけはどうしてもやめられません…
ああーっ、なんかムカつくうううう!!


開けたら閉める!  2007/01/14

長年一緒に暮らしてきた家族でも、その行動を理解できないことってないですか?
実は父のことなんですけどね、昔っから「なんでそんなことするの?」って不思議に思ってることがあります。
それはトイレ。
うちの父はトイレで用をたす時にですね、必ず扉を開けっ放しにするんですよ。

まずはまあトイレまで来ますよね、で、うちのトイレは引き戸なんでガラガラっと扉を開けますわな。
そうしたら普通、次は扉を閉めますよね。
でもね、うちの父は扉を閉めずに始めちゃうわけですよ。

自分の部屋の前にトイレがあるんでめちゃめちゃ音聞こえるし、部屋のドアを開けようものなら確実に見えるし、ほんと勘弁。
でもまあ父が自分で建てた家なわけだし、そうしたいなら放っておくしかないなぁと思ってるわけですが、せめて扉を開けっ放しにする理由くらいは知ってみたい気もします。

いやほんと、なんで開けっ放しにするんだろ…
最初は扉を閉めるのが面倒なのかなぁくらいに思ってたんです。
でもね、用をたした後はキッチリと扉を閉めていくんですよね、これが。

んー、謎だ…


防災には向かない  2007/01/15

うちの地域はゴミの分別がアレコレ分かれているので、カップ麺の容器などは洗っておかないといけません。
そこで今日も食べ終わったカップ麺の容器を洗っていたのですが、キレイになった容器を眺めていたら、ちょっとかぶってみたくなっちゃいました。

ちょっとした帽子感覚で頭にスポッ。
頭がでっかいんで被るというよりは乗ってる感じなんだけど、妙に気にいってしまいました。
なもんで、今日は朝からずっと、なにかっつーとカップ麺の容器を頭に被せて過ごしてました。
容器を上から押した時のキュッキュとなる感触が気持ち良いです。

で、カップ麺の容器って頭に乗せてるとなんとなくヘルメットっぽいじゃないですか。
そうするとね、衝撃吸収力がどの程度あるのか気になってきます。
つーわけで、カップ麺の容器を頭にかぶったまま、壁に頭突きをかましてみました。

ドガッ!!

…痛い。

容器はメキョッと割れて、壁に脳天直撃。
どうやら衝撃吸収力はゼロの様子。
って、当たり前だっての…


メガ小心者  2007/01/16

ここ数日、ネット上のあちこちでメガマックの文字を見かけます。
いやー、なんだかんだでジャンクフード好きは結構多いみたいですね。
ちなみに自分もそういう食品が大好きなので、一度はメガマックを食べてみたいなぁと思ってます。
そこで、今日の晩ご飯はメガマックにしようかとマクドナルドに行ってきました。

ところが…

店に入ってカウンターのメニューを見てみると、メガマックの文字がどこにもありません。
「え、ちょ、なんでないの!?」
もしかして売り切れ? それとも「一部店舗では取り扱ってません」の一部店舗に来てしまったのか?
メガマックを買うつもりで店に入ったので、メガマックを見つけられなくて大パニックです。

けどこういう時って、普通なら「メガマックあります?」って聞けばいいだけじゃないですか。
小学生だってそれくらいできますよ。
なのに俺ときたらそんなことすら聞けないんですよね。
事前のシミュレーション通りにいかないとアップアップしちゃうタイプなんで、ただただ慌てるばかり。

あ、えと…

どうしたらいいかわからず、メニューを前に固まってしまいました。
そして長い沈黙の後、口から出た言葉は…

「てりやきバーガーとポテトを、持ち帰りで…」

何しに行ったんだよ俺ええええええ!!


特別展も見たい  2007/01/17

昨日のことですが、また国立科学博物館に行ってきました。
この前は半分しか見学できなかったので、今日は残りを見学です。



とりあえずがっつり見学しようと午前中から乗り込んだんですが、平日の午前はやっぱり人が少なめですね。
タイミングによっては自分の周りに誰もいなくて、物音ひとつしない静かな状態で見学できたりしちゃいます。



しかし人の気配がしない博物館で展示品を眺めているとなんだか変な気分になってきますね。
んー、人類最後の生き残りになった気分、とでも言ったらいいんでしょうか…

ほら、アニメやマンガでよくありません?
人類が滅んだ数百万年後に冷凍睡眠から目覚める人間の話。
やっと冷凍睡眠から目覚めたと思ったら、周りには誰もいないの。
人類はとっくの昔に滅んでいて、残っていたのは建物とコンピューターだけ。
そしてコンピューターに記録されていた「人類が滅ぶまでの記録」をぼんやりと眺めながら、ただ一人生き残ってしまった自分の運命に絶望する、みたいなの。

なんかね、ほんとそんな感じなんですよ。
博物館にあるものって、宇宙の誕生だの生命の起源だの、やたらとスケールが大きいじゃないですか。
おかげで妙な気分になってきちゃいます。



デザインも妙に凝ってるし、一人でたたずんでるとホントに未来の世界へ一人だけ飛ばされたような気分です。
これがなんとも孤独な感じでして、冗談抜きで寂しさのあまり涙が出てきそう。

でも、そんな気分になっていると…

「おー、なにコレ!! すっげえええええええ!!!」

と、静寂を破るように遠足の小学生たちの叫び声が聞こえてきます。
いつもはイラっとくるガキの声ですが、この時ばかりはなんとなくホッとしてしまいました。


メガプリン?  2007/01/18

なにげなく立ち寄ったコンビニで巨大なプッチンプリンを発見しました。



その名もハッピープッチンプリン。
画像だとあまりピンとこないかもしれませんが、とにかくでっかいです。
横に置いたマグカップよりもさらにひと回りくらい大きい感じで、かなりの存在感を漂わせてます。

いやー、コンビニでこれを見た瞬間、あまりの大きさにひっくり返りそうになりましたよ。
正直こういう「一回買わせたら勝ち」みたいな商品に引っかかるのは悔しいんですが、これだけ大きいとやっぱり一度食べてみたい。
その欲求に負けてしまい、気がつくとこの巨大プッチンプリンを手にレジに向かっていました…

ちなみにこのプッチンプリン、「プッチン」の名前の通り、これだけ巨大でもプッチン可能です。
ですので、せっかくだからプッチンして食べることにしました。

エビバデプッチーン!!



って、でっけえええ!!
プッチンしたらますます大きく見えてきました。
うー、買ったはいいものの、こんなの食べ切れるんだろうか…

で、不安をおぼえつつもとりあえず食べ始めたのですが、やはりその不安は的中。
半分ほど食べたところでスプーンが止まりました。
ラーメンとかハンバーガーなら多少多くても平気だけど、甘い物はさすがにキツい…
ハッピープッチンプリンっていう名前とは裏腹に、なんつーかプリン地獄。

でもまあ残すわけにもいかんのでムリヤリ口に放り込みましたが、食べ終わった時にはグッタリとなってました…
もうプリンは当分食べないぞ…


お前はどこのワカメじゃ!  2007/01/19

今の時期、スーパーやコンビニに行くと受験生向けの商品をやたらと見かけます。
「うカール」だの「キットカット(きっと勝つ)」だの、この手の商品は数年前からありますが、なんだかどんどん過熱してる感じですね。
この前コンビニに行った時、オーザックが「ゴーカック」とかって名前になって売っててビックリしましたよ。
オーザックがゴーカックって、もうダジャレにすらなってないじゃないですか。
どんだけ便乗する気だよと、ちょっと呆れちゃいました。

でもまあ、藁にもすがる思いの受験生にはこういう商品も有りなんでしょうね。
応援されて悪い気はしないだろうし、少しでもやる気が出るならしめたもんです。
ただ、受験と無縁の自分のような人間にとっては、こうやって受験生向けにされてしまうと逆に手を出しにくくなってしまいます。
受験生でもないのに買っていいのだろうかと、思わず手を引っ込めてしまうんですよね。

例えば今日なんか、スーパーでカップラーメンでも買おうかと思ったんですけど、いつも買ってるわかめラーメンまでもが受験生向けになってんですよ。
「エースコックのわかめラーメン」
これが
「英数国(エースコック)がわかる(わかめ)ラーメン」みたいに変わってんの。

わかめラーメンよ、お前もか!!
普段買わないお菓子なら気にもしないんだけど、自分がよく買う商品までもが受験生向けになっていると少しだけイラッときます…
おいおい、いくらなんでも便乗商品多すぎだろ…

まあ別に受験に便乗したっていいんですよ、商売だし。
俺みたいなもんがとやかく言うことじゃありません。
ただね、今こそ、今だからこそキャベツ太郎を思い出してほしい。

「通信簿に関係なくおいしいョ!!」

これこそ真実!これこそ正義!!
受験だの合格だのは一切忘れてキャベツ太郎を食え!!


今後行く機会があるかわからない場所  2007/01/20

この前、ディズニーランドのキャラクターが客を殴ったっていうニュースが流れてましたが、あれってその後どうなったんでしょうか、ちょっと気になります。
まああれを暴力行為と呼んでいいのかどうかはわかりませんが、トラブルを起こす従業員を雇うくらいなら、いっそのこと俺を雇ってくれないもんですかね。

なんというか、プーさんをやりたいんですよ、俺。
いわゆる熊のプーさんではなく、プータローのプーさん。
着ぐるみとか着ないで、普段着のままランド内をうろつく新キャラクター。
これが実現したら、ディズニーランドに新しい風を吹かせることができると思うんですよね。

ちなみに新しいプーさんはこんな感じ。

新プーさんは一人が大好きで、いつも隅っこのベンチでポツーンと座ってます。
他のキャラクターはお客さんと一緒に写真を撮りますが、新プーさんはシャッターを押す方。
ランド内よりも、外のコンビニで見かけることの方が多いです。
人間だから喋れるはずなのに、まるで着ぐるみのように無口です。
人ごみが苦手なので、お客さんが増えてくるとどっかにいっちゃいます。
着ぐるみじゃないのにいつも同じ服を着ています。
すぐに風邪をひきます。
売店には新プーさんのグッズはありません。
あまりに見かけないキャラクターなので、「見たら死ぬ」みたいな噂が流れます。
というか、新プーさん自身が死んでるんじゃないかっていう噂も流れます。

…あまりに暇だったんで、こんなことを考えてました。

でも、よく考えたら雇われてるくせにプーもクソもないのでこれは却下。


ずいぶん種類が増えた気がする…  2007/01/21

自転車で外をフラついているとアイスが食べたくなります。
今みたいな冬の寒い時期にアイスなんて…っていう気もしますが、自転車に乗っているとセブンティーンアイスのような自販機アイスが眩しく見えるんですよね。
休憩がてら立ち止まって、自転車をこぐのに使ったエネルギーを甘〜いアイスで補給。
アイスの自販機を見つけるといつもこんな調子です。

で、この前自転車で走っていた時にも自販機を見つけてしまいました。
「お、アイスの自販機発見! せっかくだからちょっと休憩するか…」

ところが、自販機に近付いてみるとなんだかおかしい。



んあっ、これアイスの自販機じゃない、タバコの自販機じゃん!!

タバコをやめて数年、もうタバコの自販機を気にすることもなくなってたんですが、今ってこんな自販機あるんですね。
初めて見る変わった自販機にちょっと驚いてしまいました。
しかもマルボロ専用だし。
んー、マルボロって特別扱いされるほど人気あったのね…

もしかしたらありがちな自販機なのかも知れないけど、自分はこんな自販機を見るのは初めてだったので興味津々。
買いもしないのに思わずじっくりと眺めてきちゃいました。

しかしそれはともかくとして…

アイスを食べたかった俺の気持ちはどうなる!!


yobi.txt  2007/01/22

毎日サイトの更新をしていると、書くことが思いつかない日っていうのが結構あります。
まあそりゃ当然ですよね、毎日単調な生活をしてるんだから何か起こることの方が珍しいんですもん。

なので、ここに書けそうなことを思いついた時にはPCのメモ帳を開いて記録しておきます。
こうしておくと、いざ書く事が無くなった時なんかにそれを引っ張り出せば更新を止めずにすむわけです。
よーするにストックですよね、困った時用の。
でも、あらためてこの「予備用メモ帳」を眺めてみると、オチがなかったり話が膨らみそうもなかったりで長年放置したままっていうモノが多かったりします…

そこで今日は、メモ帳の肥やしになっている「使えない話」をあえて使ってしまおうと思います。
書くことが無くて困った時でさえ使う気が起きなかった話ばかりなんで、ものすごく退屈です。
その退屈ぶりに呆れてください。

「つぶつぶジュースも進化した」
つぶつぶジュースを買ったら、口の大きなボトルになっていて、昔のつぶつぶジュースよりも飲みやすかった。
それだけ。

「粘土の床屋さん、髪の毛っつーよりメデューサ」
子供の頃、家にあった床屋さんごっこのできるオモチャ。
粘土を下からギューって押し込むと人形の頭から粘土がニュルっと出てくるの。
でもこれ、出てくる粘土が髪の毛どころかうどんみたいな太さで、すごく恐い。
恐いけど、特にオチはない。

「アーケードで魔界村」
ふらりと立ち寄ったゲーセンで大魔界村を発見。
久しぶりに遊んでみたものの、一面でたいまつを取ってしまい速攻ゲームオーバー。
それだけ。

「夜、網戸に虫がくっついてると恐い」
網戸に虫がくっ付いてたんだけど、暗くてよく見えない。
でもガサガサッていう大きな音だけはハッキリ聞こえてきて、すごく恐い。
コレ、書こう書こうと思いつつ放置していたら、虫が出る季節ではなくなってしまった。

「砂場を掘りまくって下に敷いてある石を掴むくらいの達成感」
なにか達成感のある出来事があったら使おうと思ってメモ帳に書いておいた言葉。
でも達成感のあるイベントがちっとも起こらず。

「谷中の猫」
谷中に行ったら猫がいっぱいだった。
でも写真が無いし、これといったエピソードも無し。

「キンタマを叩いたら痛かった」
蚊が股のあたりにとまったので叩いたら、チンコまで叩いてしまった。
痛くて泣きそうになる。
それだけ。

「蛇口の取っ手が無い公共の水道」
公園の水道を使おうと思ったら蛇口が外してあった。
ホームレス対策なのかもしれないけど、俺が困る。

「車の中に綿がはいりまくり」
窓を開けたまま車を停めていたら、道端のタンポポの綿毛が車の中にブワッと飛び込んできた。
おかげで車の中は綿毛だらけ。
イライライラ…

「思い出せない、で、思い出してみればこんなくだらないこと」
あることが思い出せなくて苦しかったんだけど、思い出したら大したことじゃなかった。
でも、何を思い出せなかったのかを書き残していなかったので使えない。

……………

とりあえず書けるだけ書いてみたけど、やはりつまらん。
ストックしておくだけ無駄って感じのものばかり、さすが今まで使わなかっただけのことはある。
んー、こんなのを列挙しただけで今日の更新を済ませちゃおうなんてちょっとずるいですかね…


なんて思っていたら、メモ帳のストックの中から今の気分にピッタリのタイトルを見つけました。

「書くことが思いつかない日は、たとえ19時でも首がガックンガックンなって眠くなる」

今の俺はまさにコレ!!
眠い! 寝たい!!
だからつまんなくても気にしない!!


お土産は鳥獣戯画のクリアファイル  2007/01/23

今日は上野にある東京国立博物館に行ってきました。
国立「科学」博物館の方ならちょいちょい行ってるんですが、国立博物館の方は一度も行ったことがありません。
なんというか、東京国立博物館の方は古美術品が中心だからちょっと敷居が高い感じなんですよね。

でも、せっかく国宝や重要文化財を見られる場所なんだから1度くらい行っておいてもいいんじゃないか。
つーことで、今日は初めての東京国立博物館です。



この立派な建物が東京国立博物館の本館。
ここだけでもかなりの大きさなんですが、他にも4つほど見学できる建物があるので、真面目に見ようとすると一日じゃとても足りません。
なので国立科学博物館の時もそうでしたが、数回にわけで見学する覚悟でジックリ見ることにします。



しかしなんですね、博物館の雰囲気ってのは良いもんですね。
難しい顔をして展示品を眺めてるだけで、自分がちょっと賢くなったような気分になれます。
なんていうんだろ、博物館に来るっていう行為自体に、「自分は物の価値を理解できる人間なんだ」っていう妙な優越感を覚えさせる効果があるというか、なんというか。

でも、実際に博物館まで来てみると、賢くなった気分どころか自分の学の無さを思い知らされてガックリくることの方が多いですね…

だって、展示品を見ててもよくわかんないんですもん…
とりあえず刀剣や土器なんかはわりと興味深く見ることができるんですけど、仏教美術や古文書の類は全然ダメ、良さがさっぱりわかりません。
国宝の屏風絵とかを見てもね、「んーーー」とかなっちゃうわけですよ。
まさに猫に小判。

というかね、絵の良し悪しを理解する以前に解説パネルの漢字が読めなかったりすんの。
作品の解説の中に「私淑した」とか書いてあったんだけど、読めないし意味もわからないしで解説すら理解できない状態。
これじゃ「知」どころか「恥」だろと。

いやほんと、自分の無知っぷりを再確認しに行ったような感じでした…

でもね、こんなバカな俺でも心を揺さぶられる品に出会いましたよ。
それがコレ。



黒電話!!

いやー懐かしい、うちも昔は黒電話だったんだよなぁ。
ダイヤルをジーコロロと回すあの感触は今でも記憶に残ってます。

ってちょっと待て、これ展示品じゃなくて館内での連絡用に今も使われてる品だってば!


肉が襲ってきた  2007/01/24

最近、風呂あがりに鏡を見ると妙な違和感をおぼえます。

…なんか、肉が増えてないか?

お腹の辺りを見るとですね、なんかポテッとしてるんですよ。
浮き輪みたいにお腹をグルっと一回りしてる妙な厚み…
試しにつまんでみると、それは確実に肉、どっからどう見ても脂肪です。

やばい、なんか物凄い勢いで肉が付き始めてる…

去年はなんとか現状維持で過ごせていたのに、なんでこんなことに…
やはり、体重計に乗らなくなったのが原因だろうか。
実はですね、日課だった体重チェックを去年の年末から今日まで、まったくしていないんです。

毎日体重を計っていた頃はちょっとの体重変化も気にしていたはずなのに、今は体重を意識することすらありません。
というか、むしろ体重のことを意識的に避けてるような感じです。
一度体重を計り忘れてしまうと、体重増の恐怖からますます体重計から逃げちゃうみたい。

そんな見て見ぬフリを一ヶ月…
気が付けば肉が体にまとわり付き、確実に太った体がそこにあるわけで…

あー、俺は今、一体何キロくらいあるんだろう…

……………

だめだ、やっぱり体重計には恐くて乗れない…
とりあえず部屋にある食べ物を全部食べ切ってからにしよう…
うんそうだ、そうしよう…


久しぶりに動物園  2007/01/25

年間パスが切れてしばらく行っていなかった上野動物園へ久しぶりに行ってきました。

で、今回は以前から気になっていた携帯情報端末を借りてみることにしました。
この前は国立科学博物館でPDAを借りましたが、上野動物園にも似たようなのがあるんです。
使い方はほとんど一緒で、展示されている動物についての詳しい情報をこの端末で引き出せるようになっています。



動物の小屋の前には画像のようなプレートがありまして、そこに端末を近付けると液晶にその動物の情報が表示されます。
動物によっては動画で食事の様子を見れたり、鳴き声を再生できたりと、それなりに楽しいです。
ただ、動画を扱ってるせいかバッテリーの消費が激しいんですよね…
事前にバッテリーのもちは2時間程度と聞いてましたが、結局1時間半でバッテリー切れ。
バッテリーの交換に応じてくれるかは確認しなかったんでわかりませんが、無料の貸し出し、しかも30台しか用意されてないPDAなんで、バッテリーが切れた時点で返却しちゃいました。
PDAに限ったことじゃないですが、バッテリーはもっと進化してほしいですね、ほんと…

そしてこのPDAを返却する時のことなんですが、利用したPDAについてのアンケートに答えてくださいってことだったのでちょちょいと感想を書いてきました。
そしたらアンケートのお礼にってことでポストカードを貰っちゃいました。
タダでPDAを貸してもらった上にポストカードまで…
手紙を出す相手がいないとはいえ、嬉しいもんです。

しかし、こんなサービスまでしてもらったというのに、俺って奴はアンケートに嘘を書いてしまいました…

アンケートの上の方、職業の欄…
「無職」という項目があるのに、「会社員」の方をチェック…

うう、嘘をついてごめんなさい…


かっぱえびせん並に止まらない  2007/01/26

台所にサツマイモがいっぱい転がってました。
なんでこんなにあるんだろうと不思議に思ったら、母のひと言。
「これ、アルミホイルで巻いて石油ストーブの上に置いておけば焼き芋になるから持っていきなさい」

ほー、ストーブの上に置いておくだけで焼き芋ですか。
そこまで簡単なら超面倒臭がりの自分にもできそうだ。
というわけで、石油ストーブを使って焼き芋作りをしてみることにしました。

小さめのサツマイモをアルミホイルで巻いて、それをストーブの上にポン。
時々ひっくり返しつつ、一時間ほど置いておきます。
すると部屋の中に、ほわほわと焼き芋の美味しそうな匂いが…

んー、そろそろかな…
と、アルイホイルを開いてみると、そこにはホッコホコのサツマイモが。
おお、ストーブの上に置くだけでこんな美味しそうな焼き芋ができるもんなのか!

早速ひと口食べてみると…「美味い!!」
火傷しそうなほどでちょっと熱すぎるけど、久しぶりに食べた焼き芋の美味しいこと。
いやー、これ良いっすわ。

で、あまりに気に入ったもんだから、午後にももう一本、ストーブの上で焼き芋を焼いて食べちゃいました。

……………

って、ちょっと待て。
お前、この前「体重がヤバイ」とか言ってたばっかりじゃねえかよ!!


気になる、すごく気になる…  2007/01/27

信号待ちの際、何気なくすぐ横にあった街灯の柱を見ると、チラシが貼ってありました。
タバコくらいの大きさの小さなチラシなんですが、そこには「仕事あります」の文字。
どうもアルバイト募集のチラシらしい。
でもこれがなんとも凄くて、大きな字でこんなことが書いてあります…

日給3万円。
月75万保証。

すげええええええ!!
日給3万かよ!
しかも年齢不問、身分証明さえあればOK。
条件が緩くてこの高収入、なんと素晴らしい!!

そしてチラシの端にはこんな一文が。

「安全な仕事です」

……………

ダウト!ダウトォォォォッ!!


二兎追う者は…  2007/01/28

今、自分には二つの選択肢があります。

オナニー、もしくはご飯。
どっちもしたいけど、どっちでもいい。
んー、どっちを取るべきか…

そこでふと考えた。

性欲と食欲は両立できるのだろうか?
ちょっと気になったので、エロビを見ながらご飯を食べてみることにした。
確か1000円くらいで買ってろくに見ていなかったエロDVDがあったはずなので、とりあえずそれを再生。
そしてカレーうどんを食べながらそのエロ映像を鑑賞。

ズズズとうどんをすすりつつ、女があーんあーんと喘ぐ映像を眺める俺。
しかし放置したDVDだけあって、出演者は微妙。
そのせいかわからんけど、チンコの方はピクリともしません。

むー、食欲と性欲の場合、食欲の方が優先順位は上なんですかね…
カレーうどんを食べることに夢中で、エロDVDの方は正直「ふーん」てな感じです。

ところが…
ぼんやりと画面を見ながらうどんを啜っていると、突然、肛門のどアップ。
ええーっ、飯を食いながらだからあえてモザイク付きのDVDを選んだってのに、なんで肛門がバッチリ映ってるんだよ!
最近はデジタルで編集できるから、こういうのもアリなんだろうか?
というか、なにもカレーうどん食ってる時に肛門を映さなくても…

さっきまでは「性欲よりも食欲」って感じだったけど、思わぬパンチをもらって食欲減退。

これによって得られた結論は…

食欲と性欲の両立はムリ!!


長いけど、意外とはみ出さない  2007/01/29

鼻をかむと鼻水と一緒に鼻毛が抜けることがありますが、最近、この鼻毛が凄いことになってます。
ちょっと前に「鼻毛切るのをやめる」と決意して以来鼻毛を伸ばし放題にしているんですが、そのせいか抜ける鼻毛が物凄い長いんです。
鼻をかんでティッシュを広げると、そこには存在感バッチリの太長い毛が…
いやはや、ずいぶんと伸びてきたもんだ。

で、こうも長い鼻毛を前にすると、ちょっと正確な長さを知りたくなってきますよね。
俺の鼻毛はここまで伸びるんだ、っていう自分の可能性みたいなものを数値として把握しておきたい、とでもいいましょうか。
とにかく、「鼻毛の力」みたいなものを感じたいのです。

つーわけで、引き出しから定規を引っ張り出して、その上に鼻毛を置いてみました。
爪で鼻毛の端を押さえたら、もう片方をピンセットでつまんでピーンと張ります。
さて、鼻毛の長さやいかに…

俺の鼻毛は…2.7p!!

おお、2.7センチ!!
長い長いとは思ったけど、まさか2.7センチもあろうとは。
いやー、よくぞここまで伸びたもんだ。

正直言うとね、そろそろ鼻毛を切っちゃおうかな、なんて思ってたんですよ。
だけどやっぱりまだ切るのはやめておこう…
こうなったらね、3センチオーバーを狙いますよ!!

俺ならできる! 頑張れ鼻毛!!


キンタマ発見!  2007/01/30

今日、江戸川の土手で青くて小さな花がいくつも咲いているのを見かけました。



これは…オオイヌノフグリ!

あー、ついにオオイヌノフグリが咲くような時期になってきたんですね。
この花を見ると春が近いんだなぁとしみじみしてきます。
世間的には雑草ですけど、自分の中ではいちばん好きな花。

今の時期って毎年警備のバイトをしてるもんで、イライラというか、なんかこう溜まってるものがあるんですけど、オオイヌノフグリが小さな花を咲かせてるのを見つけると、ちょっとだけそういう気分から開放されます。
どこにでも咲いてる図々しさ、たくましさみたいのが羨ましいです。

で、オオイヌノフグリを見つけたのが嬉しかったので、今日のお昼は土手で食べることにしました。
青くて小さな花を眺めながら、コンビニのおにぎりをモソモソ…
おにぎりと一緒に、オオイヌノフグリが伝える春の足音を噛み締めました。

と、言いたいところですが…
土手の上はまだ空気が冷たくて、ジッとしてたら寒さで体がプルプル震えてきちゃいました。
ほんとの春はもう少し先のようです…


キンタマ縮んだ  2007/01/31

外出中、とある公衆トイレに立ち寄ったんですが、中に入ろうと歩いていると奥から人の話す声が聞こえてきました。
奥まで行くと小便器の所に男性が二人、間を空けて用をたしていました。
自分はこの二人が会話をしているんだと思い、二人の間に入らないよう一番端っこの便器の前に立ったんですが、なんだか様子がおかしいです…

「なんだってこんな場所に車が入ってくんだよ! おかしいだろ!」
理由はよくわからんけど、自分の隣の爺さんが妙にエキサイトしてます。
「なんで俺がお前…あーもう頭くる!」
爺さんは何かに怒ってるみたいなんだけど、もう一人の男性は黙ったままです。

あれ…もしかしてこの爺さん、一人でブツブツ言ってるだけなの…か?

「あの野郎、こっちのことも考えないで…なんなんだよっ!!」
やべえ、ちょっとアレな爺さんだったみたいだ。
よりにもよってそんな人の真横で用をたすことになろうとは…

「そもそも車なんて必要ねえくせに…まったくよお…」
恐くて爺さんの方を見ることはできないんだけど、まだブツブツ言ってます。
というか、自分が目の前の壁をジッと眺めてても、視界の端っこでなんとなく爺さんの動きが見えるんですよね。
そうするとね、なんかこっちを向きながらブツブツ言ってるのがハッキリわかるの。

「ちくしょう!!」

ちょ、そんなこと、俺の方を向きながら言わないでよ…
ビックリしてオシッコ止まったっつーの…




<<  前の月    TOP    次の月  >>



SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO