日記のようなもの

2008年03月

<<  前の月    TOP    次の月  >>



プチッときた  2008/03/01  84.0kg

以前、窓に梱包用のプチプチを貼って断熱効果を上げてみたのですが、窓に貼ったプチプチってしばらくすると剥がれてきちゃいますね。
貼るといっても霧吹きで窓を濡らしてプチプチを密着させてるだけだし、自分の部屋の窓は凹凸のある曇りガラスなせいもあって余計に剥がれやすいみたい。
さっきも何気なく窓を見たらですね、窓に貼ったプチプチの端がめくれていて今にも剥がれ落ちそうになってました。

で、こりゃマズイということで霧吹きを持ってきたわけですが、そんな事をしてる間にもプチプチはハラリと落ちてしまいそうな勢いでめくれてきちゃってます。
なのでとっさに手を伸ばしてプチプチを押さえたところ、なんとその衝撃で隣の窓のプチプチまでが剥がれ始めたではないですか!

「ヤバッ!!」
手に持ってた霧吹きを放り投げ、空いた手でそっちのプチプチも押さえる俺!
このとっさの判断のおかげでプチプチが完全に剥がれてしまうのは防げました。

……………

でも、この状態からどうやって貼り直すんだ?
左右の手で窓を押さえてるわけで、これじゃ貼り直しようがないんだけど…


緊張の一瞬  2008/03/02  84.0kg

この前、公園をブラブラしていたら道の隅っこで転がった紙切れを発見。
何気なくその紙に目をやると、その紙切れはなんとロト6。

「えええっ、なんでロト6がこんなとこに!?」

地面に落ちたロト6の紙を前に固まってしまいました…
これは一体どういうことか…

まあ、外れたロト6を道端に捨てたって考えるのが自然なんだろうけど、なんだかすごく気になります。
もしかしたら誰かが落とした物だっていう可能性もゼロではないし、そうなると外れクジかどうかもわからないワケで…

……………

っていうか俺はどうしたらいいのよ!?
目の前のロト6が当たりか外れかはわからんけど、これを拾ってしまうのは抵抗があります。
でも…でも拾わずに通りすぎるのにも抵抗があるんです!

ああ気になる! めちゃくちゃ気になるううううう!!!
で、情けないとは思ったのですが、落ちてたロト6の番号をさりげなーくメモ。
そいでもって家に帰ってからその番号を確認してみました。
はー、何やってんだろ、俺…
まあ自分の情けない行動の是非はともかく、ドキドキしながらネットで当選番号を調べてみると…

ハズレ。

……………

なぜだろう、ハズレだったことに安心してる自分がいた。


桜はまだかいな  2008/03/03  84.2kg

今日は梅を見に行ってきました。
もう結構咲いてるし、暖かな日差しもあってなかなか良い感じ…

と思ったのに、いざ写真を撮ろうとデジカメを取り出すとバッテリーが残りわずか。
ああもうっ!なにやってんだよ俺!!
ストーブの火とかはアホみたいに気にするくせに、なんでデジカメのバッテリーを確認しないかなあ!

なんか今にも電源が落ちそうな勢いでバッテリー切れのお知らせが点滅してるんで慌てて撮影したんですが、焦ったせいでピンボケばっかりでまともな写真は一枚も撮れず…
はー、なんと情けない。

でもまあ、これはアレですよ。
カメラなんか使わず自分の目で梅を楽しめと、そういうお告げみたいなもんなんでしょう。

というわけでベンチに腰掛けて、梅の木を眺めてぼんやり。
こうしてのんびり梅を眺めるのも悪くないですね。

ただ、やけに暖かかったせいもあって、ベンチに腰掛けていたらなんだか眠くなってきちゃいました。
気持ちの良い日差しを浴びているうちにそのままウトウト…

むー、梅を見に行ったのか昼寝をしに行ったのかよくわからん状況になってしまった…


フグリだらけ  2008/03/04  83.6kg

土手や田んぼのあぜ道でオオイヌノフグリが咲き始めました。



この花をあちこちで見かけるようになると、春もすぐそこなんだなぁと嬉しい気分になってきます。

ていうか、もう春ですよね。
今日も日差しが暖かいし、空に浮かんでピヒョヒヨロと鳴くヒバリの姿なんかを見てるともう春そのもの。
コートに手袋なんて格好をしてると暑くて仕方ないですもん。

で、どっかの歌詞みたく、もうすぐ春なんだからとコートを脱いでみました。
いやはや、ホントに春みたいな陽気でコートを脱いだくらいでちょうどいいですね。
オオイヌノフグリの咲くのどかな道をぶらぶら歩いてると、なんだかそれだけで幸せ〜。

なんて思ったのに…

何気なく背中に手を当ててみたら、なんとコートの下に着てたシャツに穴が開いてるじゃないですか!
「えええっ、なんでこんなとこに穴が開いてんのよ!?」
理由はわからないけれども、穴が開いてるのは事実。
さすがに穴の開いたシャツを見せびらかして歩くわけにもいかんので、慌ててコートを羽織り直しました…

せっかくの春が冬に逆戻り…


奇面フラッシュ  2008/03/05  83.8kg

今日は出かけるのに車を使ったんですが、信号待ちの際、バスの後ろについちゃいました。
たぶん遠足かなんかだったんでしょうかね、バスには小学生らしき子がいっぱい乗ってて、一番後ろの席の連中がこっちを見てるわけですよ。
なんか手とかまで振ってきやがって、こっちに対して明かに反応を要求しています。
こういう時、いつもの自分なら気付かないフリをするか、せいぜいフヒヒと愛想笑いをする程度なんですが、今日は思うところがありました。

「このガキどもに一生記憶に残るほどのインパクトを与えてやりたい!」

ほら、自分自身の記憶を振り返ると、どうでもいいのに忘れられないモノってないですか?
子供の頃にチラリと見ただけなのに、大人になっても何故か記憶から消えない人や物って誰にでもあると思うんですよ。
自分もね、なぜか子供の時に見たキオスクのおばちゃんの顔が忘れられません。
なのでそういう、一生忘れない「映像」を自分が与えられたら面白いかなぁ、なんて思っちゃったわけなのです。

というわけで、とりあえず下を向いた状態で顔が見えないようにしつつ表情を作ってみます。
何を見たら、何を食ったらそんな顔ができるんだ、みたいなあまりにも奇妙な表情を作る俺。
この強烈な顔をバスのガキどもに突き付けてやるのだ!

「見よ!! 全力を出しきった俺のこの顔を!!」

…が、しかし!
ガバッと顔を上げるとバスはすでに走り出してて、表情がわからないくらい先を走ってました。

……………

俺こそが今日という日を忘れない。


ハッとした瞬間  2008/03/06  83.2kg

道を歩いている時、前から来た人を避けようとして、相手と同じ方に動いちゃうことってありますよね。
マズイと思って逆方向に動くと相手も同じように動くもんだから、何度もかち合っちゃってすんごい気まずいの。
ああなっちゃうともう苦笑するしかありません…

で、実は今日もそんな出来事に遭遇しちゃったんですよ。
ただし、相手は人ではなくハト。

自転車でサイクリングロードを走っていた時のことなんですけど、前方にハトを発見。
まあ相手はハトですから、すぐこっちに気付いて飛んでいってしまうだろうとあまり気にもしてませんでした。
ところがこっちに気付いていないのか、自転車がかなり近付いても知らん顔。

こりゃまずいとハンドルを切りつつ慌てて減速したのですが、ハトもこの瞬間に気付いたようで、こっちと同じ方向にトコトコと走りだすではないですか。
「ちょっ、ぬあっ!!」
ビックリしてハンドルを切り返すとハトも向きを変えて同じ方向にトコトコ。
ならばとまたハンドルを切り返してもやはりハトは同じ方へとトコトコ。

ああもうっ、お前何なんだよっ!!

いくら避けてもハトがついてくるので、ハトの目の前で自転車を急停止。
危うくハトを轢いてしまうところでした。

しかしハトの方はそんなことはお構いなし。
こっちの気も知らず、首をカクカクと高速運動させながら草むらへと消えていきました。
くそっ、俺の方が豆鉄砲を食らったような顔になったっつーの。


リアルゴールドは瓶で飲んでこそ!  2008/03/07  83.6kg

自販機でこんなのを見つけました。



リアルキアイダー。
アニマル浜口の顔が印刷されたなんとも変な飲み物…
よくもまあ次から次にこういう商品が出てくるもんです。
まあ、つい買っちゃう自分みたいのがいるからなんでしょうけど。

しかしこれ、よく見るとリアルゴールドがベースの商品みたいですね。
リアルゴールドにカフェインをプラスして、より「気合」が入る感じにしたと。

んー、リアルゴールドがベースならマズイってことはなさそうだし、うっかり昼寝しちゃって頭がボーッとしてる今こそ、これを飲んで気合を入れてみるか…
というわけで、部屋に転がしてあったリアルキアイダーをグビリ。

…ぬるい。

冬だから冷やさなくてもいけるかなと開けてみたけどこれが大失敗。
味は問題無いけど、微妙な温度なせいかいまいちピンときません…

「シャキッと元気!!」どころか、むしろ気が抜けてしまった…


近すぎ!  2008/03/08  83.0kg

しかしヒヨドリってのはこれほど図々しい鳥だったんですね。

この前、コンビニで買ったパンを食べようと公園へ行った時のことなんですけど、ベンチに座るなりヒヨドリが襲来。
カラスやスズメなら遠巻きに様子をうかがう程度ですが、ヒヨドリはベンチの上にまで乗ってきます。
そいでもって自分のすぐ脇に置いておいたコンビニの袋に近付いて、中のパンを突っつこうとするんですもん。
以前にもヒヨドリが寄ってきた事があるけれど、まさかこれほど人を恐がらないとは思ってもみませんでした。

で、さすがにこれだけ図々しい鳥だと不用意にエサをやるわけにもいかんので慌ててパンを隠したのですが、それでもヒヨドリはあきらめません。
ヒーヨヒーヨと大きな声で鳴きながら自分の周りをウロウロ。
ついには自転車の上にまで乗っかられちゃいました。



おいおい、乗るな乗るな!!
ヒヨドリの奴め、自転車のド真ん中もド真ん中、メーターの上にドーン。
一番良い場所に乗っかりやがった。
おいコラ、図々しいにもほどがあるぞ!

でも、こうして自転車のセンターにどっしり構えられると、ちょっと格好良くも思えてきたりして…
船の船首にある像みたいというか、ロールスロイスのエンブレムっぽいというか、なんとなく自転車が豪華になった気分。

というわけで、今日からこの自転車を「ヒヨドリ号」と呼ぶことにします。


ババ抜きのババ的アイテム  2008/03/09  83.4kg

買い物をした時のお釣りにやたらと汚い10円が混ざってることってありませんか?
白いカビみたいのが生えてたり、黒ずんでたりと、どうすればここまで汚くできんのよ、みたいなの。
別に10円としての機能は問題ないんだけど、ああいうのが自分のお釣りに混ざってるとガッカリしてしまいます。

実は今朝もコンビニで買い物をしたら白い粉をふいたみたいな10円が混ざってまして、朝っぱらから微妙な気分…

あまりイイ気分ではないですし、こういうのはさっさと使ってしまいたいんですが、いざ使うとなるとそれも抵抗ありませんか?
自分がこういう汚い小銭を出すとまるで自分が汚したみたいというか、店員さんに「うわ、ナニこれ!?」みたいな顔をされるんじゃないかと気になっちゃいます。
なので、出そうか出すまいか迷っているうち、結局使わずじまいで財布の中に汚い10円だけが残ってしまうという…

でも、やっぱりさっさと使ってしまいたい気持ちは変わらないので自販機へ。
大して飲みたくもないジュースを買って、無理矢理10円を使ってしまいました。

あー、セコイ!!
自分のこういうみみっちい性格イヤッ!!


早く杉ろ…いや、過ぎろ!  2008/03/10  83.4kg

昨日あたりから鼻がつまったり、目がなんとなく痒かったりと、なんとなく花粉症っぽい症状が出てきました。

しかしこれ、本当に花粉のせいだろうか?
というのも自分の部屋が今、ものすごく汚いんです。
ゴミや埃や食べカスやらが散乱してて、床を指でなぞると謎の粉と毛が指にガッツリとくっ付いてくる状況。
これじゃ体調の変化が花粉のせいか埃のせいかわかったもんじゃありません。

なので今日は部屋の片付けをすることに。
雨降りだと花粉を気にせず窓を全開にできるので、今日みたいな日は絶好の掃除日和ですね。
散らかった荷物を棚に押し込んで、ホウキでせっせと掃き掃除。
すると埃の凄いこと凄いこと…
毛が混じった綿埃が手のひらにこんもりと乗るくらいの大きさで集まってしまいました…

うー、これじゃ花粉があろうと無かろうと目が痒くなるだろ…

なんて思いながら部屋の片付けを済ませたわけなのですが、掃除が終わった今、これを書いてる最中もなんだか目がショボショボ。
てことはやっぱり花粉の仕業…なのか?
ならば…

「めがしょごしょぼするなら、と時てシマエホトトギス:」
(目がショボショボするなら、閉じてしまえホトトギス)

と、目を閉じてキーを打ってみましたが、やっぱりちゃんと入力されてない…
ああもうっ、痒いのイヤッ!!
早く花粉のシーズン過ぎてくれ!


カサカサカサ…  2008/03/11  84.0kg

今日は葛西臨海公園のなぎさで砂浜を散歩してきたんですが、ここのなぎさって岩場もあるんですよね。



場所によってはこんな風に岩を並べて石垣みたいにしてあります。
ちょうど砂の上を歩くのにも飽きてきたところだったので、気分を変るべくこの岩の上を歩いてみました。
弱り気味の足腰を鍛えるにはこういう場所をヒョイヒョイ歩くのも悪くないはず。

というわけで岩の上を歩いていたわけですが、岩場を歩いているとですね、岩の隙間に何かチラチラと動く物が見える気がするんです。
最初は隙間にたまった草か何かがそよいでるのかと思ったけど、よく考えたら今日はほぼ無風。
じゃあ一体何が動いてるんだ!?
不思議に思ってよーく見てみると…

「!!」

岩の隙間で動いていたのはなんとフナムシ!!
よく見たらそこかしこにフナムシがいて、岩の隙間を高速で移動してるじゃないですか!

「ノオオオオオオオ!!」

その事実に気付いた瞬間、顔が真っ青。
ゴキブリが苦手なんでフナムシも当然アウト、高速で走り回るその姿を見ただけでクラクラきます。

ダメだ、とにかくここにはいられない…
と、慌てて岩場を離れようとしたら、慌てすぎて足をグキッ。
よろけて膝をついたら、それに驚いたフナムシがさっき以上にワサワサ走り回るもんだからさらにパニック。

「うわあああああ!!」

うう、もう岩場には近付かないぞ…


キン肉マン的でもある  2008/03/12  83.8kg

花粉が飛びまくる今の時期、街を歩くとマスク姿の人を多く見かけます。
以前は四角いマスクばかりでしたが、最近は立体マスクっていうんですかね、なんというかこう顔にピッタリフィットするマスクをした人も増えてきました。

でも、あの立体マスクってちょっと恐くないですか?
ヤンキー漫画とかでああいうマスクを付けたキャラがいたせいか、普通の四角いマスクよりずっと威圧感があるというか…

この間もね、塀で隠れた曲がり角で出会い頭に立体マスクの人と遭遇したんですよ。
いやもうホントびっくりしましたよ。
なんかキツめのパーマ当てた人で、そのパーマにプラスして立体マスクでしょ。
なもんで、ヤンキーど真ん中の人に遭遇しちゃったと思ってこっちはビクッ!!

ところがよく見たら、目の前にいたのは単なるおばちゃん。

まーぎーらーわーしーーーーー!!


色々と痒い時期  2008/03/13  84.2kg

自転車であちこちに出かけるようになって何年か経ちますが、あちこち行ってると記憶が曖昧になってくるというか、行ったはずなのにどこにあるか思い出せない場所ってのが結構出てきますね。

以前、山の中にある大きめの公園に立ち寄ったことがありまして、もう一度その公園に行ってみたいなぁと記憶を振り返ってみるんですが、その公園自体の記憶はハッキリしてるのにそこまでどうやって行ったかが思い出せないんです。
他にも線路沿いののどかな道、自転車一台がようやく通れる小さな橋、などなど、もう一度行きたいのに行き方のわからない場所がチラホラ…

なので今日はそういった幻の場所をもう一度見つけられないかと街に飛び出してみました。
薄い記憶を頼りに、あまり通った記憶がないけど一度くらいは通ったことのありそうな道を選び、あちこちウロウロ…
しかし記憶にないだけあって、いくら探しても見つからないですね…

「こっちの方だったんじゃないかなぁ…」なんて走ってみても、それらしき景色に出会うことはなく、全然イメージと違う場所。
「ならこっちはどうだ!」と走っていたら、いつの間にかよく知ってる道に出てきちゃったりして、記憶の中の「あの場所」にはいつまで経っても辿りつきません…
ああもうっ、もどかしい!!!
わかるのにわからないこの状況、なんかもう頭の中を掻き毟りたい気分です。

で、一日ブラブラしたというのに、結局目当ての場所には辿りつけなかったという…

というか、家に帰ってきてから今日走ったルートを思い出してみたんだけど、今日見た景色の中にも、どの辺りで見た景色なのか思い出せない場所があったりして…
もしや、これはちょっと頭が弱ってんじゃないだろうか…


何万年だ!  2008/03/14  84.0kg

この前、日本庭園をブラブラと散歩してきました。
公園の中にある誰でも自由に入れる庭園なんですけど、池の中に大きな鯉が泳いでいたり、渓流のような水路があったりして、ぼんやり過ごすには良い場所です。

で、その庭園で鯉や景色の写真を撮ったりしながら春の一日を満喫したわけですが、家に帰ってから画像の整理をしているとこんな写真を発見。



最初は単なる普通の景色だと思ったんですが、よく見ると岩の上に亀だらけ。
奥の方まで合わせると13匹もいやがんの。

なんでこんなにいんだよ!!


スッキリ…しない  2008/03/15  83.4kg

この冬ちっとも髪を切らずにいたので、いつの間にかべーしっ君みたいな頭になってしまいました。
さすがにこれだけ伸びると鬱陶しいし、そろそろ切らなきゃいかんということでハサミを手にお風呂場へ。
いつものことですが、風呂場に新聞紙を敷いて全裸でカット。
春の気配を感じるようになってきて、裸で髪を切っても平気な気温になってきました。

しかし最近は視力が落ちてきたのか、鏡に顔を近付けてカット具合を確認しなければならないのが辛いです。
なんていうんですかね、自分の顔をまじまじと眺めてるとすごくグッタリきます…
顔の作りもそうだし、特に肌の汚さとか見てると「なんだお前…」みたいな気持ちになってくるというか。
普段から鏡を見ないよう見ないようにしてるから、たまにこうして顔を見ると余計そうなっちゃうんでしょうね…

でも本当に「なんだお前…」と言うべき部分って、実は別な場所にあったり…

髪を切り終わった後、切った髪を一ヶ所に集めてた時のこと。
こんもりと山のように集まった髪を見た自分は、何を思ったのかその毛をチンコの上に乗っけまして、「ボーボー!!めちゃボーボー!!」とかやってんですよ。

……………

といわけで、あらためて言います。
「なんだお前…」


常夏の部屋  2008/03/16  83.6kg

最近は暖かい日も増えてきて「いよいよ春だなぁ」なんて思ってましたが、今日は暖かいどころの騒ぎじゃありませんでした。

今日は一日ずっと部屋にいたんですけど、なんか汗ばむんですよね。
PCの画面を眺めてると顔がボーッとしてくるし、曲げた膝の裏側もジトジト…
で、何気なく部屋にぶら下げた温度計を眺めると、その数字はなんと27度。

「夏かよ!!」

ストーブをつけたわけでもないのに、25度を越えちゃいました。
そりゃ暑いわけだ、27度って半袖でオッケーな気温じゃんか…
つか、今の時期からこんな室温じゃ夏場はどうなっちゃうのよ…

まあ、窓を閉め切ってのこの室温ですから、窓を開けたらちょうどいいくらいの気温にはなってくれたんですけど、花粉の飛び交う今の時期に窓を開けるのも辛いものがありますね。
午前中はわりと平気だったのに、窓を開けた午後は鼻水鼻づまり、喉の痛みと花粉症のオンパレード。

ああもうっ! 鼻分解して洗いたいっ!!


苦手ゾーン  2008/03/17  84.8kg

ずいぶん暖かくなってきてコートもいらなくなった今日この頃。
暖かいのは悪くないんですが、今のうちに服を買っておかないと春に着る服がありません…
何枚かあるうちの一枚もこの前破れちゃったし、このままだとちょっとマズイ。
というわけで服を買いに外へお出かけ。

しかしいつもの事ですが、服屋ってのはやっぱり居心地が悪いもんですね。
「いらっしゃいませー」なんつって店員さんがこっちをチラッと見たりすると、それだけでなんかモゾモゾしてきます。
「服?お前が服なんか買いに来たの?プッ!」的に思えてきちゃうというか、なんというか…
もちろん店員さんは客のことなんかイチイチ気にしてないんだけど、自分の中ではやっぱりダメなんですよね、あの雰囲気。

あと、立ち止まって服を見てると声をかけられそうで恐かったりもして…
いつ声をかけられるんじゃないかと気が気じゃないんで、興味のある品があっても立ち止まらずに通過。
別な所を回りつつ、戻って来た時に再び確認、なんてことをしちゃってます。

服屋でヒット&アウェイって何してんだよ、俺。
むしろ不審じゃねえか…


気になる…  2008/03/18  84.4kg

最近、ちょっと気になっていることがあります…
とりあえずこの画像をごらんください。



うちの近所の道路なんですけど、ちょっとわかりにくいですが歩道のとこに棒がいくつも立ってます。
これ、いわゆる反射板らしいんですが、てっぺんに太陽電池のパネルが付いてまして、夜になると昼に溜めた電力で点滅する仕組みのようです。



上に乗った四角いパネルが見えるでしょうか。
まあ、こういうのはどこでも見かける普通の品なんでそれ自体は何とも思いません。
ただ、もう一度いちばん上の画像を見てもらいたいんですけど、どうしても気になる部分があるんです…

あのですね、いちばん手前の反射板だけ、太陽電池のパネルが何故か逆向きなんですよ。



なぜだ!? 何故お前は太陽に背を向けて生きるんだ!!
気になる、すっごい気になる…


さらに気になる…  2008/03/19  84.0kg

世の中には気になることが山ほどありますが、以前見かけたこの川もすごく気になります…



埼玉を流れる川、隼人堀川。
これを見た時、思わず人の名前と勘違いしそうになっちゃいました。
「ハヤト・ホリカワ」、どう考えても人名です。
この看板をジッと見てると人の名前として考えた方がしっくりきて、川の名前と考えるとむしろ不自然に思えてきませんか。
なんかもう、自分の中では「ハヤト・ホリカワ」としてしか考えられなくなってます。

で、これを人の名前と考えると、上の「一級河川」って文字も別の意味に思えてきちゃいます。
一級建築士とか、なんかそういう肩書きっぽく思えるというか…
一級河川、ハヤト・ホリカワ。
名字と名前が逆になってる辺りが、アメリカ帰りの凄腕っぽい雰囲気です。

ああ、ハヤト・ホリカワ、一体どんな人なんだろう…

てな感じで、この川を見た日はずっとハヤト・ホリカワがどんな人なのかをアレコレ想像しながら過ごしたのでした。


最近セクシー  2008/03/20  84.2kg

家にいる時は部屋着としてジャージを履いているのですが、最近、ちょっと困っています。
最近ゴムが緩んできたようで、ちょっとしたことでジャージがずり落ちてきてしまうのです。

ちょっと階段を駆け上がろうものなら、一歩また一歩と踏み出す度にジャージがズリズリ…
階段を上りきる頃にはケツの半分くらいまでジャージがずり落ちてしまってます。
おまけにパンツのゴムも緩いもんだから、ジャージと一緒にパンツも下がっちゃってケツそのものがこんにちは状態。

ちょっとした衝撃でジャージが下がってくるんで、部屋で音楽を聞いてる時なんかも、ちょっと気分良く踊ったりしたらケツが登場。
俺がケツを出したからって誰も得しないってのに…

で、そんなにゴムが緩いならゴムを換えるなり紐で結ぶなりすればいいんですけど、自分にはそれすら面倒臭いらしく、相変わらずゴムが緩いまま放置しています…

しかし、だからといってケツを出すのは嫌。
じゃあどうするかって話ですが、色々と考えてみて自分の中で折り合いがつきました。

激しく動くとジャージがずり落ちる現状の解決策は「激しく動かない」。

階段を駆け上がるのをやめて、穏やかに昇り降り。
何をするにもワンテンポ遅いくらいのペースにしてみました。
美川憲一くらいの速度で暮らそうと、つまりそういうことです。

……………

つか、そっちのが面倒だろ…


スニッカーズだけはナッツぎっしりがイイ  2008/03/21  84.4kg

世の中にはピーナッツ入りのお菓子が結構あります。
柿の種、キャラメルコーン、などなど…

別にピーナッツ自体は嫌いじゃないんですが、お菓子に入っているピーナッツはあまり好きじゃありません…
ピーナッツって袋の底にたまっちゃうから、お菓子を美味しく食べてても最後にピーナッツだけが残っちゃうことが多くてなんとなくガッカリしちゃうんですよね…
そういう状況はなんとしても避けたいので、柿ピーなんかだと先にピーナッツだけを食べちゃったりして、ピーナッツをあまり歓迎していないのが現状です。

でですね、実は今日もピーナッツ入りのお菓子を食べたんですよ。
何を食べたかというと「どんどん焼き」。
餅太郎とかと同じタイプの、あられが入った20円くらいの駄菓子です。

ただこれ、最初はピーナッツが入ってるとは思ってなかったんですよ。
単なるあられ菓子として普通にムシャムシャ食べてました。
そしたらですね、食べ終わろうかという最後の時、袋の底にピーナッツが一粒だけ入ってるのを見つけたんです。
どんどん焼きは3つ買ったんですが、どの袋も入っているピーナッツは一粒だけ…

ピーナッツは嫌いなはずなのに、一粒しか入ってないと寂しい気持ちになるのは何故だろう…


我が家はミスジハエトリばかり  2008/03/22  84.0kg

ここ最近、部屋の中でハエトリグモの姿をちょいちょい見かけます。
パソコンをいじっているとキーボードの裏からピョコと顔を出してきて、そのままキーボードの上をピョンピョン。
壁も天井もお構いなしで、部屋のあちこちを元気に走り回る姿がなんとも可愛いです。

ちなみにこのハエトリグモ、巣を張るタイプのクモではないのでエサとなる小さな虫を飛びかかって捕まえます。
結構アグレッシブなクモなんですね。
で、こんな性格のクモですから、聞いた話によるとPCのモニターに映ったカーソルにも飛びかかってくるらしいんですよ。

クモの前でカーソルを動かすと、クモはそれをエサだと思ってガバッ!!

そんな面白い話を聞いたら、やっぱり自分で試してみたいじゃないですか。
てなわけで、ハエトリグモを部屋で見かける度、なんとかしてモニターに乗せようと頑張ってます。

しかしハエトリグモのやつ、キーボードの上を歩くのは好きなくせにモニターへはちっとも行ってくれないんですよね…
キーボードとモニターの間に耳かきを立て掛けて橋を作ってみるんですが、そこへ追いたてても上へは行かず下へ下へと逃げてっちゃいます。
手で捕まえて直接モニターに乗っけようにも手を近づけるとダッシュで逃げられるし、全然モニターに乗ってくれません…

かと思えばですよ、
朝起きてPCの電源をいれようかなぁとPCの前に行くと、真っ黒なモニターの上をトコトコ歩いてたりすんの。

PCつけてない時に限って何でいるんだよおおおおおお!!


星座も春っぽくなってきました  2008/03/23  84.4kg

そろそろ4月ということで、プラネタリウムでは春の新番組へと入れ替えが進んでいます。
近所の科学館も春の新番組が始まっていたので、今日はプラネタリウムで星空を眺めてきました。
正直、日曜日に出かけるのはあんまり好きじゃないんですが、そこのプラネタリウムは日曜でもお客さんはまばら。
人が多いかなぁと覚悟してたんで、平日と大差ない状況に拍子抜けしちゃいました。

しかしいくら人が少ないとはいえ、のんびりしてるとイイ席を取られちゃうのは平日も休日も同じ。
なので入場可能になったらすぐに入ってしまわなければなりません。
ですが、開場してすぐ中に入っても、実際に上映が始まるのって15分くらい後なんで、待ってる間が結構ヒマなんですよね。

このヒマな待ち時間をどうしてくれよう…

そこで思いついたのが「目を閉じる」こと。
プラネタリウムって部屋が暗くなってもしばらくの間は目が慣れてなくてよく見えないんですよね。
だったら先に目を閉じておいて、目を慣らしておいたらいいんじゃないだろうか。
それに目を閉じたまま上映開始を待って、目を開けた瞬間に星空が広がってたら結構気持ち良さそう。

というわけでシートを倒した状態で目を閉じ、そのまま上映開始を待ちました。

が、しかし…
シートを倒して目を閉じたらどうなるか、そんなの決まってます。
昨日あまり寝てなかったせいもあって、そのままシートでウトウト。
パッと目を開けた時には半分くらい上映が過ぎちゃってました…
しかも目を開けたら真っ暗なもんだから、一瞬自分がどこで何をしてるのかわかんなくなってやんの。

はー、もう一度見に行くか…


寝るのも結構エネルギーを使う  2008/03/24  84.2kg

寝る時には毛布と掛け布団をかぶって寝ているのですが、今朝起きたら毛布が布団の隅っこに追いやられ、掛け布団だけになってました。
最近は暖かくなってきましたから、掛け布団と毛布じゃ少し暑すぎるようです。
あー、少し前までは布団の暖かさが最高の幸せだったのに、そんな幸せ気分もそろそろ終わりの時期ですかね。

ならば、今のうちに布団の暖かさをめいっぱい堪能しておこうかしら。
というわけで、今日は布団に潜り込んで一日ずっと寝てました。

朝から晩まで布団でゴロゴロ…
暖かい布団に包まれて良い気持ち…

のはずが、
これでもかってくらいに寝まくったせいで、起きたら頭が痛いのなんの。
布団も蹴っ飛ばしてどっか行っちゃってるし、布団の暖かさはちっとも堪能してなかったという…


卒業シーズン  2008/03/25  84.2kg

今日、上野へ行く途中に通りかかった小学校と大学で「卒業式」と書かれた看板を見かけました。
あー、もうそんな季節なんですね。
おめかしした子や真新しい制服を着た子が母親と一緒に小学校へ入ってくのを見ると、自分と無関係なのに何故だかグッときますね。

別れ、旅立ち、新しい一歩…
卒業ってのは人生にとって欠かせない大切な瞬間ですよね。
思い出すなぁ、自分の卒業式…

……………

ってあれ、ちょっと待て。
自分の記憶を振り返ってみると卒業式にこれといった思い出が無いんだけど。
大切な瞬間どころか、ささやかなエピソードすらないじゃんか…
なんなんだ、俺…

いや待て、俺にだってひとつくらいは卒業式にまつわる思い出があるはずだ。
記憶をさかのぼれば頭の隅っこにほら、卒業式の思い出が…

……………

と、頭の中をひっかき回したところ、卒業をキーワードになんとか引っ張り出せた記憶は二つ。

・ステージへ上がった女子が卒業証書を受け取ってお辞儀する瞬間、スカートの部分を凝視してた自分の姿。
・「卒業証書を受け取る時は両手を一緒に出すなよ!」と、しつこいくらいに注意してた先生の姿。

この二つだけ。
この二つだけが自分にとっての卒業式の全て。

……………

これが本当に大切な瞬間…なんだろうか?


噛め…ない  2008/03/26  84.0kg

昨日は国立科学博物館で開催されているダーウィン展を見てきました。
皆さんご存知、種の起源でお馴染みのあの人です。

会場でダーウィンの生涯をたどる展示の数々を眺めてきましたが、やっぱり何かを成した人の生涯ってのは興味深いものがありますね。
本人はもちろんのこと、彼を理解し、支えた周囲の人たちも含めて、色んな出来事が詰まってます。

それにひきかえ自分ときたら…
何のイベントも起こらない、起こさない日々を過ごすだけで、なんの物語もありゃしない。
こういう凄い人の人生と比較すると、なんとも情けない気分になってきます…

……………

ま、そんな話はおいといて、ちょっとお土産の話。
科博の特別展にはわりとよく行ってるんですが、特別展へ行った時には何かしらお土産を買うようにしています。
何か面白い物はないかなぁとショップの品を眺めるのが結構好きなんですよね。

で、今回お土産として買ってきたのはガラパゴズゾウガメのチョコ。



写真じゃわからないですが、結構大きいです。
手のひらにちょうど乗るくらいのサイズで、なかなかリアリティのある形になってます。
んー、良くできてるなぁ。

でも、どこから食べたらいいんだ、これ…

結局、どう食べるか迷った末、また箱に戻しちゃいました。


オチの無い落ちる話  2008/03/27  84.4kg

桜も開花して春本番。
つーことで今日は東京の桜をあちこち見て回ってきました。

王子の飛鳥山公園を最初に、上野公園、不忍池、靖国神社、北の丸公園、千鳥ヶ淵、隅田公園と、都内をウロウロ。
なかでもいちばん楽しかったのは皇居周辺。



お堀の桜は斜め下に向かって伸びる感じがカッコイイです。
平べったい公園だとこうはいかないですからねえ。

とりあえず今日は靖国神社から北の丸公園を通り千鳥ヶ淵へと歩いたんですが、この辺りを歩くのって結構気持ち良いもんですね。
靖国神社は露店がいっぱいで賑やかだし、北の丸公園へ入れば都会のド真ん中ってのを忘れるくらいの静けさ。
そいでもって千鳥ヶ淵の見事な桜もあるわけですから、散策するにはホント最適の場所って気がします。

ちなみに今の開花状況は八分咲きくらい?
隅田公園辺りはまだ寂しかったですけど、他は今が見ごろ真っ只中って言えそうな状況で、ちょうど良い時期に見れた感じです。

しかしまだ桜が咲き始めたばかりだというのに、木によっては桜の花がハラリと落ちてしまっているものがあったりします。
早咲きの桜が散り始めたのかと思いきや、どこか変な感じ。
普通、桜が散る時は花びらがヒラヒラと舞うものですが、今日見かけたのは花びらではなく花そのものが降ってくるんですよね。



こんな感じで花としての形を残したまま地面に落ちてます。

実はこの舞い踊る桜の花はスズメの仕業。
桜の木に来たスズメは蜜を舐めるために花を千切ってしまいます。
メジロやヒヨドリはクチバシを花に突っ込んで器用に蜜を舐めるのですが、スズメはそういうのが苦手らしく、花を根元から千切って蜜を舐めるんだそうです。
そのためスズメが桜の木に来ると、こうして千切られた花がそのままヒラヒラ降ってくるという…

こんな風に花を千切られては桜もたまったもんじゃないですが、正直言うと自分はこれが結構気に入ってます。
桜の花がクルクルと回転しながら空から降ってくる様子ってのはサクラが散る時とはまた違った趣きがあるんですよね。

自転車で走っている時、桜の木からヒラヒラと花が降ってきたら自転車をとめて桜の木の下に立ってみます。
すると自分の前を桜の花がヒラリ、またヒラリ。
桜を見上げれば、枝の上をチョロチョロ飛び回るスズメの姿。
まるで舞台の天井からスズメが雪を降らせてくれてるようで、なんとも言えぬイイ気分なんです。

みなさんも、桜の花が降ってくるのを見かけたらスズメの姿を探してみてはいかがでしょうか。


1800平方センチメートルの春  2008/03/28  84.2kg

我が家のトイレは窓から隣の家の桜が見えます。
今の時期、窓をちょこっと開けておくと桜の花が小さな窓いっぱいに広がって結構キレイなんです。

で、今日トイレに入ったらですね、窓の外に見える桜の枝にヒヨドリが止まってたんですよ。
昨日書いたスズメは花を落としますが、ヒヨドリは桜の花にクチバシを突っ込んで器用に蜜を舐めてます。
ひとつ突っついたかと思うと隣の花、さらに隣の花へとクチバシが移動。
少し前まではヒヨドリの名前すら知らなかったのに、最近ではヒヨドリの姿を見かけるだけでホンワカしてくるから不思議なもんです。

そいでもってこの桜とヒヨドリの組み合わせ、結構イイ感じ。
トイレの中から見てるってことを考えなければかなり絵になる光景です。
というわけで、これは写真に残しておかねばと慌てて部屋に戻ってカメラを取ってきました。

ところが…
網戸が邪魔だったんでそっとそれをズラしたんですけど、その気配に気付いたヒヨドリはカメラを構える間も与えずにサッと飛び去ってしまいました…
公園で見かけるヒヨドリは数十センチまで近寄れるのに、普通に暮らすヒヨドリって思ったよりも用心深いのね…

はー、残念…
結局写真は撮れずじまいとなり、すごすご部屋に戻るのでした…

……………

ってやべえ!
トイレの水を流すの忘れてたっ!!


花粉を吸いまくって鼻がジンジンする…  2008/03/29  84.8kg

良い天気だったので今日も桜を見にブラブラしてきました。
飛鳥山からスタートなのはこの前と同じですが、今日は石神井川をさかのぼって東京の西へと向かいます。



コンクリでビッシリ固められ、深く掘り下げられた石神井川。
普段は殺風景な都会の川ですが、今の時期は桜がホント美しいです。
途切れ途切れではあるけれども、王子から石神井公園までの間にあちこちでこういう景色に出会えます。
川沿いの桜は距離があるから自転車で楽しむのがピッタリですね。

で、この後、石神井公園から井の頭公園へと向かったんですが、こっちは人だらけで桜を見てる余裕なんて無し。
名所だけあって見事な桜が咲いてはいるものの、あまりの人の多さに公園を通り抜けるだけでグッタリでした。

そんな井の頭公園を抜けたら神田川沿いを走って新宿へ。
ホントは新宿御苑でも桜を見るつもりでしたが、こっちも人だらけ。
やっぱり土曜は平日とは比べ物にならん人の数ですね。
金を払って人ごみを眺めてもしかたないんで、新宿御苑はスルーして帰ってきちゃいました。

はー、こんなことなら名所は平日に行っておくんだった…


辛いというより、しょっぱい俺  2008/03/30  85.0kg

なんでか知らんけど、唐突にモスのスパイシーチリドッグが食べたくなりました。
ハラペーニョでしたっけ、上に乗ってる辛いのが美味しくて、昔はよく食べたもんです。

しかしここ何年かはあの辛さと御無沙汰だったんで、久しぶりにあの辛さを味わいたい!
というわけで、ちょいと近所のモスまで行ってこようと決めました。

が、出かける前にちと確認。
最近のメニューはよくわからんので、まだ販売してるかどうかをネットで一応チェックしときます。
変なとこで几帳面な性格なんで、店に行く前にメニューを見て何を買うかキッチリ決めておかないと気持ち悪いんですよね。

で、事前にスパチリがまだ売っているのを確認。
他に何を買うかもシッカリ決めてから店へと向かいました。

ところがです。
いざ店に行ってカウンターの上のメニューを見るとですね、あるはずのスパイシーチリドッグがないんですよ。
ネット上のメニューでは、「プレーンドッグ」「チリドッグ」「スパイシーチリドッグ」とあるのに、カウンターのメニューには「プレーンドッグ」と「チリドッグ」だけ。
チリドッグの隣はモスライスバーガーになってるじゃないですか。

「えええっ、なんで、なんでスパチリ無いの!?」

こういう自分の予定と違う出来事が起こるとパニクるのがいつものお約束。
ありえない事態に「ぬっ、がっ…」と変なうめきを発しつつ固まってしまいました…

「どうしよう、どうしよう…」

と慌てる最中にも一秒二秒と時間は過ぎていきます。
この硬直中の妙な間がたまらなく恐い…

そこで仕方なくチリドッグを注文。
店員さんに何かを訊ねたりできない性格なんで、こうするよりないんです。

ところがところが…
注文し、料金を払った後で気付きました。
メニューの「チリドッグ」という文字の下に、しっかり「スパイシーチリドッグ」って書いてあるじゃないですか。



チリドッグとスパイシーチリドッグが同じ枠に入ってるとは思わなかったんで、完全に見落としてました…
家でメニューを確認して、さらに店でも確認したってのに、それでも目当ての物を買えない俺って何なんだろう…


元はとった  2008/03/31  84.8kg

今朝は雨降りだったので、傘をさしてコンビニへ。
自分が使ってるのは500円くらいのビニール傘なんですが、一体この傘、何年くらい使ってるんでしょうか…
先端の金属が錆びてるくらいだし、相当な時間が経ってるのは間違いありません。
物持ちが良いというか無頓着というか、何年も同じビニール傘を使い続けてることに自分でもちょっと驚いてます。

しかしこのビニール傘にもいよいよ寿命がきたかもしれません…

傘をしまう時、帯みたいのをクルッと一周させて傘をとめるじゃないですか。
アレがですね、傘をとめようと引っ張ったら切れちゃったんですよ。
きっと傘をとめる度にグイグイ引っ張ってたせいだと思いますけど、まさかこんな場所が切れるとは…
ビニール傘の最後ってのは強風でおちょこになって使用不能になるとか、そういう壮絶なものを想像してただけに、この地味な壊れ方はちょっと意外。

よく、下駄の鼻緒や靴ヒモが切れると縁起が悪いとかいうけど、ビニール傘の帯が切れるのは何の予兆なんだろうか…




<<  前の月    TOP    次の月  >>



SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO