戻る


北へ。  2004/06/04

暇だ。
暇すぎて退屈だから埼玉を縦断しよう。

そんなわけで埼玉の北、「利根川」を目指してチャリで出発しました。



出発地点は見沼大橋の下。
まあこの辺に住んでない人にはさっぱりでしょうけど、
この辺りには「見沼代用水」という水路が流れてまして、
その用水沿いを上流に向かえば利根川に着くのです。



水路沿いは「緑のヘルシーロード」と呼ばれる散歩、サイクリング向けの道が整備されています。
なので、「緑のヘルシーロード」を走っていれば、いずれ利根川に着く…はず、なのです。
まあ実を言うと、まだ上流まで行ったことがないので、ホントの所はよくわからないんですけどね。




さいたま新都心のビルが見えます。
水路沿いは畑、田んぼばかりなのに、ちょっと走ればあんな立派なビルもある。
田舎なのか都会なのかわからない…



ずんずんと一時間ほど走ったのですが、このあたりから先は未知の領域。
事前に地図で下調べはしているんですが、
他の川との合流や交差もあったりするから、迷いそうでちょっと不安…

しかし、心配無用!



ヘルシーロードにはちゃんと道案内の看板があるのです。
これを目印に進めば迷ったりしません。
しかも交差点の手前では、「止まれ」の看板付きで安全への注意を促してくれます。



「とまれ」の女の子。
惚れた!!
俺は信号を律儀に守る女が大好きだ!
ヘルシーロードだからヘルシ子と呼ぼう。
ヘルシーロードのまさに看板娘。

ちなみにこの「とまれ看板」、ヘルシ子以外にも色んなキャラが登場します。



ヘルシ夫
半笑いなのが不愉快だ。



パンダ君。
服を着て人間ぶってやがる。



なのにトラ君はケモノ丸出し。
基準がわからねえ。



キリンさん。
お前は左右より頭上に気を配れ!



こいつは…ス、スヌー
い、いや違う、ただの犬っころだ。
アレのはずがない、あの犬とは無関係だ、きっと…



そんなヘルシーロードをずんずん北へ。



田んぼだらけ。
地平線?って思えるくらい遠くの方まで、ずーっと田んぼ。
まあ見沼代用水は田んぼに水をひくためのものだろうし、当然っちゃ当然だけど…
トラクターの落とした泥で舗装路なのに凸凹。



こんな感じの水門に何度か出くわす。
田畑に水を送るためには、こういった水門であれこれ調節するのだろうか。



何時間くらい走っただろうか…
いつの間にか水路の幅がずいぶん広くなった。

…道、間違えてないよね?



大丈夫!
ヘルシ子がいるかぎり、道に迷ったりはしない!
ありがとうヘルシ子!



上流は交差点が少なくて走り易い。
交差点があっても田んぼの中の道だったりするから車もめったに来ない。
田舎扱いすると怒られるかもしれないけど、バリバリの田舎に来た気分だ。
たまにすれ違うヘルメット中学生。
道を横切るヘビ。
そして何故かハトの色が違う。
俺が住んでる地域のハトより色が明るいぞ。


まあそれはともかく、気持ち良く走れる環境なのは間違いないわけで、
ついつい、いつもより強くペダルを踏み込んでしまう。




たぶんこのくらいの鼻息でチャリをこいでる。
気持ち的には俺も半ズボンだし。

しかし、こう日差しが強いと日に焼けそうだ…
こんな感じに…




つか、この2枚、同じ作者なのか?
似すぎだっての



まあいい、とにかく北へ。



ずいぶんと水の流れが強くなってきた気がする…
上流が近いのだろうか?



と思ったら唐突に利根川到着!!!!
いきなり目の前に現われた高い土手をのぼってみたらこの景色。
右に見える橋が利根大堰って奴ですよ。
でっかいわぁ、利根川…



これが見沼代用水の始点。
利根川の水がここから埼玉の南まで流れて行くのです…



ちょうど田植えの時期ってのもあるのか、水の勢いが凄い。



しかしなんだ、もっと大変かと思ったけど、意外とすんなり到着してしまった…
家からここまで、大体65km。
俺はもっと距離があると思ってたので、今日は朝の4時半に出発したんです。
なので、利根川に到着した今の時間は午前9時にもなってない…

時間も体力も余裕あるし、こりゃ利根川沿いも走っちゃうかー!

なんて思った俺の目に飛び込んできた看板…




だめだ、体から力が抜けてゆく…
こんなものが平然とある街にはいられねえ…

俺は逃げるように利根川を後にしたのでした…


戻る



SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO