戻る


猫まみれ公園  2004/01/30



冬の公園は非常に寒い。
北から吹いてくる冷たい風…
「平日の昼間から何してんだこいつ…」という、周囲の冷たい視線…
とにかく寒い。

でも、猫がいる。
ちょこちょこと俺についてきたかと思うと、ベンチにスタッ。


そのまま膝の上を占拠。
立ち退く気はゼロ。
池の方にいるカモをジーッと見つめてます。

実はこの猫、いっつも池のカモを狙ってるんですよね。
でも、遮蔽物がないから、忍び足で近付いてもカモにバレバレ…
こいつが狩に成功したのを見たことがありません…
カモに逃げられた後のトボトボ歩く後姿が切ないです。
…中にはハトとかを捕まえて食べちゃうような野性丸出しの猫もいるんですけどね。

とにかく猫の多い公園なんで、ちょっと歩くだけでもこんなに猫が見つかります。






ホントはもっといます。
鼻水たらしたのや、シッポがちぎれてるのや、目ヤニで目が開かないのや…
まあ、「グロ貼るな!」って怒られそうなんで貼りません。

でも、周囲が畑ばかりで住宅が少ないせいか、他の公園よりは猫に寛容な場所のようです。
猫の小屋とかまで作ってあって、猫たちはそこでそれなりの暮らしをしてるようです。
それが良いか悪いかはノーコメント。




戻る



SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO