戻る


桜 その1  2010/04/07

桜が咲く季節になると、その陽気につられてあちこち出かけてみたくなるもの。
というわけで、今年は桜を見に鎌倉まで行ってきました。
鎌倉や湘南辺りは何度か行ってすごく気に入った場所ですが、桜の季節に行ったことはありません。
しかし調べてみると良さそうな桜の名所がいくつかあったので、晴れて暖かくなると予報のあった6日を狙って鎌倉へ。
いつもの通り朝の4時に家を出て、上野駅からガラガラの電車に乗り、7時過ぎに鎌倉到着。

鎌倉に着いたらまずは鶴岡八幡宮だろうということで、テクテクと鶴岡八幡宮方面へ向かいます。



鶴岡八幡宮へと続く参道、段葛(だんかずら)って言うらしいんですが、真っ直ぐ伸びた参道に桜が並んでます。
おお、見事な桜並木!!
…と言いたかったんだけど、もうだいぶ散り始めていてちょっと寂しいかも。
それもこれも天気のせいだ!
本当ならもっと早い時期に来るつもりだったのに、天気が悪いせいで先延ばしにしてたらコレだもん…

しかし鶴岡八幡宮の源平池まで行くと、そこの桜はまだまだキレイでした。



散った桜が池に浮かんで、またなんとも言えない雰囲気です。
この日は晴れの予報だったものの、朝のうちはまだ昨日の雲が残っていて曇り空。
できれば晴れた空の下でこの桜は見たかった。
でも晴れるまでここにいたら他が見られなくなってしまうので残念ながら移動。

次は鶴岡八幡宮から見て西にある源氏山へと行ってみることにしました。
前日に地図をチェック済みだったのでその記憶を頼りにテクテクと歩いていたんですが、本来なら現れるはずの横須賀線の線路がいくら歩いても見えてきません。
むむ、これはもしや…

って、やっぱりやっちゃいました、道を間違えてました。



西に向かって歩くべきなのに、北鎌倉に続く道を歩いてました…
てっきり左に見える山が源氏山だと思っていたのに、実際はその山を越えたさらに向こうにあるのが源氏山だったと。
おかげで山をひとつ余計に越えるはめに…
まったく何てことをしてくれるんだ、俺の脳細胞め…

で、超える必要のなかった山を越え、ようやく源氏山のふもとまで辿りついたんですが、源氏山の頂上へと続く道がこれまたすごい。
化粧坂(けわいざか)って言うらしいんですけど、未整備で「これホントに道か?」てな場所なの。



急な斜面を昨日降った雨の水が流れてきて、道なのかどうかもよくわからん状況。
勝手に入って大丈夫なのかなと心配になってくるほどに自然そのまんまの雰囲気です。
ケワイじゃなくケワ(シ)イ坂の間違いなんじゃねえのと言いたくなるほどですもん…
しかしこれは、あえてこういう状態で残してあるようで、この化粧坂を上りきると無事に源氏山公園へと辿り着きました。



これが山を登りきった上の桜!
…って、ずいぶん散り始めていてちょっと寂しいですかね。
曇り空だし人も全然いないし、どこかちょっと寒々しい気分。
こういう雰囲気は嫌いじゃないんだけど、急な坂を上りきった直後ってこともあって、桜を見るよりもベンチでグッタリしてる時間のが長かったかも。

とはいえ、この源氏山公園で面白い光景を見ることもできました。
ベンチで休憩していると、なんか桜の枝をチョロチョロしてる生き物がいるんです。
最初は鳥かなと思ったんですけど、よく見るとそれはリス。



タイワンリスが4〜5匹、桜の枝を飛び回っては桜の花をモシャモシャ食べてました。
いやー、リスって桜の花も食べるんですね。
外来種で地元の人にとっちゃ迷惑者でしょうけど、埼玉じゃまず見られない光景なんで新鮮でした。

必死こいて登ってきた山の寂しさにどうしようかと思いましたが、リスの飛び回る光景を眺められたおかげで非常に楽しい時間を過ごすことができました。

続きを読む


戻る



SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO