日記のようなもの

2005年2月

<<  前の月    TOP    次の月  >>



人生布団  2005/02/01

冷たい北風を浴びつつ、コンビニから帰ってきた。
コンビニの袋をぶら下げて部屋に戻ると、ふと布団が視界に入る。

「あ、布団だ。」
「この布団、入ったら暖かいんだろうなぁ…」

なんてことを考える。
寒い外から帰ってきたばかりのせいか、いつもと変わらないはずの布団がやたらと魅力的だ。

「ちょっと、入ってみようかしら…」

そんな欲求が抑えきれず、思わず布団に入ってしまった。
いや、これは自分の意思じゃない、布団の方が俺を引っ張り込んだに違いない。

「あったけえ…」

なんだこの布団、すごく暖かい。
溶けてゆくような気持ち良さ…

でも、布団の中ってのは時間の流れが外の世界とは違うようだ。
布団に入った時は13時だったのに、何度か呼吸と瞬きをしただけでもう15時。
何もしていないのに、みるみるうちに外の時間は過ぎていく。

このままじゃマズイ、布団から出ないと…

そう思うんだけど、この気持ち良さに逆らえない。
出なきゃと思う間にも、時間がどんどん過ぎてゆく…

そして、気がつけば21時…


この布団、絶対呪われてる。


たぶん、ひく  2005/02/02

電動の髭剃りを分解して掃除中…

最近の電動髭剃りならパッパと水洗いできるんだろうけど、10年近く使ってる俺の髭剃りにはそんな便利機能など付いてません。
なので付属のブラシを使い、刃の部分についたヒゲの粉をせっせと擦り落とすわけですが、これがもう面倒ったらありゃしない。

でも、面倒ばかりというワケでもない。
水洗いできないからこその楽しみというものがあるのです。

その楽しみというのは「ヒゲ集め」。
実は髭剃り内部にたまったヒゲの粉を、掃除の度に集めて保管しているのです。

この「ヒゲ集め」をするようになって、かれこれ数年…
50mlの小瓶の半分程度までヒゲパウダーが貯まりました。
しかし数年かけてもこの程度、ヒゲってのは意外と集まらないもんです。

それだけ貴重なヒゲパウダー。
小瓶の中の「それ」眺めていると感慨深いものがあります。

んー、これを何かに利用できないだろうか…
ヒゲの粉でガンが直った、みたいな確変が起こって1ミリグラム50万円で取り引きされるようになるとか…
って、どう考えてもありえないな。


あ、小瓶いっぱいに貯まったらそのまま海に流すってのもいいな。

南の島の子供たちが、砂浜に流れついたこのヒゲ粉入りの瓶を見つけるの。
遠い異国から届いた不思議な粉を前に色んな想像を巡らす子供たち…

でも、その正体はヒゲ。
おっさんのヒゲ。

やべえ、マジでやりたくなってきた…


タバコをやめたせいか、花の香りがよくわかる  2005/02/03

大宮公園小動物園、大崎公園の子供動物園、見沼グリーンセンターりすの家…
最近ちょいちょいと行くこれらの場所は全て見沼代用水という水路沿いにあります。
で、今日もその見沼代用水沿いの施設に行ってきました。
「川口市立グリーンセンター」です。

名前の通り、植物がいっぱいの場所…
のはずなんですが、季節が冬なせいか、あんまり花は咲いてないです。



広い園内を歩いても、見かける花はポツポツと咲き始めた梅とパンジーくらい。
あー、なんか単なる広い公園に来ただけって感じで、ちょっと退屈かも…

一瞬そんなことを思ったけど大丈夫。
写真の奥にちょっと映ってるガラス張りの建物が温室になってまして、ここがなかなか面白い。



中に入ると、汗をかくほどの蒸し暑さ。
見たこともない植物があちこちに植わってて、なんか不思議な感じです。

中でもいちばんビックリしたのがこれ。



オオギバショウという植物なんですが、なにが凄いって、その大きさ。
写真じゃサイズがよくわからんでしょうけど、これ、葉っぱだけでも2メートル以上はあるんです。
根元からの高さで行ったら10メートルは越えてそう。
パッと見は草っぽいのに、えれえ巨大。
ガラス越しの青空と相まって、海の中にいるような気分になってくる…
なんか良いダシが取れそうな雰囲気の植物でした。

で、この温室の隣にはもう一つ温室があって、そっちはサボテンコーナー。



とにかくもうサボテンだらけ。
んー、トゲトゲした物体のくせに、なんでこんなに和むんだろ。
寒い外に出るのが嫌になっちゃって、しばらくボケーッとサボテンを眺めて過ごしました。

なんかこうして見ると花の写真がちっとも無いですけど、別な温室には胡蝶蘭やカトレアなんかも展示されてるし、今みたいな寒い季節でもしっかり楽しめますね、ここ。
入場料300円で入ったけど、いっそのこと1000円の年間パスを買っちゃえばよかったかも。
春になったら花だらけでもっと楽しそうだし。


そういやここって特撮番組の定番ロケ地だったけど、最近はあんまり出番無いですね。
燃えろ!!ロボコンじゃ撮影協力の部分にグリーンセンターの名前がしょっちゅう出てたのに。
あーあ、ロボコンのロケに遭遇したかったな…
いや、まあロボコンつーか、見たいのはロビーナだけなんだけど…


内に潜む鬼  2005/02/04

昨日は節分。
スーパーに行ったら豆を山ほど売ってたので、思わず買ってしまった。

えーっと、たしかこの豆って歳の数だけ食えばいいんだよな…
買っちゃったんだし、とりあえずツマミ代わりに食ってみっか。

ポリポリ…

んー、なんか懐かしい感じのする味だな、これ。
煎った大豆なんて、学校の給食で食べたきりだからだろうか。
これを食べてると小学生だった頃がなんとなく思い出される。

でも、3粒で飽きた。
やっぱそんなに美味いもんじゃないよなぁ…

いや、これは豆を撒かずに食べてるから不味いのかもしれん。
本来は撒いた豆を拾って食べるのが正しいんだもんな、たぶん豆は撒くことによって旨味成分が出てくる仕組みなんだ。
せっかくの節分なんだし、豆を撒いてこそだよな、やっぱり。
よし、早速やってみよう!

「おにはーそと…ふくはーうち…」
外に声が漏れると恥ずかしいので、ボソッとつぶやいて豆を投げてみた。

パシッ、パラパラパラ…
フローリングの床で乾いた音を立てる豆。
な、なんだこの虚しさ…
楽しいどころかすげー寂しいんだけど。

棚の隙間に入っちゃって取れなくなった豆とか見るともう泣きそう。
そいでもって、定規を使ってそれを取ろうとしてる自分の姿がまたなんとも情けない…

くそ、もう二度と豆撒きなんてしねーからなっ!!

……………

んで、昨日の出来事なんかスッカリ忘れて、今日は爽やかな目覚めを迎えた俺。
でもトイレに行こうと立ち上がると、いきなり「ゴリッ!」という激痛が足に。

よく見たら昨日拾い忘れた豆を踏んづけてた…

マジでもう豆撒きなんかしねえ…


空気と会話する  2005/02/05

正常と異常の境界線はどこなんだろう?

例えば、歌を口ずさみながら歩いてる人。
何か良いことでもあったのか、時々いますよね、こういう人。
まあちょっと恥ずかしい行動ではあるけど、この程度なら異常者扱いはされないでしょう。

でも、これが歌ではなく、言葉だったらどうだろう。
何かブツブツ言いながら歩いてる人…
んー、やっぱり正常な人には見えないだろうな。

実を言うと最近、自分がこの「異常」な方向へ傾きつつあるような気がしてならない…

上機嫌の時につい歌を口ずさんじゃうことは以前からあったんだけど、最近はよくわからないオリジナルソングを口走ってることが多い。
さっき、インスタントのやきそばを作ってる時もそうだった…

俺はヤキソバ〜♪貴様が食べろ〜♪
肉の部分はフヒヘホ〜♪
焼きうどんのうどんが〜フホ〜♪

なんておかしな歌を口ずさんでたと思ったら、いきなりブツブツ言い始める俺。

あれ?やきそばってポット…あれ、えーっと、ポット。
お湯沸かすの面倒だし、ポットでいいよな、うん。

そして再び歌。

ジャージャー♪ポットリポー♪
シュッポシュッパーシュッペストー♪
おっお、おおお、おおっおおっ♪
3分、3分待たねえ俺よ〜♪


こういうの、誰もいない家の中でやってるぶんには単なるバカで済むんだけど、いつか外でやっちゃいそうで怖い。
最近ホント、無意識に声を発してることが多くてちょっと心配だ…


来週もまた見てくださいねー  2005/02/06

ああもう!イライラするっ!!
それもこれも、あのクソ野郎のせいだ!

あのね、鼻の奥にね、クソ野郎が立てこもってやがんですよ。
でっかく成長した鼻ウンコ。
このクソ野郎をなんとかして引きずり出してやろうとさっきから頑張ってるんだけど、これがちっとも出てきやしねえ。
勇気を出して小指の第一関節まで鼻の中に突っ込んだのに、それでも取れないとはなんたる糞ビッチ!

しかたないのでほじくるのは諦め、今度は全力で鼻をかんでみた。
が、力いっぱい鼻をかんでも、耳がキーンとなるだけで奴は動じない。

くそっ、なら逆だ!
と、むしろ吸ってみた。

!!!!
ンッ…ガッ…ゲホッ!ゴホッゴホッッ!!

勢い良く吸い過ぎて、入っちゃいけない場所に鼻糞が吸いこまれたらしい。
おかげで咳と涙が止まらない。

なんで、なんだって俺はハナクソごときのせいで涙を流して苦しまなきゃならないんだよ!


俺の油じゃ傷は直らない  2005/02/07

髪を切った。
いつもの通り、自分でだ。

風呂場に新聞紙を敷き、全裸。
もう慣れたとはいえ、やっぱり情けない姿だ。
ウンコ座りをするとケツから生臭い臭いが上がってきて、ますますヘコむ。

しかも、髪を切るからには鏡を使って自分の姿を見なければならない。
これがどうにも辛い。
なんで自分の顔を見てるだけでこんなに疲れるんだろ。

普段、街の中でガラスやなんかに自分の顔が映ってると思わず顔をそらしちゃうもんな。
「うわ、やばいもん見ちゃった」って感じで。

なので、髪を切ってる最中もなるべく鏡を見ないで作業する。

その結果、大雑把な髪型になってしまい、ますます鏡を見られなくなってしまった…


3番のレジ  2005/02/08

日用品を買いにホームセンターまで行ってきた。

で、レジに並んでる時のこと…
俺の前に並んでいるのが小さい子供を抱きかかえた女の人だったんだけど、この抱っこされたガキが母親の肩ごしに俺をジッと見つめてきやがるの。
まあガキと目が合うくらい別にいいんだけど、そのガキの表情がちょっとムカつく。

だって、俺の顔を見てキョトーンとしてんだもん。
「なに、なんなのこのおっさん…」みたいな、すっごい冷めた表情で俺を見てんの。
くそっ、なんでガキにまでこんな目で見られなきゃいかんのだ…

そうだ、ムカつくからこのガキを笑わせてみせよう。
この冷めた目のガキを、おもちゃを欲しがる時の勢いくらいで俺に食いつかせてみせる!

そんな決意のもと、とりあえずガキの前で鼻をピクピクと動かしてみた。
周りに気付かれないようにこっそりと。

「……………」

しかしガキの表情は変わらない。
なので今度は寄り目にしつつ鼻をピクピクさせてみた。

「……………」

それでも無反応…
「お前、そんなのが面白いと思ってんの?」
このガキの目がそう言っている。

くそっ!こいつは俺を舐めてやがる!!
自分は毎日乳首を舐め回してるもんだから、童貞の俺を見下してやがんだ!

そんなことを考えたら、急にこのガキが憎らしくなってきた。
よし、こうなったら睨みつけて泣かせてやろうか。

そう思った瞬間、ガキが急に騒ぎ出した。
「あ゛ーっ!あ゛ーっ!!」
奇声を上げ、手足をバタつかせるガキ。

え、ちょ、俺まだ何もやってないぞ。

「う゛ー、あう゛ー」
必死に何かを訴えるガキの視線の先には、レジの横の棚に置かれたキシリトールガム(ボトル入り)があった。
さっきまでの冷めた目が嘘のように、体全体を使ってキシリトールガムを求めるガキ。

俺が何かするより、ガムの方が面白いってのかよ、くそ…


夢が壊れた  2005/02/09

社会のゴミたる俺としては、一度行っておかねばならない場所がある。
ゴミの終着駅、「夢の島」。
やはりゴミとして産まれたからには、一度は行っておかねばならない場所だろう。
夢の島はゴミの聖地、俺にとってのウッドストックみたいなもんだ。

と、鼻息荒く夢の島まで行ってきたんだけど…



なんつーかこれ、普通の街並みじゃないか。
運動場があったり、大きな道路が走ってたり…
すぐそばには駅まである。

まあそりゃそうだ。
ゴミの山の上をブルドーザーが走りまわってたのは昔の話。
埋め立てなんてとっくに終わってて、ここの土地は様々な用途に使われている。

でも、こんな普通の景色でも、このアスファルトのずっと下にはゴミがギッシリ詰まってるんだよなぁ。
そう考えるとなんか不思議な気分だ。


んで、せっかく夢の島まで来たので、夢の島熱帯植物館に寄ってきた。
いやまあ、最初からこれが目当てだったんだけど…



夢の島公園の中を歩いていると見えてくるガラス張りの建物。
これが夢の島熱帯植物館、くうー、カッコイイぜ!



入場料250円を払って中に入ると、そこはもう熱帯。
緑、緑、緑と植物がギッシリ。
通路が狭いせいもあって、圧迫感を感じるほど。
本物のジャングルなんて見たことないけど、なかなか良い雰囲気かも。

でも、通路が狭いと立ち止まってじっくり見てられないのが辛い…
他の見学者の合わせて歩いていると、あっという間に見終わってしまう。
もっと見たい、ってとこで終わっちゃう感じ。

そんな気分を埋めてくれたのが、2階の小部屋にあった食虫植物コーナー。
6畳ちょっとの小さな温室なんだけど、中にはウツボカズラやモウセンゴケなどなど、俺でもなんとなく名前を知ってる食虫植物を色々見られる。
で、特に気に入ったのはハエトリソウ。



面白いよなぁ、この変な葉っぱがパッと閉じてハエを捕まえちゃうなんて…

んー、俺も食虫植物みたいな生活ができないだろうか。
エサが来るまでジッと待ってるだけで、エサが目の前を通った瞬間、ここぞとばかりにパッと飛びつくような。

いや、俺みたいな奴は真剣白羽取りに失敗して血まみれになるタイプだから、チャンスをモノになんかできないだろうな。


刑法第175条  2005/02/10

なんて世の中だ!
日本はいつからこんなにも乱れた国になってしまったんだ!

昼間から性行為をしている奴がいる!
しかも、公園でだ!
いくら人がいないからって、屋外の、それも公共の場で性行為におよぶとは言語道断!
何を考えているんだ、まったく。

あれか、あれかお前ら。
見られたいのか。
誰かに見られると興奮するのか。
そういう性癖の持ち主か、そうなんだな。

よーしわかった、俺が撮ってやる!
お前らのその恥ずかしい姿を写真に撮って、ネットで世界中にバラ撒いてやる!
それが望みなんだろ、だったら叶えてやるよ!!





まあ暇は潰れた  2005/02/11

自分の行動範囲がどの程度のものなのかを一度確認してみたかったので、地図を作り始めた。
最初は地図の画像に印を付けるだけだったんだけど、どうせなら行った場所の情報もある程度載せておこうかと、出かけた先で撮っておいた画像を探したりなんだりして一日を過ごす。

で、ショボいなりにある程度の形ができてきた頃、いじくり過ぎてしまったファイルを一つ前の状態に戻そうと「ctrl」+「z」を押してみた。
すると、フォルダの中にあった画像が一つ消えてしまった。

まずい、消すつもりのないファイルが消えた。
こういう場合はもう一度ctrl+zを押せば戻せるんだっけか?
確かそうだったような気がするので再度ctrl+zを押してみたところ、今度は別のファイルが消え去った。

うわー、やべえ、どうすりゃいいんだこれー!!

なんとか元に戻そうと慌てて色々いじってみるも、ますますワケの分からん状況に…
そして気が付けば、7個くらいのファイルが行方不明に…

はー、何やってんだよ、俺…

でも無くなったものはしょーがない。
気持ちを切り替えて再度ファイルを作り始めたんだけど、ほぼ作り直しが終わった頃になってから、無くなったと思ったファイルを発見。
ファイルは消えたわけじゃなく、移動させる前のフォルダに戻っていただけだったのね…

いまだにPCの使い方をよくわかってない俺はどうしようもないな…


もうそんな季節  2005/02/12

スーパーに買い物に行ったところ、チョコが山ほど積まれた特設コーナーがあった。
ああそうか、バレンタインとかいうイベントがあるんだったな…

なんとなくそのコーナーの近くを通ると、中学生くらいの女の子二人が手作りチョコの素材をあれこれと物色している。
へー、この子たちはチョコを渡したい相手がいるんだな。
いっぱい並んだチョコを手に取り、二人で何やら相談している。

たぶん明日、どっちかの家に行って二人で一緒にチョコを作ったりするんだろうな。
チョコを作りながら、どうやってこのチョコを渡そうか二人で相談したりなんかもして。
くうー、青春だなあ、おい!

んで、夜なんかはドキドキして眠れないんだろうな。
明日のことを考えると、いてもたってもいられないの。
机の上のチョコを何度も確認しては、落ちつきなく部屋の中をウロウロ…
そして枕かなんかをギューってするわけだ。

いいね、実にいい。
素晴らしい中学生生活だ。



でも、俺にはそんなの一切関係ねえ!!
なので、そのバレンタイン特設コーナーを素通り。
隣にあったひな祭りコーナーの雛あられを山ほど買ってきた。
チョコなんかより雛あられのがずっと美味いっての。

って、よく考えたらひな祭りも俺には無関係か…


パートナーなどいらぬ  2005/02/13

ちょっと前に、唐揚げやたこ焼きのタコが食べられるようになったとココに書いた気がする。
その時は食べ物の好き嫌いがだいぶ減ったなあと思ったんだけど、やっぱり本質は変わってないようだ…

実は今日、セブンイレブンでブリトー(ハム&チーズ)を買ってきたんです。
これ、タコスの皮みたいな生地でハムとチーズを包んだ、俺のすごく好きな食べ物なんですけど、このままじゃ食べられません。
必ずやらなければならない作業があるのです。

温めず、冷たいまま家に持ちかえったブリトー。
まずはそれを分解するのです。
破れないようにそーっと皮をめくると、四角くシート状に敷かれたチーズと、その上に乗ったハムが現われる。

この「ハム」、これがどうにも嫌いなんですよ、俺は。

ハム&チーズ…
何でいつもセットになってんですかね、こいつら。
サンドイッチとか、他の食い物でもしょっちゅうハムとチーズでタッグを組んでるでしょ。
無二の親友ぶりやがって、ムカつくわぁ…

だから、二人の仲を引き裂いてやるのです。

ペリペリペリペリ…
チーズの上に覆い被さったハムを引っぺがす。
ハムはポイッ。

そして、ハムとの仲を引き裂かれたチーズのみのブリトーをレンジで温めて食す。
うまい、うますぎる。
やっぱハムはいらんね。

しかし、ここまでして食べなきゃいけない物なんだろうか…
我ながらバカらしい作業をしてるもんだ…


えーと、今日は何の日だったっけか…  2005/02/14

今日の俺はすっごく穏やか。
世間の人が2月14日という日をどのように過ごしたかは知りませんが、俺は世の中の動きとは無関係に、厳かで健やかな一日を過ごしておりました。

だって、写経してたんですもん。

テレビもPCも消し、静かになった部屋で墨を擦る…
筆を持って紙にむかえば、背筋が自然と伸びて身が引き締まってきます。
そして、般若心経を1字ずつ、ゆっくりと書き写す。

色即是空  空即是色

正直、言葉の意味なんてほとんど理解してないんだけど、ただお経を書き写しているだけでこうも落ちついた気持ちになれるとは…
普段は雑音の多い暮らしをしてるだけに、この体験は非常に新鮮なものでした。

でも、さすがは俺。
偉そうに抜かしたくせに、3分の2ほど書いたところで飽きてきた。

難しい漢字ばかりでしんどいから、もうちょっとシンプルな文字を書いてみたい。
そこで、部屋に転がってる物からテキトーに文字を拾ってきて、お経に続けた。

無有恐怖  遠離一切顛倒夢想  究竟涅槃  三世諸仏
べに花油でカラッとおいしい  便利なチャック付き
さよならだけどさよならじゃない/やまだかつてないWINK
お気付きの点がございましたらお客様相談センターまでご一報ください。

うわ、これ絶対バチ当たるわぁ…


200+200  2005/02/15

新宿御苑に行ってきた。
いやー、すごいっすね、ここ。
ビルだらけの新宿に、こんなに緑の多い場所があったなんて。



広ーい芝生の向こうには高層ビル。
ドコモのビルがエンパイアステートビル風だから、ちょっとセントラルパークっぽく見えるかも。

でも、ここはやっぱり日本。



御苑内にはこんな見事な日本庭園が。
んー、さすがは「御苑」。
たった200円の入場料でこんな美しい庭を歩けるなら安いもんだ。

ちなみにこの新宿御苑、入場料以外にも「200円」のモノがあります。
それはカップヌードル。



へー、今でもカップヌードルの自販機ってあるんですね。
ガキの頃、プールの帰りに自販機で買ったカップヌードルがやけに美味かったのを思い出します。
フォークで食うのが変に嬉しかったんだよなぁ…

そんな懐かしい思い出が蘇るカップヌードルの自販機ですが、ちょっと驚いたのはその中身。
「どん兵衛の天そば」が縦長のカップで売ってるんですよ。

「うわ、こんなの見たことねえ!」
と、思わず買ってしまった…



中には後乗せサクサクじゃない天ぷら。
縦長容器に入ったそばは日清の別商品であったから、中身はそれなのかな?

でまあ、お湯を入れて食い始めたわけだけど、ガキの頃のような美味しさは感じない。
それどころか、むしろ虚しい。
いい歳した大人が屋外でカップ麺をすする姿はなんとも惨めだ。

勢いで買ってしまったことを後悔しつつ、自販機コーナーの隅っこでコソコソとどん兵衛を食べる俺なのでした。


最低の目覚まし  2005/02/16

二月も中旬になって今更なんだけど、ようやく初夢を見た。
けど、ロクな夢じゃなかった…

学校の教室のような場所で、会う人会う人に「お前、ガンだよ」と指をさされる。
「え、俺ガンなの!?」
「うん、もう手遅れ」
医療とは無縁そうなおばちゃんが笑いながらそう言うの。
ヘコむわぁ、なんでみんな嬉しそうなんだよ…

とまあ、こんな気分の悪い夢を見てたわけなんだけど、この夢の最中、いきなり現実に引き戻されてしまった。

ガタッ!!ガタタタッタタタッ!!!

部屋が、家が、唐突に揺れだした。
地震だ。
でも、あまりの揺れに身動きできない。
真っ暗な部屋の中で足をピーンと突っ張るだけの俺…

揺れは数十秒で収まったけど、地震が起こったのが早朝だったから、外がやたらと静かで逆に怖かったです。
震度4でもこれだけ怖いんだから、震度5や6なんて想像もしたくない…

とにかく真っ暗だと怖いので、恐る恐る布団から這い出して電気をつけると、テレビの横に立ててあったプラモデルが倒れてるのを発見。
よく見りゃZプラスのビームライフルが棚の裏に落ちてしまってるじゃないか。
くそっ、つりそうなほどに手をピーンと伸ばしてもビームライフルに届かねえ…


ドゥーン!!  2005/02/17

晩ご飯はうどん。
冷凍のうどんを温めて食べる。
最初のうちはこのうどんを普通に食べてたんだけど、半分ほど食べたところでおかしなことになってきた。

何を思ったのか、長めのうどんを噛まずに飲み込んだ俺は、口からピョロッと出たうどんの端をつまんで、飲み込んだうどんを喉から引っ張り出した。
そしてそのうどんを再び噛まずに飲みこむ。
さらにそれをまた引っ張り出す。

これを5回も6回も繰り返す。
驚くほど無表情で。

俺は一体、何がしたいんだろうか…
んー、アレか、これが自傷行為って奴なんだな、きっと。


まあ、俺だけ遅れてるのは事実だけど…  2005/02/18

間違って目覚まし時計をセットしたまま部屋を離れてしまい、30分以上も目覚ましが鳴りっぱなしだった。
それに気付いて慌てて目覚ましを止めに行ったんだけど、ふと時計の針に目をやると、なぜか30分近くも時間が遅れてしまっている。
どうやら目覚ましが鳴ってる間、時計の針が止まっていたらしい。

これって目覚ましの音を出すのにパワーを食われて時間を進められなかったんだろうか?
電池の残量とかも関係してるのかもしれないけど、とにかく使えない目覚ましなのは間違いない。

いや、つかね、この目覚ましには以前からムカついてたんですよ。

前にこの目覚ましを落っことしちゃった事があるんだけど、10cmあるかないかの小さな段差を転がっただけで秒針が取れやがった。
この程度の衝撃で秒針が外れるなんて、安物にもほどがあるだろ。
…いや、まあ実際すげー安かった時計だけどさ。

そいでもって、それ以上にムカつくのが目覚ましの音!
この時計ね、目覚ましの音が小鳥の鳴き声なんですよ。
「チュン…チュンチュン…チュン…」
まあ、爽やかで素敵な朝を演出してくれる素敵な目覚ましとも言えますわ。

でもな、爽やかすぎて二度寝しちまうんだよ!!
「目覚まし」として機能してねえだろ、コレ!!
うちの屋根を歩くカラスの足音のがよっぽどうるさくて目が覚めるっての!!

まったく、このクソ目覚ましだけはホント使えねえ…

とはいえ、無職の俺は目覚まし機能なんて年に数回も使わないから、こんな時計でも問題無いわけで…
それがちょっと悲しい…


粉の取り引きで儲ける  2005/02/19

ちょっと前にヒゲ剃りの中にたまった粉を集めてるって書いたけど、それで思い出したことがひとつ…

俺ね、タバコの灰を集めてたことがあったんですよ。
なんでかって言うと、「タバコの灰は肥料になるから高く売れる」って話をどっかで聞いたから。
「タバコを吸って金になるなら最高じゃねえか!」
そう思った俺はケンタッキーのパーティーバーレルサイズの缶をどっからか見つけてきて、タバコの灰を集めることにしたんです。

とりあえずは普通の灰皿でタバコを吸って、ある程度たまったら吸殻だけを捨てて灰の方は巨大缶の中へ。
吸っては貯め、吸っては貯め…
当時は一日二箱吸うヘビースモーカーだったけど、それでもなかなか集まらないもんです。
半年だか一年だか、とにかくかなり長い期間、タバコの灰を集めつづけました。

で、ようやく缶の半分ほどの量の灰が集まったんですよ。
1.5リットルのペットボトル1本分くらいかな。

でもなんかね、集める期間が長すぎたのか、ちょっとヤバいことになってしまった。
単なる灰のはずなのに、なぜか酸っぱい臭いがしてんですもん。
「これ、発酵かなんかしてんのか!?」って感じで、ちょっと危険な香りが漂い始めた灰…

んー、こりゃそろそろ売った方がいいかもしれん…
この灰をこれ以上部屋に置いておくと、人体に影響が出そうだし。
うん、よし、売ろう!

………………

ところでさ、
この灰ってどこの誰に売ったらいいわけ?

もしかして、俺ってば誰かの罠にまんまと引っかかったのか!?


まるで俺のようだ  2005/02/20

リモコンの電池が切れかかってて、ムカつくことこの上ない。

チャンネルを変えようと思ってボタンを押しても反応ナシ。
でも完全に電池が切れてるってわけではないようで、電池ボックスのフタを開けて中の電池をコロコロ転がすとボタンが効くようになる。

あー、なんかこの中途半端な電池の残りっぷりがイライラするー!!

もういっそのこと電池を替えようかとも思うんだけど、電池を買うためだけに寒い中コンビニまで歩くのも悔しい。
んー、そういや部屋に単三電池が余ってなかったっけか?
たしか、前に買った10本入りの電池がまだ残ってたような気がするんだけど…

てことで、おぼろげな記憶を頼りに、部屋の中で単三電池を探してみることにした。
物置と化したタンスの中を引っかき回し、ゴミみたいな物しか詰まってない引き出しを片っ端から開けて確認。
しかし、昔買ったはずの単三電池は出てこない…

でもその代わり、「単二電池」を2個発見。

って、意味ねえええええ!!!
なんだこの太ましい電池は。
いつ買ったか知らんけど、一体何のために単二電池を買ったんだ、俺は。
少なくとも今の俺の部屋には単二電池を使う製品なんかひとつも無いぞ…
というか、そもそも単二電池を使う製品が思いつかん。

とりあえず、この単二電池は引き出しの奥に戻した。
たぶん一生使うことはないだろう…


もう…疲れた…  2005/02/21

大変だ、エマージェンシーだ。
オナニー大好きっ子の俺がつい昨日まで、ほぼ一週間近くオナニーをしていなかった。
今までも2日くらいオナニーをせずに過ごした日なら時々あったけど、ここまで長いのは初めてかもしれない。
一体どうしちゃったんだ、俺。

そもそも俺にとってのオナニーっていうのは、性欲うんぬんというより「気分を切り替えるためのスイッチ」としての意味合いが強い。
だから作業の合間合間には必ず必要なもので、毎日するのが当たり前。
それなのに、まさか一週間もチンコが何の連絡もよこさないとは…

で、あまりに長引くもんだからさすがに不安になってきたんだけど、どうやらそんな心配は無用だったようだ。

本日、ビッグウェーブが到来。
朝から勃起が収まらないので、部屋にあるアダルトビデオ、エロ本、PCに入ってる動画、画像を片っ端から見まくった。
ドラクエ3の女賢者を見ても勃起してくるほどの勢いだ。

えーと、何回だ?俺は結局、何回オナニーしたんだ?
回数は数えなかったけど、とにかく何も出なくなるまで、いや、出なくなっても止まらなかった。

おかげで今、かなりグッタリしてる、
眠い、だるい、何も考えられない…

一週間オナニーしなかった分を一日で取り戻そうとしてんなよ、俺…


ますます、だるい  2005/02/22

今日はグダグダな一日だった。
なんにも良いことありゃしない…


そろそろ梅が咲いたかなあと、朝っぱらから越谷の梅林公園まで行ってきたんだけど、まだ満開にはほど遠い状況。
薄ら寒い公園でうなだれる。

でもまあせっかく外に出たんだし、見沼グリーンセンターまで行ってリスでも見るか。

そう思い、元荒川沿いをチャリで走り始めた。
今日は良い天気ではあるけれど、今はまだ朝の寒い時間帯、冷たい北風のせいで鼻水が止まらない。
左の鼻の穴から出た鼻水が、強い風を受けて右の鼻の穴に入ってくる。
なんとも切ない。

そして、ようやく辿り着いた見沼グリーンセンター。

よし、シマリスを眺めて和むとするか…
と思ったら、やけに騒々しい集団がリスの家周辺に集まっている。
園児だ、幼稚な園の児童たちが超音波みたいな奇声を発してる。

どうやらこの園児軍団はリスの家と温室を見学に来てるらしい。
まあガキなんか知らん顔すればいいだけなんだけど、もしこいつらに混じってリスを見に行ったりしたら、引率の先生の視線が俺に突き刺さるに決まってる。

仕方ない…
警戒されるのは嫌なので、リスを見ずにそのまま帰宅…

んで、昼過ぎには家に帰ってきたんだけど、昨日オナニーしすぎたせいか、布団に寝っ転がってるうちに眠ってしまった。
そして、目が覚めると外は真っ暗…

なんて不毛な一日だ。


暇潰しとするには重過ぎた…  2005/02/23

昨日、テレビ神奈川をぼんやり見ていたところ、神奈川県公立高校入試問題解答速報なる番組が放送されていた。
よーするに高校入試の答え合わせ番組なんだけど、「問一の答えは(ウ)」なんてやられても、試験を受けてない俺にはサッパリわからない…

それならば、実際にその試験を受けてみようじゃないか!

ということで、ネット上で入試問題を公開してるサイトまで行って、問題を解いてみることにした。
www.tokyo-np.co.jp/05_k-shiken/kgw/
(東京新聞のサイト)

上記のサイトまで行き、まずは英語の試験に挑戦!

でも…
正直、挑戦しなければよかったかも…
なんとも恥ずかしいことに、50点満点のテストで12点。
ヒアリングの問題を飛ばしたとはいえ、半分にすら遠く及ばない点数とは…

くそっ!こうなったら国語で挽回するしかない!
英国数の平均点で勝負だ!

と、気合を入れて臨んだ2教科目の国語。
これはもうなんとういか、余裕っすわ。
50点満点中45点でチョー楽勝。

って、高校入試レベルの国語くらい「できて当然」なわけで、これで得意げになってるあたりがバカ丸出しなんだけど…

まあとりあえず、2教科を終えた時点での合計は100点満点で57点。
数字だけ見れば平均くらい?
んー、一応は大人なんだし、もうちょい高い点数を取っておきたいよな…

よし、いっちょ次の数学でガバッと稼ぐとすっか!


しかし…
数学のテストでえらい事が起こってしまった…

問1  次の計算をしなさい

(ア)  6-(-3)

えーと…答えは「3」?  (正しい答えは「9」)


(イ)  8+5x(4-6)

んーと…「-26」?  (正しい答えは「-2」)


点Aをスタートした場合、点Fにゴールする確率を求めなさい。
………
n=4のとき、点の個数を求めなさい。
………………
∠ADB=68°のとき、∠AFCの大きさを求めなさい。
………………………………

………………………………………………………………



えー、3教科の合計が出ました。
150点満点で、俺の得点は57点。

2教科終わった時点で57点だったのに3教科終わっても57点…
えーと、式で表すとこんな感じだろうか…

12+45+0=57

あ、ありえねえ、こんな答えこそありえねえ…


溜めショットの威力は凄まじい  2005/02/24

朝、なんともいえない腹の痛みに目が覚めた。

ギュル…ギューギュル…
あー、この音、間違いなくお腹を下してるな、こりゃ。
やばいな、急いでトイレにいかないと…

しかし、トイレの脇の洗面所には姉貴がいる。
もうすぐ出勤なので身支度に忙しそうだ。

うー、これは困った…
もし俺がウンコに行けば、俺のウンコ臭で姉貴の朝が台無しになってしまう…
でも、それだけはやっちゃいけない事だ。

姉貴は真面目に働いてる立派な社会人、かたや俺は無職。
無職の俺が姉貴に不快な思いをさせるわけにはいかんのだ…

こうなったらもう、姉貴が家を出るまでウンコを我慢するしかない!

覚悟を決めた俺は布団に寝転がった。
だが、あまりの痛みにジッとしてられず、ケツを突き出して尺取虫のような格好になる。
すると、体勢がマズかったのか、プスプスと屁が止まらなくなる。
ああ、なんて痛みだ…
俺の臨時火山情報によると、いつ噴火してもおかしくない状況だ。

しかし、姉貴はまだ出勤しない。

ぐぉぁぁ…
腹をかき回すような激痛のせいで、寝てることさえままならない。
思わず立ちあがって、意味も無く部屋の中をウロウロと歩きまわってしまう。
気がつけばボックスステップ。

それでもまだ、姉貴は出勤しない。

くそ、こうなったらあのペットボトルに…
どうやら耐えがたい痛みのせいで冷静な判断力を失いつつあるようだ。
ペットボトルにウンコという、明らかに無謀な挑戦を考え始めた俺がここにいる。

もう…だめだ…終わる…

そう思った時、ついに姉貴が家を出た!
やった、これでようやくウンコができる!!

でも、走ったら出ちゃいそうなほどに追い込まれてたので、中腰の姿勢まま、衝撃を与えないようにゆっくりとトイレへ向かう。
部屋のすぐ隣がトイレなのに、これほど遠く感じるとは。
けれど、長い戦いもいよいよ終わりだ。

………
………………ふう。

いやー、マジで危なかったわ、今回は。


近くて遠い存在  2005/02/25

あー、郵便局は夜中まで営業してくれないものか。
今日はちょっと郵便局まで行かなきゃならなかったんだけど、昼間にホイホイ出歩く俺でも「近所」をウロつくのはやはりキツいものがある…

うちから一番近い郵便局なんかは、行こうと思えば徒歩でもなんとか行けちゃう距離にある。
これって便利ではあるんだけど、家から近いということは近所の目も気になるわけで…
もし徒歩で行こうものなら、かなり長い時間、近所の視線を浴びることになるだろう。

しかも、その郵便局のすぐそばには中学の同級生の家もあったりするから厄介だ。
もし姿を見られようものなら、何を言われるかわかったもんじゃない。
これを回避するために目出し帽を被ったまま郵便局を利用できればいいんだけど、そんなことしたら確実に通報されるわけで…

しかたないから、家から遠い郵便局までチャリで遠征。
自分ち周辺での滞在時間は最小限に食い止める。

目の前の郵便局を素通りして、より遠い郵便局を目指す俺は一体なんなんだろう…


電話にでん…やっぱやめた  2005/02/26

プルルルル、プルルルル…
あー、家の電話が鳴ってるなー。

でも、そんなの俺には関係ないもんねー。
どうせ俺あての電話なんてかかってこないんだから。
まあ、たまには俺あての電話もあるけど、それは100パーセント勧誘電話だし。

だから家に自分しかいない時は電話にはでない。
へたに俺がでると「あの家の息子さんはなんで昼間から家にいるのかしら」、てなことにもなりかねないし。

プルルルル、プルルルル…

悪いけど、俺は電話にでないよ。
うちの誰かに用があるなら、朝か夜にでもかけてくださいね。

プルルルル、プルルルル、プルルルル…

ちっ、うるせーな、だから俺はでねーっつってんだろうが。

プルルルル…

ああーっ、うるせええええええええええ!!
あまりのしつこさに布団をかぶる。

なんだって電話の音はこうも俺をイライラさせるんだろう。
あれか、電話にまつわる楽しい思い出が一つもないからなのか?

これまで俺にかかってきた電話なんて、嫌なことや面倒な話ばっかりだもんな…


埼玉暮らしだけど神奈川  2005/02/27

千葉テレビやテレビ神奈川みたいなローカル局って、全国ネットの局では見られない、妙に味のある番組が放送してたりする。
ハロージャガー、のびる子きょうしつ、などなど…

最近はテレビ神奈川で放送してる「YO!キッズ」なる番組が気になってます。
見られない地域の人にはサッパリかも知れませんが、番組のサイトを見るだけでもその「安っぽさ」は堪能できると思います。

http://www.tvk-yokohama.com/yokids/
なんかもうタイトルロゴからして安いですよね。
ロヂャースの看板を見ちゃった時のような気分。

タイトルロゴもそうですが、番組内容からもテキトーな感じがひしひしと伝わってきます。
これ、スポンサーがテアトルアカデミーなんですが、よーするにテアトルに所属してる子役を出演させるのが目的の番組なんでしょう。
だから、「とりあえず子供が映ってればいい」みたいで、すごく大雑把。
15分番組なのに、毎回同じOPとEDの歌に番組の半分以上を食われてるんですもん。
本編が正味3分ってどんな番組だよ…

んで、本来の主役である子供たちを食いかねない勢いの謎キャラ、「リーマン」。
公式の画像でもわかると思いますが、明らかにパーマンをパクってます。
そして額には「リ」の文字。
パーマンだけでなく、キン肉マン的手法も混ざってるという。
これが「お父さんの代表」って…

んー、これはぜひ日本中の人みんなに見てもらいたいなー。
番組全体に漂うけだるさ、ぬるさ、みたいのが妙に心地良いYO!キッズ。
ま、これを楽しめるのは100人中2人くらいかもしれんけど…


金と銀の紙が少なすぎ…  2005/02/28

何故か部屋に「折り紙」がある。
あれ、なんでこんな物があるんだっけか…

えーと、確かこの折り紙を買ったのは去年のクリスマス。
せっかくのクリスマスだから、PCを飾りつけようと思ったんだよな。
ほら、ガキがパーティーで必ず作る、折り紙を鎖みたく繋いだアレ。
あれで部屋を飾ろうとしたわけ。

でもあまりに虚しいと気付いたんで結局は何もせず、折り紙だけが残ることに。

はー、この折り紙どうしよう…
せっかくだから鶴でも折ってみるか。

しかしよく考えたら俺、鶴の折り方を知らないんだよな…
まあいいか、己の勘を信じてテキトーに折ってみよう。

……………………



って、全然違うじゃんかー。
これ、アレだよ、指でパカパカやって中に書いた内容で色々占うやつ。
いかんいかん、もっと鳥っぽく折らないと…

……………………



よしできた!ついに鶴が完成!!
どっからどう見ても鶴だな、これは。
ペンギン…ではない。
うまく立たなくて、足のあたりは「折る」というより「曲げた」感じだけど、それでも折り鶴だ。

これで千羽鶴を作って病人にプレゼントすれば、きっと病気が悪化するだろう。
そういうタイプの鶴だ。




<<  前の月    TOP    次の月  >>



SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO