日記のようなもの

2005年12月

<<  前の月    TOP    次の月  >>



今年の風邪もやっぱりタチが悪い…のか?  2005/12/01

季節はもうすっかり冬。
いよいよ風邪やインフルエンザに気をつけなければならない時期になってきました。
そこで、気休めながらも手洗いとうがいだけはしっかり行うように気をつけてます。

でも、俺はこの「うがい」というものがどうにも下手らしい。
やり方でも間違えているのか、うがいをすると必ずむせます。

1、水を口にふくむ。
2、顔を上に向ける。
3、口を開け、ガラガラと喉から空気を出す。
4、ブバッ!!

なんでだっ!!
ガラガラすると水が気管に入ってしまい、苦しさのあまりにブバッ!ゴホッ!
上を向いた状態だから、ちょっとした噴水みたくなってんの。
咳は止まらんわ、涙は出てくるわ、洗面所は水浸しだわでもう大変。

毎回こんなに咳き込むなら、いっそ風邪でもひいた方がマシなような気がしないでもない。


つまるところ…つまらない  2005/12/02

この前、動物園で鳥を眺めていた時のこと…
放し飼いのシジュウカラガンがアスファルトの上に座って休んでいたのでぼんやり眺めてたんだけど、 間近でじっくり眺めてる最中、唐突にフンをされて仰け反りました。

んー、鳥ってホント、何の前触れもなくフンをしますね。
トコトコ歩いてる時とかにもいきなりフンをするし、表情が読めないからいつフンをするか全く予想できません。
…きっとあいつらにはウンコを我慢するっていう機能が無いんだろうな、うん。

ま、あいつらは鳥だからいつウンコしても構わんだろうけど、これがもし人間だったらえらい事になりますよね。
スーツでビシッと決めたビジネスマンとかが、オフィスで会議中にいきなりウンコしちゃったらシャレにならんですもん。
アイドルがコンサートの最中、「みんなありがとー!」なんて手を振ってる時にウンコをしようものなら、もうその場で引退ですよ。

「ウンコを我慢できる」
これって実はすごく大切なことなんじゃないだろうか。
人間は知的生命体と呼ばれたりもするけど、それは単に賢いからじゃなく、「ウンコを我慢できる」という前提があったからこそなんだと思うのです。
だっていくらIQが200とか300とかあっても、ウンコを我慢できなかったら「知的」に見えませんもん。

つまり、人類としての歴史の始まりは、ウンコを我慢した瞬間に始まったんだと思うんです。
遠い昔、まだヒトとは呼ばれる前の存在だったお猿さんが、
「あ、ウンコ出そう…でも、ちょっと我慢してみようか…」
そう思ったこの瞬間、「知性」というものが芽生えたのだと、私はそう思うのです。

んで結局のところ、何が言いたいのかといいますと…

小2の時、ウンコを我慢して、我慢して…
我慢しまくった挙句に漏らしてしまった俺は、新たな進化の鍵を握っているんじゃないかってことだ。


エクスプロージョン  2005/12/03

テレビをぼんやり見ていたら、どこかの鉄道会社の運転士が電車を運転中、「あいちゃん好きだー!」と叫んで客に通報された、というニュースをやっていた。
詳しい経緯はわからんけど、この運転士さん、まさか乗客に聞かれてるなんて思ってなかったんだろうな…
自分も独り言が多いし、過去の失敗を思い出して奇声をあげちゃうことがあるけど、もし誰かに見られたら、やっぱり通報されるような気がする…

いやー、無意識に出ちゃう行動ってのは恐いもんですね。
自分にも当てはまる行動だけに、この運転士さんを笑ってられません。
実は自分も最近、人に見られたらヤバそうな行動を無意識にしていることがあるんですもん…

なんか最近ね、何の前触れも無しにね、目をクワッて見開いてる時があるんですよ。
岡本太郎的、と言ったらいいんですかね?
細い目を限界まで広げて、物凄い形相で本棚とかを睨みつけてるんです。
たぶん人が近くにいる時はやってないだろうけど、たとえ外でも人の気配が無い時は無意識にやっちゃってます。
ヤバイ、これはヤバイ。

エスパーじゃないんだから、本棚をいくら睨んだって本がスーッと出てくるわけねえっての。
でも何故かやっちゃってるんですよ…
何の前触れもなく、何の意味もなく「クワッ!!」

もし近所の人にそんな姿を見られたら完全にマークされるだろうな…


むしろ冷えた  2005/12/04

いよいよお風呂が気持ち良い季節になってきました。
ぬるめのお湯にポケーッと浸かっていると、お風呂があまり好きじゃない俺でもなんとなく気持ちが良いもんです。

は〜、極楽極楽…

こんなジジ臭いセリフを口走るほどリラックス。
でも、そこは俺。
やはり長時間湯船に浸かってると飽きてきます。
テレビも本も無い場所でジッとしてると退屈すぎて間がもたんのです。
とはいえすぐに上がるのもアレだし、さて、どうしたものか…

そこで、退屈しのぎにお湯の中に潜ってみることにした。
子供の頃はよく湯船の中でバシャバシャと暴れてたんで、その頃を思い出して、こう、湯船の中に頭を突っ込んで前転でもしてみようかと。
当時は浴槽に頭まで沈めてもがくのが楽しかったので、狂ったハムスターのように風呂の中でグルングルン回り続けたもんです。
その頃の気持ちよ再び…

…が、今の俺には無理がありすぎた。

ガキの頃には広く感じた浴槽も、大人になった今では窮屈そのもの。
前のめりで頭を突っ込んだら、その状態のまま身動きできなくなってしまった。
なんとか体勢を戻そうとするんだけど、犬神家の一族みたいな逆立ち状態でもがく俺。

危うく変死するところだった…


呼び止める勇気は無い  2005/12/05

ついに石焼きイモの車が街をうろつくようになってきた。
どこからともなく、竿竹屋的とでもいおうか、あの独特の節回しの声が聞こえてきます。

やーきもー、やーきたてー♪

でも、あの焼きイモ屋の声って腹立ってきません?
なんかね、溜め具合がムカつくんですよ。

おいし〜い、焼きイモ〜、ほっか〜……………ほかっ!

ムカつく、ムカつくぁああ!!
酒を飲んだ時に録音でもしたのか、声の調子がほろ酔い気分で妙に楽しそうなのがまたムカきます。

や〜きも〜ぃ、や〜きも〜ぅぇ♪

語尾に小さいのが混じってる感じとか、小馬鹿にされてるようでもう腹が立って腹が立って…
焼きイモ用の石に水をかけてサウナみたくしてやりたい。

そしてなにより、
ほっか〜……………ほかっ!
っていう溜めの無音部分の時、一緒になって息を止めちゃってる自分自身がすげームカつく。



外出中止  2005/12/06

ゴンッ!!

今朝、車庫で物凄い音が響いた。
これは俺が棚に頭をぶつけた音だ。

出かけるために車庫で自転車のタイヤに空気を入れてたんだけど、せり出した棚の下で作業していたのをスッカリ忘れていて、頭の上の棚に気付かず勢いよく立ち上がってしまったのだ。

ゴンッ!!
頭の上の棚に後頭部がジャストミート。

…ンッ……ガッ………クッ…ク!!

あまりの痛みに声も出せませんでした。
しかも何故か、ぶつけた後頭部だけでなくアゴまで痛い。
もしかして、あまりの衝撃に噛み合せまでもが狂ったのだろうか?
…とにかく初めての衝撃だ。

まいったな、これヤバくね?
だって、ここまで頭が痛くなった経験ないんだもん…
ちょっと恐くなってきたので、出かけるのは中止。
とにかく安静にしてようと布団に潜りこみました。

でも、布団に入ってジッとしてるとますます恐い。
「このままポックリいっちゃったらどうしよう…」
みたいな不安が浮かんできて気が気じゃないの。

まずいぞ…このまま死んだら変死扱いにされかねん…
とりあえず頭をぶつけたって事だけでも知らせておかないと事件になってしまう。
そう思った俺は、メモ用紙を掴むとペンで走り書き。

「車庫で後頭部をぶつけた。12/6」

よし、これで万が一俺が死んでも事故だってわかってもらえるはずだ。
メモをテーブルに置くと、痛む頭を抱えて再び布団へ。

……………

そして現在、時刻は19時00分…
頭痛は無い、吐き気も無い。
どうやら死なずに済んだようだ…

よかった…無事だった…
一時はどうなることかと思ったけど、なんとか生きている。
た、助かったぁ…

……………

でも、本当に大丈夫だったのだろうか?
眠る前に書いたメッセージをあらためて読んでみると、こんな事が書いてあって少し不安になってきた。

「車庫で後頭倍をぶつけた。12/6」

…なあ、もしかして、無事なようで微妙に壊れてないか?
…それとも元からか?


ちっとも「焼き」じゃない  2005/12/07

よくあるオッチョコチョイ話で、
「カップやきそばのお湯を捨てる前にソースを入れちゃった」、というものがある。
こういった話はよく聞くんだけど、自分にはその経験がありません。

でもインスタント製品とは長い付き合いなんだし、やっぱり俺も一度くらいはそんな経験をしておくべきなんじゃないだろうか。

ということで、今日はあえてお湯を捨てずにソースを入れてみた。



うう、なんだこの違和感…
見てるだけでなんだか気持ち悪いぞ。
こんなものを食べられるんだろうか…

しかし作ってしまった以上、食べなければいけないわけで…
恐る恐る、ズズズとすすってみる。

……………

むう、これは…
薄い…薄いやきそばだ…

初めて口にしたスープやきそば、それはなんとも微妙な味。
「こんなもの食えるかっ!」
ってくらいにマズければむしろ嬉しかったかもしれない。
でもこれは、美味くもなく、まずくもなく、ほとほとコメントに困る中途半端な味…

ホント、単に薄いペヤング。
ま、当たり前っちゃ当たり前の結論なんだけど、なんだかんだ普通に食べきっちゃったのが悲しい…


3歩歩くまでもなく忘れる  2005/12/08

今朝、出かけて10分もしない内に、なんだか嫌〜な予感がした。
「あっれ〜、なんか忘れてないか?俺…」
どうも何かをし忘れたまま家を出てきてしまった気がしてならない。

これが何年か前なら、タバコの消し忘れかもと慌てて家に戻る所なんだけど、もうタバコはやめたので火事のような心配は無し。
ん〜、もし何かを忘れてても大事件にはならないだろうし、ひとまず放っておくか…

と、そのまま出かけてしまったんだけど、出かけた先でもやっぱり引っかかる。
あー、俺は一体何を忘れてしまったんだ。
気になる…すごく気になる…

そして夕方…
ようやく家に帰ってきたので、何を忘れたのかを確かめようと部屋までダッシュ!
するとドアを開けた瞬間…

モワ〜

ものすごく暖かい空気がブワッとのしかかってきた。
…なるほど、エアコンを切り忘れてたのね。


麦茶に砂糖を入れてた俺なのに…  2005/12/09

最近、野菜ジュースが美味しくてたまりません。

実はこの前、コンビニのくじで野菜ジュースが当たったんですよ。
でも俺は野菜ジュースなんて大嫌い。
「せっかくクジに当たったのに、賞品が野菜ジュースじゃむしろ罰ゲームじゃねえか…」
そんな風に思ってて、飲まずにしばらく放置してました。

ところが、飲む物が無くて仕方なしにその野菜ジュースを飲んでみたところ…
「…やや!美味いがな!」
大嫌いだったはずの野菜ジュースがやたらと美味しい。

ガキの頃は嫌でたまらなかった、妙なしょっぱさとドロドロした舌触り…
なのに今飲んでみると、むしろそれを美味しく感じるなんて。

とまあ、唐突に野菜ジュースの美味しさに目覚めてしまい、ここんとこ毎日のように野菜ジュースを飲んでます。
ま、ペットボトルで売ってるような野菜ジュースじゃ健康にはほとんどプラスにはならんだろうけど…

しかし、ガキの頃に嫌いだったものがこうも美味しくなるなんて、なんとも不思議なもんです。
茄子とかもいつの間にか好きになってるし。

でも、でもやっぱり好きな食べ物を考えると真っ先に浮かぶのは…
ハンバーグ、カレー、ラーメン、そしてポテトチップス。

…野菜ジュースを何本飲んだって追いつかないな、こんなのばっかり食ってるんじゃ。


スパイのような動き  2005/12/10

今日はトイザらスに行ってきた。

というのも、実は今「どうぶつの森」っていうゲームをやってるんですが、お店の中にあるワイヤレス通信の端末からゲーム内のアイテムをダウンロードできるんですよ。
しかもこのアイテムは店頭でのワイヤレス通信限定なので、普通に遊んでると手に入らない代物。
んー、限定と言われるとやっぱり欲しい。

ということで、ニンテンドーDSを持ってトイザらスまで行ってきたんだけど、やっぱりお店の中でゲーム機を取り出すのは辛い…
端末の前まで行くと、そこはもう子供や親子連ればかり。
とてもじゃないけど、そんな場所で俺みたいなおっさんが一人でピコピコとゲームをいじってたら怪しすぎます。

ああ、どうしよう…アイテム欲しいのに…

しかしDSを取り出す勇気も無く、端末の前を行ったり来たり…
ってマズイ、無意味にウロウロしてる方がよっぽど怪しいじゃねえか…
仕方ない、ひとまず退散しよう…

そして、店の外でうなだれる俺。
はー、もう帰っちゃおうかな…

いや、待てよ…
ワイヤレス通信なんだし、もしかしたら店の外にまで電波が届いてるんじゃないか?
そうだ、可能性はあるかもしれん!

そのわずかな希望にかけ、早速、店の外にある通路の隅っこでDSを動かしてみた。

…ビンゴ!!
通信できてる!!!
しかもここなら目立たない!!

というわけで、お店の外の通路からコソコソとアイテムをダウンロードして帰ってきたのでした。

それにしても、CMの爽やかさとはあまりにかけ離れた俺のどうぶつの森ライフ…
なんでCMのようにいかないんだああああ!!


ケサランパサラン?  2005/12/11

もう長いこと部屋の掃除をしていない…

常に「掃除しなきゃ…」とは考えているんだけど、警備のバイトなんかを始めちゃうと、掃除なんかにエネルギーを使う気にはなりません。
どうせ掃除したってまた汚れるんだし、するだけ無駄無駄。
と、部屋の中は散らかるがままの状態となっています。

しかし、掃除を怠ったせいでえらい事が起こっています…

その主役は綿埃。
テーブルの下にこう、空気の流れが集まるような場所でもあるのか、ずいぶん前からテーブル周辺には埃が溜まってたんですよ。
でまあ、最初のうちは小さな埃だったんですが、何もせずに放っておいたところ、そこに溜まっていった埃が合体し始め、ぐんぐん成長してるんです。

最初は小指の先ほどの埃だったのに、今や手のひらにこんもり乗っちゃうほどに巨大化。
なんというか、手乗り綿埃。

ヤバイな、まさかこれほどとは。
ここまでくるとさすがに掃除をしないとマズイような…

…いや、もっと大きくなるかもしれないから放っておこう。


こちらの壁は厚い  2005/12/12

今日も今日とて、どうぶつの森でチマチマと遊んでます。
魚を釣ったり、穴を掘って化石を探したり…
あり余る時間を使ってマップを自作するほどハマっとります。

ちなみにこの「どうぶつの森」、一人でチマチマ遊ぶだけのソフトではありません。
wi-fi通信っていうネットを介した通信で、遠くの人を自分の住む村に招待して一緒に遊んだりできるんです。
ただ、多人数で遊ぶためにはPCのUSB端子にコネクタみたいのをくっ付けて通信をするんですが、残念ながらwindowsXPでしか動作しません。
うちのPCはいまだにwindows98SE、通信で遊びたくとも遊べません…

しかし少々調べてみたところ、PCを使わずとも無線ルータがあればwi-fi通信で遊べるらしい。

…って、そういえばうちのルータも無線じゃなかったか?
速度を落としたくないからLANケーブルで繋いでたけど、たしか無線での接続もできたはず。
おお、これなら俺もwi-fi通信で遊べるんじゃないか?

というわけで、早速wi-fi通信の設定にチャレンジしてみることにした。
一階にあるルータの前まで行って、ルータの空箱から説明書を引っ張りだし、あーでもないこーでもないと、格闘すること一時間…

思考錯誤の末、ついにDSのモニターに「接続できました」という文字が。
やった!うちでもwi-fi通信ができるようになった!
これで日本全国の人と遊べるぞ!

と、思ったのに…

部屋に戻って接続を試みると、モニターには「接続できません」の文字。
なんと、俺の部屋までルータの電波が届いてねえでやんの!
おいおいおいおい、せっかくここまで頑張ったのに部屋で遊べないのかよ!

てことはだ、もし俺がwi-fi通信で遊ぶとしたら、居間まで行って、そこでDSを広げて遊ぶしかないわけだ。
しかし家族のいる居間でゲームなんか…できるわけが…ない。
ゲームでピコピコ遊んでる姿を見られるなんて、さすがにそれはマズイ…

くっ、まさかトイザらスで通信するよりも難易度の高いものがこんなすぐ近くにあったとは…


前のCMに戻せ!  2005/12/13

いやー、東京ってすごい所だ…
都内の道を走ってたら、こんな車が走ってました。



普通のトラックに広告をペイントしたのならよく見かけるけど、これはドリンクの形まで作っちゃってる。
当然これじゃ荷物を乗せたりできないだろうから、宣伝のためだけにこれを走らせてるってことだよなぁ。

いやはや、ウコンの力は宣伝に気合入ってるな。
以前は木の実ナナや錦野旦がクネクネと変な踊りをするCMだったのに、いつの間にかジャニーズに変わってるし、こんな車まで作っちゃうし…

でも…
いくら宣伝に金をかけたって、「ウコンの力」って文字を見た時に「ウンコの力」と読んじゃうのだけは防げません。
ウコンはどこまでいってもウンコ。


市原悦子には見られたくない  2005/12/14

水曜日はまんが日本昔ばなしの日。
番組自体も面白いけど、EDの歌が聞きたくてチャンネルを合わせてる感じです。
あの歌が始まると、映像の中のガキに合わせて自分も体を揺すって歌っちゃいます。

でも、ただ歌うだけじゃ物足りない。
やっぱりね、あれを歌うなら自分も全裸にならないといけないと思うんですよ。
EDのガキみたいな全裸になってこそ、「人間っていいな」と、そう本気で思えてくるはずなんですよ。

そこでEDが始まった瞬間、立ち上がってパンツとズボンを下ろしてみた。

…が、
パンツを膝まで下ろした所で動きが止まった。
「ど…俺、なん…こんなこと、してていいのか!?」
チンコがポロリとなった瞬間、急速に冷めていく自分に気付いた。

お尻を出した子1等賞どころか、ぶっちぎられの最下位気分。
チンコを出したままぼんやりと画面を見続け、でんぐり返ることもなくまた明日。

「人間っていいな」と思える日はまだまだ先のようだ…


初回登録料、31,500円  2005/12/15

久しぶりに自分宛の手紙が届いた。
いやー、携帯の利用明細以外の手紙なんて久しぶりだな。

でも、一体どこからだろう…
封筒には社名が書いてあるけど心当たりはない…
んー、まあとりあえず開けてみるか…

……………

封筒を開くと、中身は結婚相談所のダイレクトメール。
こんなもんを俺に送りつけても意味ねえっての…
そりゃ確かに女と縁は無いけどあ、円にも縁が無いから入会料すら払えねえよ。
それなのにこんなダイレクトメールを送ってくるなんて無駄もいいとこ。
切手だけでも80円するのに、なんともったいない…

しかし考えてみると不思議なもんだ。
もし俺以外の誰かにこのダイレクトメールが送られていたとしたら、このダイレクトメールが役に立ってたかもしれないわけでしょ。
このダイレクトメールがきっかけで結婚相手が見つかったり、恋人ができたりって人がいても不思議じゃない。

でも、そんな可能性があったダイレクトメールも、封筒に俺の名前が書かれた瞬間、無意味なものになってしまうという…
俺には入会する金すらないんだから、中を見るまでもなくアウト。
てことは、俺の名前が書かれた時点でそれはもはやゴミなんです。

なんというか、俺の名前が書かれたその瞬間に、物の価値がガラリと変わってしまうという事がなんとも不思議。

そしてゴミだとも知らず、郵便屋さんはせっせとそのダイレクトメールを運んでくる…
せっせとゴミを運んできて、そのゴミをうちのポストに押し込む。

これは…不法投棄だな。


こんな奴になりたかった…  2005/12/16

事件を起こしたら文集を晒される。

最近のテレビ報道を見ると、社会に注目されるような事件を起こすと確実に子供時代の作文が晒されてます。
そういうものを見るにつけ、「自分の作文は大丈夫だろうか…」と心配になってきます。

というわけで、小学校の頃のアルバムを引っ張りだして眺めてみました。
ヤバそうな写真やおかしな文章が載ってないかと、自分のクラスのページをパラパラ…
でも、なんにもナシ。
というかね、つまんねーことしか書いてねーの。

好きな言葉とかを書いてあるアンケートみたいなページがあるんですけどね、ホント無難なの。

好きな言葉、努力
好きな食べ物、カレー
特技、寝ること
尊敬する人、両親

つまんねええええええええええ!!!!
書くことなくて5秒で書いたみたいな答えばっかりじゃん。
つかね、好きな言葉が「努力」のくせに、このテキトーな答えっぷりはなんなの?
この答えからちっとも努力のあとが見えてこねえんだけど。

…でもまあ、子供なんてこんなもんだよな。
学校に提出するようなモノなんて、面倒臭いからテキトーに書いてるもんだ。
他の連中の答えを見ても、やっぱり両親だの努力だのって書いてるのが多いし、ある意味これが普通なんだろう。

しかし、中には只者じゃない奴もいるわけで…
クラスメイトの一人はこんなことを書いていた。


好きな言葉 そういえば聞いたことがある
尊敬する人 テリーマン


腹抱えて笑った。


あと二週間…  2005/12/17

12月17日…
もう今年もあと僅かだってのに、ちっとも年末って気がしない。
いつもと変わらない毎日だ…

んー、こうもいつも通りすぎると、少しは年末っぽいことをしたいぞ。

とはいえ、師走っぽく年賀状書きでもしようかなと思っても、出す相手がいない。
じゃあ大掃除でも…
って、掃除は面倒だしなぁ。

昔ならこの時期、テレビ情報誌とビデオテープを買って、年末年始の番組をチェックしたりなんかしてたけど、ネットで番組表が見れる今じゃテレビ情報誌なんて買わないし、そもそも録画してまで見たい番組も無くなった。
食い物を買いだめしなくてもコンビニは年中無休だし、実家暮らしだから帰省の準備も必要ナシ。
街で宝くじ売り場を見かけても素通り。
はー、やっぱりいつもと変わらん生活だ…

あー、何かないのかな、俺にもできる年末っぽいことは。

……………

で、思いついたのが歳末たすけあい。
ウェブマネーが中途半端に残ってたので、ネット上から募金してきた。

でも、募金箱に小銭突っ込むならともかく、部屋の中からPCで募金したんじゃちっとも年末っぽくなかった…


鼻正月  2005/12/18

もしかして俺、風邪ひいた?
熱も寒気も無いんだけど、なんか鼻水がすごいことになってる。

まあこの時期は普通に鼻水出しまくりなんだけど、今日の鼻水は白いの。
んー、なんつったらいいんだろ…

そう、餅!
鼻から餅が出てるんですよ。
鼻水なんていう液体っぽい感じじゃないの、だってすごいんですもん、伸びが。
ミョイーンっていくらでも伸びやがる。
そいで完璧に真っ白だし、ホント餅としか思えない雰囲気。

鼻から止めど無くあふれる餅…
どんなファンタジーだよ。

ちょっと楽しいけど、口でしか呼吸できないのは辛い。


もっと暖かい布団が欲しい  2005/12/19

寒い!
ここ数日の寒さでついに蚊も見かけなくなった。
いよいよ冬本番って感じだ。

で、これだけ寒いと寝てる最中もやっぱり寒いらしい。

寝る時は普通に布団をかぶって寝てたのに、目が覚めると布団で体をグルグル巻きにしてたりするんです。
どうも布団の隙間から冷たい空気が入ってくるのを嫌うらしく、無意識に布団の端を体の下に巻きこんで密着させようとしてるみたい。
だから朝になると簀巻き状態。
胸の上に手を置いて、身動きがとれない姿で目が覚めるもんだから、ちょっとツタンカーメンっぽい。

でもポーズがツタンカーメンでも、周りが違いすぎ。
黄金のマスクどころか安い毛布と布団だし、宝石や王冠の副葬品も無くて、代わりにゴミと埃が散乱。

ツタンカーメンにはなれそうもないので朝からチキンラーメンを食べた。
お湯も使わずバリボリ食った。


来年はこいつらの年  2005/12/20

今、上野動物園では「川上犬」という犬が展示されています。
この犬は長野県の天然記念物で、全国でも300頭前後しかいないそうだ。
なんでも、戦時中には犬の撲殺令なるものが発令されたそうで、その撲殺令の影響から、川上犬はほとんどいなくなってしまったらしい。
しかし戦後、山奥で飼われていた川上犬が発見され、そのおかげで血を絶やさずに生き残ることができた、と。

で、そんな川上犬が来年の1月9日まで上野動物園でも見られるということなので、せっかくだから見てきました。



ほほー、これが川上犬…
んー、これはまさしく…普通に、犬…だな。

なんというか、犬のことはサッパリなんで、正直、そこらの犬との違いがよくわからない…
つか、近所で見たことあるぞ、こんな感じの犬。
小学生の時、家の前を通るだけで吠えかかってきた近所の犬にそっくりだ。
そんなイメージなせいか、とても貴重な犬には思えない。

でも、まだ生後三ヶ月の子犬なので、貴重かどうかは関係無しに可愛かったです。
ボールを追いかけてチョコチョコ走りまわる姿を見ると、犬がちょっと苦手な俺でもニヤニヤしちゃいます。

…だが、俺の目の前でウンコはしてくれるな。


腸を蝶結びされるような感覚  2005/12/21

腹痛の表現で「さしこみ」というのがあるけど、あれはどういう状態を言うんだろうか?
お腹を押さえてうずくまって、「さ、さしこみが…」なんてシーンをドラマなんかで見かけるけど、具体的にどういった痛みなのかよくわかりません…

で、その「さしこみ」と同じなのか別なのかはわかりませんが、自分もたまーに猛烈な腹痛に襲われることがあるんです。

その痛みは突然やってきます。
なんの前触れもなく、いきなり腸を鷲掴みされたようなズキッという痛みが襲ってくるんです。
時間にするとほんの僅か、せいぜい十秒程度の長さなんだけど、ケツに鉄パイプを突っ込まれたような激しさなのです。
ホントあまりに痛いんで、声も出せないし指を動かすことすらできなくなっちゃいます。

で、そんな痛みが今日、襲ってきたのです。
棚の荷物を取ろうと立ち上がった瞬間、ギュルルルと腸を捻じられたような感覚が。

………ッ!!

きた、きやがった。
この痛みが襲ってくると、もうどうすることもできません。
立ち上がる途中だったんだけど、中腰の姿勢のまま固まってしまいました。
とにかくこの状態のまま、痛みが去るのを待つしかありません。

(痛い痛いイタイいたい痛い!)
声も出せないので、眉間にシワを寄せて頭の中で絶叫するだけ。

(頼む!早く…早く収まってくれ…)
痛みが引くまで10秒程度、腸の中をモグラが這い回るような感覚に耐える、ひたすら耐える。
そして、痛みがピークに達した瞬間…

プスー

屁が出た。
中腰の情けない姿勢で屁がしゃしゃり出た。

…たかがガスの分際で、ここまでの痛みを俺に与える屁のなんという恐ろしさよ。


全米よりも泣いた  2005/12/22

今日の風の強さは何なんだ!
警備のバイトで屋外にいたんだけど、あまりの強風でよろけるよろける。

んで、風だけならまだいいんだけど、酷いのが砂埃。
風が吹く度に顔にバチバチと当たってきて、口の中が砂でジャリジャリいってんの。
もう嫌、帰りたい。

でも、こんなもんじゃなかった。

猛烈な突風に襲われた瞬間、目に激痛が!
「んあっ!な、なんだこれ…ぐああああ!!」
これは砂埃なんかよりもずっとヤバいモノが目に飛び込んだに違いない。

「目が、目があああああ!!」
あまりに痛いもんだから、本気でムスカみたいに悶えてしまった。

とにかく目に入った「何か」を取り除かなきゃと目をゴシゴシ擦るんだけど、ちっとも取れやしない。
涙は止まらないわ、鼻水は止まらないわで、痛みが収まった頃には顔中汁まみれ。
ここまで痛くなるなんて、一体何が入ってんだ!?

とりあえず痛みはやわらいだとはいえ、まだ目の中の異物は取れていなかったので、家に帰ってから念入りに目を洗ってみました。
すると目の奥から出てきたのは、長さ3ミリはある草の実(?)。
目に入ることを考えると、3ミリはかなりの大きさ…
んー、こりゃ痛くて当然だ。

でも、なんで俺みたいな細い目に飛び込んできやがるんだよ…


あんたこそ「なんなんだ」  2005/12/23

街の中を歩いていた時のこと…
細い路地から大通りに出ようと建物の角を曲がった瞬間、ものすごい声で怒鳴られた。
「なんなんだよてめえこの野郎!!」
ビックリして声のした方を向くと、すぐ脇のビルの植え込みに座り込んだおじさんが弁当を食いながら俺を睨み付けてる。

え、なんで!?
別にぶつかるほどに近付いたわけでもないし、何かした覚えは無い。
俺は曲がり角から出てきただけで、出会い頭にいきなり怒鳴られた感じだ。
状況が飲みこめず、思わず固まってしまった…

だが、おっさんは容赦ない。
「ふざけんなよテメエ! 何様のつもりなんだよテメエ!」
植え込みに座ったまま、俺に対して罵声を浴びせる浴びせる。

「なめんなよテメエこの野郎! ど、お前、なんなんだよっ!」

ここで弁当をひと口食べる。
そしてまた続ける。

「テメエなんかな、生きてる価値ねえんだよこの野郎!」
「このクズが!」
「この世にいなくていいんだよテメエは!」

で、さらに弁当をひと口。

どうやらちょっとアレなおっさんらしい。
しかしなんで俺がこんなに罵声を浴びなきゃならんのだ?
一方的に怒鳴られたもんだから、ふつふつと怒りがこみ上げてきた。

けど、おっさんの言うことは当たってるわけでして…
初対面でここまで的確なコメントをされると反論すらできないわけで…

仕方ないので、「すいません」みたいな顔をしつつ、会釈しながら早足で逃げてきた。

それにしても、おっさんのあの的確な罵倒ぶり…
前世では女王様だったに違いない。


ホントに昨日の出来事だったのかもしれない  2005/12/24

気がつけばもうクリスマス…
はー、一年っていうのはあっという間だな。
去年のクリスマスがつい昨日のことのように感じるのに、もう一年経ってるんだもん。
そして今年もまた、去年と同じようなクリスマスを過ごすことになるわけだ。

でも…
去年のクリスマスはどうしてたんだっけ、俺。
家にいたのは間違いないけど、どんな感じだったかはよく覚えていない。

で、そんな時に役立つのが2chブラウザのkakikomi.txt。
2chばっかりやってる俺だから、これさえ見れば去年の24日をどんな風に過ごしていたかが多少はわかります。
というわけで早速45MBまで膨れ上がったkakikomi.txtを開き、去年のクリスマスの様子を探りに出発しました。

去年の12月24日、最初の書き込み。

--------------------------------------------
Date : 2004/12/24 04:38:45
Subject: 今日はクリスマスイブなんだけど
URL : http://news13.2ch.net/test/read.cgi?bbs=news&key=1103815715

さっそく本日1回目のオナニーしてくるわ
--------------------------------------------

いきなりオナニーの話題…
最悪じゃねえか、去年の俺。

でも1年経ったんだし、こんなバカな俺でもちょっとは進歩してるかもしれん。
そこで、今年の俺はどんな塩梅なのかと、今日の書き込みも調べてみた。
すると…

--------------------------------------------
Date : 2005/12/24 15:49:32
Subject: 雑談 クリスマスは今年もやってくる
URL : http://etc4.2ch.net/test/read.cgi?bbs=male&key=1135403857

もうすでに2回ほどオナニー済ませたし
--------------------------------------------

今年もオナニーのこと書いてんじゃねえか…
どんな人間なんだよ、俺…

そしてさらに、こんなものも見つけた。
去年の12月25日、サッカーの番組を見てた俺の書き込み。

--------------------------------------------
Date : 2004/12/25 10:41:36
Subject: サッカー特番           あやや
URL : http://live16.2ch.net/test/read.cgi?bbs=liventv&key=1103937222

そりゃチャンバも走るわ
--------------------------------------------

んで、今日の朝、サッカーのニュースを見てた俺の書き込み。

--------------------------------------------
Date : 2005/12/24 05:41:40
Subject: 実況 ◆ &日テレ 12531
URL : http://live22x.2ch.net/test/read.cgi?bbs=liventv&key=1135338452

そりゃチャンバも走るわ
--------------------------------------------

おい…
去年と全く同じこと書いてるじゃんかよ…

これってつまり、一年経っても何ひとつ進歩してないってことだよな…
なんだったんだ、俺の一年は…


ケーキよりミカン  2005/12/25

今、ミカン食べてる。

いやー、やっぱ冬にはミカンっすね。
部屋にコタツが無くてちょっと寂しいけど、毛布にくるまってミカンを食べてると冬が来たことを実感します。

自分は神経質な性格なので、ミカンの袋に付いてくるピロピロな繊維を剥がしつつ、ミカンをひと口、ふた口…
「うまい! うますぎる!!」
あまりの美味さにやめられない止まらない。
あるならあるだけ、体が黄色くなるまで食べ続けてもいいくらいだ。

そして気が付けば、PCの脇にミカンの皮がてんこ盛り。
ずいぶん食ったもんだ。

……………

しかしなんだろう、ミカンは食べ終わったはずなのに、なにか物足りない。
そう思った次の瞬間、食べ終わったミカンの皮を手に取っていた。

……………

そして、つまんだミカンの皮を目に「ジュッ!!」
皮から飛んだ汁が目に飛びこむ!
「ぐあwぁあ!!」

一度はこれをやらないと気が済まないらしい。


久しぶりの本屋  2005/12/26

今日はちょいと本屋に寄ってきたんだけど、店内を歩いていたらエロ本のコーナーが目に入った。
昔はそれこそ、デラべっぴんだのアップル通信だのを買ったりしてたんですが、PCを使うようになってからというもの、エロ本とは無縁の生活…
そのせいかエロ本コーナーを見ると、なんというか、懐かしさのようなものを感じてしまいます。
俺も昔はあそこで立ち読みとかしてたんだよなぁ…

しかしエロ本とは無縁の生活になってしまった今だからこそ感じるのですが、エロ本コーナーってなかなか特殊な空間ですよね。
あそこでエロ本を物色してる姿っていうのは、明かに性欲丸出しじゃないですか。
他のお客さんから見ると、オナニーする気マンマンなのがバレバレなわけですよ。
猿のケツが真っ赤になるくらいわかりやすい。

しかもお客さんは男だけじゃないわけでしょ。
女の人や子供たちの目の前で「これからオナニーします宣言」をしてるようなもんですよね、あれ。
昔は特に気にもせずに立ち読みとかしてたけど、冷静に考えると恐ろしいですわ。

最近のエロ本事情が気になるので何冊か手に取ってみようかと思ったんだけど、周りの目を想像してしまい、思わず素通りしてしまいました…

そして、ゲームの攻略本コーナーへ向かい「どうぶつの森」のガイドブックを探す俺。
…そっちの方がエロ本の立ち読みより恥ずかしい、という意見は却下だ。


迂闊に外も歩けない  2005/12/27

スーパーへ行こうと外に出た時のこと。
とぼとぼと道を歩いていると、前方の信号で女の人が信号待ちをしているのが見えた。
ん、あの人、どっかで見たことあるような…
チラッと見えた横顔には確かに見覚えがあった。

げ、同級生の女じゃんか!

間違いない、小学校と中学で同級生だった奴だ。
数年前、同窓会みたいなので顔を見かけた覚えもあるし、あれは絶対そうだ。
どうしよう、このまま歩いていったら確実に顔を合わせることになる。
こっちが気付いたってことは、向こうが俺に気付く可能性だってあるんだよな…
まあ向こうから声をかけてくることはまず無いだろうけど、よそよそしい感じだとそれはそれで気まずいし…

どうしよ…
ああ、どうしよう…

……………バッ!!

結局、モデルばりのターンを決めて家に逃げ帰ってきた…


大、耳掃除  2005/12/28

年の瀬だってのにこれといった慌ただしさもなく、今日も一日ボケーッと過ごす。
PCの前で口を半開きにして耳掃除とかしてんだからノンキなもんだ。

は〜、気持ち良いわぁ…

耳をほじくっては、取れた耳クソを確認。
いっぱい取れてると妙に嬉しい。

でも、ふと体を前かがみにしたところ、耳かきに乗っかっていた耳クソがフワリと宙に舞った。
!!
何事かと思ったら、モニターの静電気に引かれて耳クソがフライング。

おお、なんかおもしれえ!

ピリピリいいながら飛んでゆく耳クソの動きがツボだったので、調子に乗って取れる耳クソを片っ端からモニターに近付けた。

おひょひょ、おもしれー!

なんてことをしてたもんだら、気がつけばモニターは耳クソだらけに…

…なんだか今日はすごく疲れた。


今日こそ忘れたい  2005/12/29

あー、頭いてえ…
くそー、やめときゃよかった…

実はさっきから酒なんてものを飲んでます。
忘年会ですよ、一人忘年会。
今年あった色んなことを忘れてやろうと、缶ビールやなんかを数本買ってチビチビやってたんです。
そしたらもう頭が痛くて痛くて…

もともと酒の飲めない人間だから、気持ち良い瞬間もなく、あっという間に気持ち悪くなった。
一人忘年会とかバカなこと考えなけりゃよかった。
大体、忘年とかいったって、これといったエピソードの無い1年なんだから、忘れるべき事柄すら無いっての。

おまけに灯油販売の車が音楽かけながら走ってたんっだけど、かけてんのが「大きな古時計」。
外からあのメロディが聞こえてきてすげえ悲しくなってきた。

年の瀬だってのに何やってんだよ俺は…
あったまいてえええええ!!


特許を申請しようと思う  2005/12/30

電動の髭剃りが使えなくてT字を使うようになってずいぶん経つ。
で、髭剃りを使い終わった後に髭剃りを振って水を飛ばすんだけど、その時、あることに気付いた。

「腕を振ると誰でもカワイイ」

これ、一度やってみてください。
まず、右手を振るんですよ。
でもこの時点では可愛くない。
そして次に左手も振る。

するとあら不思議、なんか可愛くなってきた。
歯を食いしばって両腕を振りまくるとますます可愛い。
やっば、俺今すっごいキュートになってる!
ジタバタする感じが良いんだろうか、まさかこれほど可愛い感じになるなんて。

そこで、この可愛さがどれほどのものかと鏡の前でやってみた。


……………………………


ソバを食ったらもうする事が無い  2005/12/31

今日は大晦日。
きっと年が変わる午前0時頃はみんなアチコチで大騒ぎしていることだろう。
でも自分はここ数年、年が変わる瞬間を見ていない。
だって、午前0時には絶対寝てるんだもん。

寝るのはいつも21時か22時。
そいで3時、4時に起きるってのが習慣になっちゃってるから、とても0時まで起きてらんない。
きっと誰かと一緒なら起きてられるんだろうけど、部屋に一人でいるとダメ。
21時を過ぎるとウトウトしてきて、テレビをつけてようが音楽を聞いていようがそのまま眠っちゃう。

しかし俺だってたまにはカウントダウンなんぞをしてみたい。
ということで、今日は0時まで起きてる決心をした!

…はずなんだけど、早くも眠い。
昼間に少し寝ておこうかと布団に潜ったけど、結局眠れなかったからいつもの通り睡魔が襲ってきた。
これを書いてる今も、うつらうつらと頭を揺らしてるほどだ…
くそっ、小学生だって起きてられるのに、なんで俺はこんなに眠いんだ!

むー、俺はこんな状態のまま0時まで起きていられるんだろうか…
いや、どうせ「少し横になって目だけつぶろう」みたいなことを言い出して、結局そのまま寝ちゃって、目が覚めると2006年になってるんだろうな。

…と、
そんなオチが予想できたので、やっぱり無駄な抵抗はやめてグッスリ寝ることにした。
どうせ0時まで起きてたって楽しいことなんか何もねーし、初夢でも見た方がマシだ。

とりあえず枕の下に酒池肉林と書いた紙でも挟んでおくとしよう…




<<  前の月    TOP    次の月  >>



SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO