日記のようなもの

2007年2月

<<  前の月    TOP    次の月  >>



今は何月なんだ!?  2007/02/01

桜が植わってる川沿いの道を自転車で走っていたら、木の所々に小さな花が咲いているのを発見。



これは…桜!?
あまりの暖冬っぷりにもう咲いてしまったのか???

まだ2月になったばかりだってのにもう桜が見られるなんて…
むー、さすがにこれはちょっと早すぎだろ。
いくら暖かいとはいえ、いきなり現われた桜の花には驚いてしまいました。

でも…
これってホントに桜なんですかね?

春になると桜がキレイだなんだと騒いでる自分ですが、実を言うと花を見ただけじゃよくわかりません。
桜の判断材料なんか、開花が発表された時期に咲いてるから桜だと思ってる程度なんですよね、正直。
梅にしたって、梅林公園みたいな梅であることがハッキリしてる場所じゃないとピンとこないし…

だから目の前に咲いた花が桜なのか梅なのか、それとも全然別の花なのか、見れば見るほどわからなくなってきます。

まあとにかく、今年は暖かいってこった。


止まらない高速ピストン  2007/02/02

大変だ! コンポが壊れてしまった!!

いやね、さっきCD聴いてたんですけどね、そろそろ消そうかなあと本体の電源ボタンを押したら、いきなり「ガッガッガッ!!」っていう大きな動作音と共にCDのトレイ部分が出たり入ったりし始めたんです。
なんつったらいいんだろ、トレイが全部出てくるわけじゃなくて、トレイの先端が1〜2pピョッと飛び出してすぐに引っ込む感じ。
これを高速で何度も何度も、とにかく狂ったように繰り返してんですよ。

なんじゃこりゃあああ!

いやもうビックリですよ。
切ろうと思って電源押したのに、電源が落ちるどころかより激しく動き出してんですもん。
一体何が起こったんだと。

でね、うちのコンポって液晶パネル部分に文字が出るんですよ。
電源を落す時なんかは、そのパネルに「see you!!」って文字が表示された後で電源が落ちるようになってます。
まあ「windowsを終了しています」画面みたいなもんだと思ってください。
ところがですよ、今回は電源ボタンを押してその「see you!!」って文字が表示された直後にトラブル発生。
「see you!!」って表示されてるのにちっとも「see you!!」してくれないんですよ!!
パネルじゃ「see you!!」と言っておきながら、延々トレイが出たり入ったり。

なんかね、壊れたロボットがこっちに向かってずっと手を振り続けてるような恐怖をおぼえましたわ。

とりあえずコンセントを差し直したら元に戻ったけど、ポルターガイストみたいな感じでそこらの物まで勝手に動き始めるんじゃないかとちょっとビビっております…


不完全犯罪  2007/02/03

はー、部屋ってなんですぐに散らかるんですかね…
ちょっと油断していたらあっという間にゴミだらけになってました。
中でも酷いのがカップラーメンの容器。
昨日か一昨日食べたカップ麺とかがですね、容器の中にスープを残したまま放置してあります。

んー、さすがにスープが残ったままなのはマズイ。
というわけでカップ麺の容器を手に台所まで向かったんですが、面倒臭くて容器を2〜3個まとめて持ったのが失敗でした…
途中、手に持っていた容器が滑り落ちて、廊下に豚骨ラーメンのスープがビシャーン!!

うあ…やっちまった…
まさかこんな事になろうとは…

しかし今更後悔しても後の祭り。
手間を省くどころか、床にこぼれまくった豚骨スープを拭くハメになってしまいました。
近くにあったティッシュを手に、大量の白い液体を拭く悲しさといったらもう…

でもまあ、家族が家にいない時で良かったですわ。
もし家族の誰かに見られてたら絶対嫌な顔をされてましたもん。
とりあえず家族が帰って来る前に床をキレイに拭いて証拠隠滅です。

…ところが、

床に豚骨スープをこぼしたことなんかスッカリ忘れて廊下を歩いていると、うちの猫が廊下にいるのを発見。
何をしてるんだろうと思ったら、なにやら床に鼻を近付けてスンスンしています。

……………!!

猫が興味を示しているのは、さきほどスープをこぼしたあの場所ではないですか!
ちょ、お前、なんでそこが…
しかし猫はこっちの動揺なんかお構い無し。
スープをこぼした場所の前に座ってしまいました。
手首を内側に折り畳む、いわゆる箱座りで俺がスープをこぼした床をジッと見つめてます。

ば、バレてる…
確実にバレているぞ…


420円の元は取った  2007/02/04

今日はあまりに退屈だったんで、コンビニで見かけたクロスワードパズルの雑誌を買ってしまいました。

いやー、何年ぶりですかね、この手の雑誌を買うの。
前に買ったのは5〜6年前の正月だったと思うんで、とにかく久しぶりです。

見たいテレビもないし、これでちょっと暇が潰れたらいいかなぁなんて軽い気持ちで買ったんですが、コレ、暇が潰れるどころの騒ぎじゃないですね…
ページの始めの方にある小さめのサイズのクロスワードパズルは鼻歌混じりで楽しく遊べてたんだけど、本の真ん中らへんを開いたら、なんかめちゃくちゃ大きなサイズのクロスワードパズルがあるんですよ。
書初めの時とかに使う縦長の書道用紙あるじゃないですか、あれと同じくらいのサイズのクロスワードパズル。
おいおい、どんだけデカイんだよ…

しかしこんだけ大きいのがあると、やっぱり挑戦したくなりますよね。
なもんで、他のパズルはひとまずおいといてこの巨大クロスワードパズルに挑戦したんですが、これがもう終わらないこと終わらないこと。
黙々とマス目を埋め続けるんだけどちっとも完成しなくって、気がつけば外は真っ暗。

うわ…
今日の俺、クロスワードパズルしかしてないじゃん…

いやホント、面白いくらい他には何もしてません。
おかげで書く事が何も浮かばないという…


掃除記念日  2007/02/05

今日は久しぶりに掃除をしました。

床に散らばったゴミを一通り片付けて、掃除機もしっかりかけます。
去年は本格的な大掃除をせぬまま年を越してしまったので、今回は念入りにやっておこうかと少し張り切ってみました。

しかし何故、今になって掃除をしようと思ったのか?
年末にすら手をつけなかったのに今更掃除を始めたわけですから、そこにはやっぱりそれなりの理由ってものがあったりします…

実はですね、今朝、柿の種を食べてたんですよ。
そしたらその時、うっかり床にピーナッツを落としちゃったんです。
しかしまあピーナッツなら床に落としたって大したことないですから、拾って口にいれますわな。
ところが、ピーナッツを口に入れたらなんかおかしい…

よく見たらね、口にチン毛が入ってやがんの。

……………

待て! 俺はそんなツマミを頼んだ覚えはない!!
クンニもフェラチオもしたことないのに口にチン毛って。
ひじき感覚で口に飛び込むんじゃねえよ!!

というわけで、今日は掃除をしようと決めたのでした。


危うくたおれるとこだった  2007/02/06

「パンツは破れるまで履く」、「靴下は穴が空くまで履く」
これがモットーの私でありますが、破れてもなお使い続けている品があります。
ちょっと前に穴の空いたジャージのことを書きましたが、それとは別にもうひとつ…
えー、何かといいますと、それは「タオル」です。

実はお風呂で体を洗うのに使っているタオルがあるんですが、最近、物凄い勢いで傷み始めてます。
最初の頃はちょっと生地が薄くなったかなぁ程度でしたが、今ではもうタオルのあちこちが網目のようなスカスカ状態になっており、タオルとしての機能を失いつつあります。
でも相変わらず面倒臭がりな性格なので、「今度変えよう」と思いつつも放置してしまい、結局ボロボロになったタオルを使い続けてしまっています。

ですが、いよいよこのボロボロになったタオルにも交換の時期が来てしまいました。
というのも、交換しなきゃならないハッキリとした理由ができたのです。

えーとですね、このお風呂用のタオル、使い終わった後は自分の部屋に干してあるんですが、なんかすごく気になるんですよ。
例えば部屋でPCをカタカタといじってるじゃないですか、そうするとですね、なんか背後から妙な気配を感じるんです…
誰かが部屋にいるような、誰かに見られているような、なんとも変な気分。
後ろには服やタオルがかけてあるだけなのに、何なんだこの気配は…

その妙な気配が気になって振り返ってみると…



うわぁぁぁぁぁ!!
見てる! タオルがこっち見てるうぅぅぅぅぅぅぅ!!


底無しの面倒臭がり  2007/02/07

楽しい気分が一瞬にして潰れてしまうことってないですか?
実はさっきまで楽しい気分で一日を過ごしてたんですが、なんかとってもくだらない理由でガックリきてしまいました…

今日は音楽を聴きながら過ごしてまして、結構気分良かったんですよ。
コーヒーを飲みながら暖かい部屋でぼーんやりと過ごしたりなんかして、なんとも緩やかな一日。

ところが、夜…
ちょっとコーヒーメーカーを洗っとこうかなぁと、コーヒーメーカーのパーツ類を手に廊下に出たんです。
そしたら廊下の明かりがついてなくて真っ暗。
さすがに明かりをつけなきゃ歩けないんだけど、両手が塞がってるからちょっと面倒臭い。
それで、つい口を使って明かりを点けようとしちゃったんです…

照明のスイッチに顔を近付けて、なんとか明かりを点けようとする俺。
これがなんとも不細工なんですよ。
口をひん曲げて、ひょっとこというか、チンパンジーというか…
エサを欲しがる鯉のように口をパクパクする姿はあまりにも酷い。

荷物を床に置けばすむことなのに、俺は一体何をやっているんだ…

必死で口を突き出す自分の情けなさにはたと気付いてしまい、テンションは急降下。
明かりが点いたというのに、むしろ暗くなっていましたとさ…


「嫌です!」と言ったらどんな顔をするか試してみたい  2007/02/08

今日は上野動物園にいたんですが、久しぶりに写真のシャッターを押してくれと頼まれちゃいました。

人の少ない隅っこのベンチでラマをボケーッと見ていた時のこと…
「ほら、○○君見て、ロバさん、ほらロバさんよー!」
孫を連れたおばちゃんがすぐそばに現われました。

ま、おばちゃんと子供は動物園じゃ当たり前の存在ですから特に気にもせず動物を見続けてたんですが、漏れ聞こえてくるおばちゃんと孫の会話に嫌な予感が…
「そうだ○○ちゃん、お兄ちゃんに写真撮ってもらおう、写真」
写真? まさか…

「すいませーん、シャッター押してもらっていいですかー」
って、やっぱり俺かよ!
まったく、なんで俺以外誰もいない場所で写真なんか撮ろうとするかなぁ。
暗くて童貞で人付き合いが苦手な俺に写真を頼むなんてありえないですよ、普通。
むしろ子供を隠せよと、いやマジで。

しかし上野動物園で写真を頼まれるのはこれで三回目。
さすがにこれだけ頼まれるといいかげん慣れてきますね。
予想外の出来事に遭遇するとアップアップする性格の俺なのに、
「写真っすか? いいですよー」
くらいの軽い感じで引き受けてましたもん。

撮影する時も、「それじゃ撮りまーす」なんつって、ごくごく普通にパチリ。
いくらダメ人間の俺でも、慣れれば写真くらいは撮影できるようになるみたいです。
特に奇妙な行動をしてしまうこともなく、おばちゃんにお礼を言われてめでたしめでたし。

…のはずなんですが、
ひとつだけ、おばちゃんに謝っておきたいことがあります。

写真を撮る時、液晶が消してあったから左上の小窓を覗きながら撮影したんだけど、鼻がカメラに当たってしまい、液晶の部分に脂がベットリついちゃいました。

ごめん、おばちゃん…
次からはもうちょい肌がサラサラの人にお願いしてくれ…


ブーイング  2007/02/09

動物園のふれあいコーナーみたいな場所に行くとミニブタを見かけることが多いです。

ブタっていうと家畜のイメージが強いですが、ミニブタなんかを間近で見てみると結構可愛いんですよね。
写真が無いのがアレですが、ミニだけあってヤギや羊よりもずっと小さいし、シッポを振りながらちょこまかと歩いてる姿には愛らしいものがあります。

しかもですね、ミニブタってお腹を触ると必ずゴロンって横になるんです。
なんだかお腹を触られるのが非常に気持ち良いらしくて、ちょっとお腹を撫でるだけでその場にゴロン。
「もっと触ってくれよー」、みたいな感じでお腹を見せてきます。
これがもうたまらんのです。

もちろん姿そのものも可愛いんですが、お腹を触るとかなりの確率でゴロンと横になってくれるんで、自分が催眠術師や気功の先生になったような気分。
ミニブタを思い通りに操ってるような感じがして楽しいのです。

で、実は昨日行った上野動物園にもミニブタがいましてですね、木のそばで土をほじくっている姿を見つけたのでちょっと触ってきちゃいました。

ミニブタをビックリさせないようにそっと近付きますが、地面に鼻を擦りつけるのに夢中でこっちのことなんか眼中に無い様子。
でもね、お腹を撫でてやるだけで態度が一変ですよ。
お腹にそっと手を伸ばすと、「ブヒッ!」とひと声鳴いて動きが止まります。
「フヒヒ、触って欲しいんだろ、このいやらしいメスブタめ!」
なんてセリフを頭の中で喋りつつミニブタのお腹を撫で始めると、我慢しきれずミニブタはその場にゴローン。

…ところがです。

ミニブタが横になろうとしたその場所には木の根が作った溝があったのです。
体を大地に預けた瞬間、ミニブタはその溝にストーン!
「ピギーッ!!」
溝にはまったミニブタは大慌て、手足をバタつかせてパニクってました。

ああっ、なんということ!
ごめんよミニブタ、そんなつもりじゃなかったんだ…

しかし時すでに遅し。
なんとか溝からはい出したミニブタは、いくらお腹を撫でてあげてもゴロンとしてくれないのでした…


ドップラー効果を体験  2007/02/10

今日、家の近所を自転車で走っていたら、背後から焼き芋売りの声が聞こえてきました。

「い〜しや〜きいも〜  おイモッ!!」

あー、焼き芋かぁ…
暖冬でちっとも冬気分じゃないけど、焼き芋屋のあの声が聞こえてくると冬っぽくてちょっと良い感じですね。
値段がわからんから自分で買うようなことはないけど、焼き芋屋の車を見かけるのは好きだったりします。

しかしこの焼き芋屋、なんだか変な感じです。
最初はずいぶん遠くの方で声がしてたのに、ものの数秒でその声がすごく近くなってます。
ん!? なんで?
不思議に思い振り返ってみると、その焼き芋屋の車、60キロ近いスピードでこっちに向かって走ってきてやんの。

スピーカーから「いーしやー」と聞こえてきた辺りで焼き芋屋の車が俺の真横を通過。
そして、「きいもー」の言葉が聞こえる頃にはすでに100メートルくらい先。

…お前、イモ売る気ねーだろ。


花毛  2007/02/11

鼻毛を切らなくなってしばらく経ちますが、ヒゲを剃る時にふと鏡を見たら、一本凄いのが飛び出しておりました。

普通、鼻毛って鼻の穴から下に向かって飛び出しますよね。
でも俺の鼻毛はもうその域を越えました。
なんかね、上に向かって伸びてんですよ。

ペコちゃん、もしくはビタワンとでもいったらいいでしょうか。
鼻の穴から飛び出した鼻毛がね、くるりんと巻きつくような感じで鼻の表面にひっ付いてます。
鼻毛よ、お前はなんでそんなにワンパクなんだ。

しかしこうやって上に向かって伸びていかれると、なんかもう植物ですよね。
このまま蔓みたいに成長を続けて、こっそりマツゲの仲間入りをしてほしいもんです。

…と思ったけど、

いくらなんでも鼻毛を出しっぱなしにしておくわけにもいかんので、鼻の中に押し込んでおいた。
でも、麦のようにパワーアップして飛び出してくるんじゃないかと少し恐い。


できれば粒マスタードを2倍で  2007/02/12

警備のバイトをやっている関係で、最近はお昼をコンビニですませることが多いです。
道端で食べることも多いので買うのはパンやおにぎりばっかりなんですが、最近、ちょっと気にいっているパンがあります。
それはソーセージを挟んだパン。
そんなに美味しいってほどでもないんだけど、粒マスタードが塗ってあるやつとかが結構好きなんですよね。
なので、食べる物に困った時は大抵コレを買っちゃいます。

そいでもって何日か前のことなんですが、お昼ご飯を買おうとコンビニに入ったらですね、ソーセージが2本入ってるパンが売ってたんですよ。
「おお、2本入りじゃんか!」
ソーセージのパンといったら一本しか入ってないのが普通、なのにこれは2本入り、しかも値段は一本のやつと変わらない。
おお、これはイイ!!
というわけで、反射的に買ってしまってました。

…が、しかし

買ったソーセージパンをひと口かじってみた所、なんだか物足りない。
かじったパンの断面をよく見ると、2本だと思ってたソーセージは1本を半分に切っただけのものだった。

……………

値段は一緒だから損はしてないんだけど、なんだろうこのガッカリ感は…


今年初の…  2007/02/13

今日は荒川の河口からほど近い若洲海浜公園に行ってきました。
巨大風車がある埋立地の公園なんですが、ここでぼんやりと海を眺めるのが結構好きで、時々ふらりと立ち寄ります。
今日も海を眺めつつ公園内のサイクリングロードを走って良い気分…

となるはずだったんですが、
自転車で走っていたところ、突然「ガコンッ!」という強烈な衝撃と共に自転車の前輪が激しく沈みこみました。
するとその直後、前輪がパンク。
段差があるような道ではないはずなのに、どうしてパンクするほどの衝撃を受けたんだろ…

不思議に思い衝撃のあった辺りまで戻ってみると、そこでパンクの原因を発見。



犯人はグレーチング、いわゆる溝のフタ。
画像を見たらわかると思いますが、このグレーチング、上下逆さまになった状態ではめてあったんです。
普通ならこの手のフタって隙間に挟まらないよう格子状になってますよね。
ところがこれは天地逆にはめてあるせいで肝心の横棒部分が底の方にいってしまってるんです。

おかげでタイヤがこの縦溝にスポッ。
見事にパンクしてしまいました…

くそっ! 誰だよ逆にハメたの!!

さすがにこれはちょっとムカつきました。
一応ここ、サイクリングロードとして作ってある道なわけですよ。
自転車向けのくせにコレはないだろと。

しかし怒りをぶつける相手もいないので、誰もいない公園の隅っこで黙々とパンク修理。
あー、腹立つわぁ…

でもパンクの修理中、すぐそばの芝生で猫が昼寝してるのを発見。
気持ち良さそうに眠っている猫の寝顔を見ていたら、なんだかどうでもよくなった。


自分にシッポが付いてたら絶対追いかける  2007/02/14

最近、犬を散歩させてる人を見かけると「ちょっとイイなぁ」なんて思ってしまいます。
ただし、犬を飼いたいわけじゃなくって、したいのは散歩のみ。
「ん、なぜ散歩だけ?」
そう思うでしょ?
実は犬の散歩中によく起こる「ある動作」に憧れてるんです。

ほら、犬を散歩してる人ってリードが体に絡まるとクルンって回転しません?
犬が予想外の動きをした時とか、手が後ろに回るのを防ぐためにキュッと一回転。
アレですよ! 俺はアレがしたいのです!

なんつーかね、犬の散歩自体はどうでもよくて、とにかく屋外でグルグルーッと回転したい、ただそれだけ。
「世界が回る感じを楽しみたい」とでも言ったらいいんでしょうか、外のような広い空間で思う存分回ってみたいんです。
アイドルのプロモーションビデオとかでありますよね、芝生の上で両手を広げてクルクル回ったりするの、あんな感じ。
ああいう気分を味わいたいと思いませんか、いや、思いますって。

まあもちろん、回転するだけならいくらでもできますよ。
ただ、そこらのおっさんがいきなり回転し始めたら恐いじゃないですか。
もし俺がそんな奇妙なおっさんを見つけたら絶対ここに書いてます。
それを考えると、迂闊に回転なんかできません…
いきなり回転して違和感がないのなんて郷ひろみくらいのもんです。

だから、だからこそ、犬の散歩を装って「さりげなく」回転したいのです。
犬に振り回されて迷惑そうな顔をしつつ、心の中でニヤニヤしながらクルッと回りたい。
犬を散歩させてる人たちを見る度にそう思う俺なのでした。


のりおちゃんポーン!  2007/02/15

今日は上野の国立科学博物館に行ってきました。

いやー、科博は何度行っても飽きませんね。
化石や標本を眺めてるだけでも楽しいし、全方位映像を楽しめるシアター360もあるし、科博に寄るだけで一日潰せます。
というか、何度か通ってるのにまだ展示品の全てを楽めてません。
まだまだキチンと見てないものがいっぱいです。

というわけで今日は、今まであまり触っていなかった映像資料に手を伸ばしてみました。

館内にはそこかしこにタッチパネル方式のモニターが置いてあるんですが、そのモニターを使えばより詳しい情報を見ることができたりします。
例えば剥製が展示されてるフロアの端末を触ればそれぞれの動物についての特徴を詳しく見ることができますし、狩りの様子なんかも映像で楽しめます。
PDAによる音声解説もかなりのボリュームでしたが、このタッチパネルのモニターから得られる情報もかなり多くて、真面目に眺めてると時間がいくらあっても足りません。
いやー、ホント楽しい場所ですわ。

しかし、楽しくタッチパネルを触っていたところ、突然、聞き覚えのある「ポーン!」という音が聞こえてきました。
ん、この音は…
不思議に思い画面をよく見てみると…



「要求されたリソースは使用中です」
と、モニターにWindowsのダイアログボックスのようなものが。
へー、よくわからんけどこういう機器もWindowsで制御されてるのか…

……………

というかさ、これ、どうしたらいいのよ!?
エラーが出てるっぽいことはわかるんだけど、タッチパネルを触る度に、例の「ポーン」という音が響いてすごいことになってます。
「ポーン! ポン、ポンポーン!!」
まさかこんな場所に来てまであの音を聞くことになろうとは…
おのれWindowsめ…

なんて思っていたら、自分の背後にある端末を触っていた人の方からも「ポーン!!」
どうやら後ろの人にもエラーが出てるらしい。
俺と後ろの人、二人して「ポーン!」「ポーン!」

静かな館内に「ポーン!」という音だけが響き渡るその様子はちょっと面白かったです。


タイトルも思いつかない  2007/02/16

電池切れ。
あー、めんどくさい、指を動かすのすらかったるい…
動く気力わかず、布団の上でジッと過ごしてました。

しかし寝てても腹はへる。
部屋にアメリカンポップコーンが転がってたんで、とりあえずそれをストーブの上でシャカシャカやって昼飯にしようかと思ったんだけど、紙のパッケージを破いた所で面倒臭くなって中断。
結局ポップコーンは放ったらかしにして、袋入りのチキンラーメンを開けてそのままかじる。
テレビを見るのも嫌になったので、耳にティッシュをつめて目を閉じてました。

しかし世の中の人ってこういう時、どうやって気力を振り絞ってんですかね。
やる気が出ないから休みます、なんてできないだろうし…

自分はというと、のそのそと布団から這い出してきたものの、ここに書くことも思いつかず3時間以上PCの前で固まってます。

ちなみに上の「3時間以上」って部分、さっきまでは「2時間以上」と書いてあったのに、相変わらず書くことが思いつかないから2時間が3時間に変わりました。
そしてこうしている間にも時間だけが過ぎてゆくという…

あー、ボタンひとつで気持ちのスイッチを切り替えられたらいいのに。


猫またぎ  2007/02/17

家の廊下で猫が暇そうにしてたので、相手をしてやることにした。
いや、相手をしてもらったと言った方が正確だろうか。

とりあえず猫の前で四つん這いになって、「マー!」と声を出してみた。
しかし猫は知らん顔。
もし誰かが今の俺の姿を見たら「ああ、こいつはついに頭がおかしくなったか」くらい思ってくれるだろうに、猫にはちっとも通じない。
仰向けになって「グブブブブーッ」とうめき声をあげてみたりもするけど、やはり猫にとっては何ひとつ興味のわく出来事ではないらしい。
こっちに注目することもなく、猫は廊下の壁や天井をなんとなく眺めている…

かまえ! 俺にかまってくれよ!
仰向けのまま、猫を見る。
逆さまになった猫もやっぱりシカトだ。

それどころか、猫もさすがに鬱陶しくなってきたのか、横を通りすぎてどこかに行ってしまった。

ネコー! こいやネコー!!
しかしいくら叫んでも猫は来ず。

猫すらいない廊下の床はひんやりと冷たかった。


男には自分の世界がある…ようだ  2007/02/18

突然、昔の出来事が頭に浮かんでくることってないですか?
そういうのって大抵は失敗した時のことや恥ずかしい出来事だったりで、思わず叫びたくなったりしちゃいます。

実はですね、今日も突然、昔の出来事が頭をよぎりました。
自分のバカさ加減を再確認するような出来事です…

あれはたぶん小学生の頃だと思うんですが、うちにルパン三世のフィルムコミックがあったんですよ。
マモーが出てくる最初のルパン映画「ルパンvs複製人間」、あれをマンガ本形式で出版したもの。
今じゃもうどんな映画だったかすら思い出せませんが、当時はこれが大好きで、このフィルムコミックは大切な宝物でした。

そして時が過ぎること十数年…

高校生の頃でしたか、部屋の掃除をしている時にですね、偶然にもこのルパンvs複製人間のフィルムコミックがタンスの奥から出てきたんです。
「うおおお!ルパンの本じゃんか!! 懐かしい!!」
とっくに捨ててしまったと思っていたので、大切な思い出だったこの本が出てきた時には嬉しさもひとしお。
掃除を中断して、思わず最初から読んでしまいました。

…が、ページを読み進めていくうちにその本の有様に愕然としました。

なんかね、不二子が裸になるシーンが結構あるんですけど、そういうシーンが出てくる度、不二子の乳首に赤いペンでハートマークを書き足してあるんです。
他のとこには落書きなんて一切無いんですよ、とにかく不二子のおっぱいにだけ集中攻撃。
右の乳首にも左の乳首にも、まんべんなくハートマーク。

小学生の俺ってば、そんなにも不二子のおっぱいに夢中だったのか…


カッとなった  2007/02/19

スーパーで袋入りのキットカットが安かったんで、思わず買っちゃいました。
小さいキットカットが20個くらい入ってるやつなんですけど、どうやら受験生向けに作った商品らしくて、小分けされてる袋のひとつひとつにメッセージみたいなのが書いてあります。

ゴールはすぐそこ。絶対あきらめないで。
by KIT KAT

とかね、なんかすごい前向きなメッセージだらけなんです。
しかもキットカットを食べようとする度、そのメッセージが嫌でも目に入ってくるわけですよ。

「誰より力強い味方は、キミの中にいる」

「自分の夢をイメージしよう。
それが、きっと、力になる」

「今、がんばらないで、いつ、がんばる?」





あーーーーーーーーっ!!
っぜえ!!うぜえっつーの!!

ムカついたから袋の上からグニグニして、粉になったキットカットを口に流し込んでやった。


雨宿り先  2007/02/20

今日は東京国立博物館に行ってきました。
ホントは上野動物園で時間を潰すつもりだったんだけど、雨が酷いもんだから屋根のある東博に避難。
以前来た時は本館だけしか見られなかったんで、今日は土偶や埴輪が展示してある考古学のフロアを中心に見学してみました。

しかしいつも思うのですが、こういう所の見学者って大抵二つのタイプに分かれますね。
ひとつひとつの展示品をジックリ眺めていくタイプと、目玉の展示品を中心にパッパと見ていくタイプ。
どっちが良いかはわかりませんが、自分はお金を払った以上はキチンと見ておきたいということで、展示品の全てをシッカリ見るようにしています。

で、そうやって展示品をジックリ眺めているとですね、自分のすぐそばにも同じタイプの人がいることに気付きます。
自分より少し先で展示品を眺めてるおじさんとかがね、一つの展示品の前でピクリとも動かなかったりするんですよ。

なんというかちょっと子供っぽくって申し訳ないんですが、こういう時って「抜いたら負け」、って気がしません?
ジックリ見てる人を追い越してパッと先に行っちゃうと、「博物館なんか来てるけど、お前ホントはモノの価値なんてわかんねーんだろ」と思われそうというかなんというか…
もちろん、実際には誰が誰を追いこそうが知ったこっちゃないんだけど、なんだかつい張り合いたくなってしまいます。

なので、前で見学してるおじさんが先に進むまでこっちも停止。
さっき見た展示品をも一度見にいっちゃったりして、俺、なんとか時間を稼ごうと必死なの。

でまあ、こんなバカなことをやってたせいで、今日も東博にある展示品のごく一部しか見ることができないのでした。


それでも腹がへる  2007/02/21

体重が増えているという事実を思い知るのが恐くて体重計に乗れない日々を過ごしています…
しかし体重計に乗らずとも風呂あがりに鏡を見れば、それだけでもう「ヤバさ」みたいなものは嫌ってほどに伝わってきます。

なんかね、胸が大きくなってんですよ。
手を乗っけて触ってみると、確実に揉みがいのあるイイ乳になってきてます。
そろそろお母さんと一緒にブラジャーを買いに行かなければならない状況です。

しかし胸のあたりの肉付きがよくなってくると、なんかこう少し妙な気持ちになってきますね。
両手を添えて下から持ち上げてみたり、だっちゅーの的なポーズをしてみたり、おっぱいのある自分を楽しんでるふしがあります。
しまいには「もしかしたらこれ、ちょっと揺れたりもすんじゃね?」みたいなことも思い始めるわけですよ。
そしたらね、鏡の前で体を小刻みに震わせておっぱいを揺らそうとしてんの。

でまあ、そこまではよかったんだけど…

体を揺すってる最中、小声で「プルプルプルプル…」ってつぶやいてる自分に気付いて急に冷めた。
そして落ちこんだ。


すっかり春でした  2007/02/22

そろそろ梅が咲いているらしいので、ちょっと梅を見にあちこち回ってきました。
まず最初に寄ったのは越谷の梅林公園。



いやー、もう結構咲いてます。
去年は3月11日に行ってこのくらいだったことを考えると、かなり早く咲いちゃってる感じです。
ここは毎年3月上旬に梅まつりを行っているんですが、その頃には散っちゃってるんじゃないかとちょっと心配…

で、越谷の梅林公園で梅を見た後は大宮公園の梅林、川口グリーンセンターの梅と、埼玉南部の市をあちこち走り回って梅を眺めてきました。
大宮も川口もすっかり見ごろって感じで、暖かい日差しを浴びながらぼんやりと梅を眺めていると気持ちが良いです。

しかし、これだけたくさんの梅を見たというのになんだか物足りない気がします。
というのも、花粉症で鼻がグズグズしているせいか、梅の香りがちっともしないんです。
梅の花に顔を近付けても梅の香りはサッパリ。
梅のほのかに漂う香りを楽しんでこそなのに、花粉症の野郎…

でもまあ、いくら腹を立てたところで花粉症が治るわけでもないので、とりあえず梅ガムを買ってみました。
梅ガムを噛みつつ梅を見れば、多少なりとも梅気分が増すのではなかろうかと思いまして…

ま、ガムの強い香りのおかげでなんとなく梅気分は増した気もしますが、こんなんでよかったんだろうか…


で、っていう  2007/02/23

昨日梅ガムを久しぶりに買ってからというもの、妙に板ガムがツボにハマってしまい、今日も梅ガムを買ってきてしまいました。
たまに食うと美味いっすね、コレ。
ジュワッとくる微妙な酸っぱさが気に入ってます。

でも、ガムってすぐに味が無くなるのが悔しいですよね。
ちょっと噛んだだけなのにもう味が無くなっててガッカリ、ってことがよくあります。

なので、味が無くなったらわりとすぐ次のガムに手が伸びてしまいます。
でも、たとえ味が無くなったといっても噛み始めて間もないガムを捨てるのはなんだか勿体無い。
というわけで、味の無くなったガムを捨てることをせず、このまま次のガムを噛んでいくことにしました。

1枚目、2枚目、3枚目…
味が無くなる度に追加されるガム。
これを続けたら口の中がガムでえらい事になってました…

もう噛むのすら面倒なほどにガムが巨大化してきて、新しく追加したガムもそれに飲まれちゃってろくに味がしません。
ほんのりとでもガムの味がしてればマシなんですが、味が消えるともうダメ、なんだか口の中で粘土をこねてる気分。
しまいには吐き気が襲ってきて、「ヴェーッ」つって吐き出してました…

そしたら口から飛び出したガムのでかいことでかいこと。
巨大な丸い玉が口から出てきて、ちょっとヨッシー気分でした。


後ろから見るとちょっとマヌケだったりする  2007/02/24

一昨日、梅を見にあちこち回ってきたわけですが、その時に寄った川口グリーンセンターでは鳥を見ることができます。
動物園と比べたらずっと小さい規模ですが、バードセンターと銘打ったコーナーでクジャクやハッカンなど、何種類かの鳥が飼育されています。

で、グリーンセンターに寄ったついでにそこも覗いてみたところ、ちょうどクジャクが羽を広げているシーンに遭遇してしまいました。



クジャクはあちこちで飼育されているのでそう珍しくもないですが、やはり羽を広げた姿は美しいですね。
動物の世界ではオスの方が派手って場合が多いですが、よくもまあここまで派手になれたもんです。
メスの気を引くためとはいえ、こんな邪魔っけな羽を背負って歩くのはさぞ面倒臭いことでしょう。
おまけにこれを目いっぱい広げて、メスにアピールしなきゃならないわけですから、いやーホント大変だわ。

写真のクジャクもね、なんかすごい頑張ってるんですよ。
羽をバサーと広げて、同じケージのもう一羽に必死のアピール。
ガサガサッ、ガサガサッと羽を揺すりながら、もう一羽を小屋の隅にジリジリと追い込んでいくんです。
あの大きく広げた羽が、両手を広げて逃げ道を塞ぐような感じなの。
そうか、お前はそんなにもやりたいのか、よし、頑張れ!!

……………

と思ったけどちょっと待て。

お前が羽を広げて必死にアピールしてる相手、
…もしかしてそれ、オスじゃねえか?


今日も何もせず  2007/02/25

ずいぶん春めいてきたと思ったら、急に冷えこんだ今日。
あまりの寒さに布団から出られません。

でもまあ、布団から出られなくても特に困らないので、今日は一日布団の中で過ごす日とします。
もうすぐ春だし、布団の中でゴロゴロできるのも今のうちですから。

で、とりあえず枕の下に手を入れて、足はお腹の方にくっ付けて畳む。
おっさんがするにはちょっと可愛すぎるポーズですが、こうやって布団の中に潜っているとなんだか幸せな気分になります。

いやー、やっぱり布団って良いですわ。
布団の中で起きてるか寝てるのかわかんないグニャリとした感覚で時間が過ぎていくのは悪くない。
たまに時計を見るといつの間にか2時間くらい経ってて、ちょっとした時間旅行気分。

でも…

朝から晩まで部屋にいたのに目がショボショボすんのはなんでだ!?
これはやっぱりあれか、服についた花粉とかが部屋に入ってきてて、部屋の中も花粉だらけなのか?
ちょっとウトウトしてただけなのに目ヤニすげえし、鼻をかんだらなんか黄色い。
おまけに息苦しいときたもんだ。
寝てる最中はそれこそ夢心地だったのに、目が覚めたら辛いのなんの。

なので、起きるのはやめてもう一度布団へ。
目がショボショボするならずっと閉じててやる!!


からみ餅  2007/02/26

最近、オナニーに飽きてきた…
ネット上に転がってるサンプル動画をテキトーに拾ってきてオナニーすることが多いんですが、なんかもう作業になってますね。
とりあえず出しておかないと落ちつかないからオナニーしてるようなもんでして、性欲があるのかどうかすらわからなくなってきました。
何十回と見てるエロ動画でオナニーしている自分を見るにつけ、それならいっそオナニーしなくてもいいんじゃないかって気になってきます。
どうも最近のオナニーにはエモーションが欠けているのです…

しかしこんなマンネリを続けていてはマズイ。
あと10年、いや、この先20年、30年とオナニーし続けるかもしれない身なのですから、今からこんな状況では先がありません。
そろそろオナニーも新たなステージ、さらなる高みを目指さなければいけないのではなかろうか。

というわけで今日はオナニーの題材を根本から見直してみることにしました。
なんつーかもうね、性の対象は女である必要もないと思うんですよ。

なので、今日の性的対象は「餅」。
なんと餅工場で大量生産されていた餅が突如意思を持ち、餅人間となって人間に襲いかかってきたのです。
逃げる俺、追う餅。
しかしネバネバした餅人間の手にからめ取られ、あっさり捕まってしまう。
そして全裸にされた俺は餅人間のオモチャにされるのであった。
俺の股間に伸びる餅人間の真っ白な手。
その餅はチンコに絡みつき、上下に動き始める…
「温かい!つきたてのお餅の中、すごく温かいよ!」
吸いつき、粘り、少し残ったもち米のツブツブ感が俺のチンコを激しく襲う。
容赦ない餅の責め耐えきれず、餅の中で果てる俺。

……………

なんて物語を考えてみたけど、チンコはピクリとも反応しなかった。


またしても!  2007/02/27

ぬあーっ!またパンクしたああああ!!

今日は暖かいからちょっと遠くまでと家を出て、わずか1時間。
大宮駅の前でガラス片を踏んで後輪がパンク。
くそっ、この前パンクしたばっかりなのにまたかよ!!

おまけにパンクしたのは人通りが凄まじい大宮駅でしょ。
さすがにこんだけ人のいる場所でパンク修理なんてできません。
なので大宮公園まで自転車を押してって、そこでコソコソと修理しましたよ…

1時間前はウキウキしながら家を飛び出したはずなのに、気がつけばすっかりテンション下がりまくり。
パンクの修理は終わったものの、どっかに行こうなんて気力も無くなってました。

でもまあ、とりあえず大宮公園にまでは来たんですから、せめてここの動物園くらいには寄っておこう。
というわけで、大宮公園内の小動物園で休憩することにしました。

で、ここの動物園には鳥を放し飼いにしているコーナーがあるのですが、そこに入ってみると手すりの上にワライカワセミを発見。



わりと人に慣れているようで、近付いても逃げません。
その距離30センチ、そこらの野良猫よりもずっと近付けてます。
それならばと、自分も手すりに肘を乗っけて、ワライカワセミと一緒にボケーッとしてきました。

……………

しかしなんというか…
ワライカワセミと一緒にいても、ちっとも笑いは起こりませんね。
こっちはパンクの直後でテンション下がってるし、ワライカワセミも地面をジッと見つめるばかりでクスリともしねーの。

……………

無言のままの二人の間にものすごく気まずい空気が流れてます…

……………
……………
……………

結局、他のお客さんが来るまで、ずっと気まずいままでした。


33歳のピチピチボディ  2007/02/28

今履いてるジーンズのケツ部分が破れそうになっているので、新しいジーンズを買ってきました。
ま、どうせチャリに乗ってるとすぐにケツが破れちゃうんで、値段とサイズだけを見てテキトーに購入。

ところが、家に帰ってからその買ったジーンズを履いてみると、なんかすごくキツいです。
サイズは今履いてるのと同じのを買ったはずなのに、モモとケツがパンパン。
うわ、やっちまった…

試着とかそういうのが苦手だからテキトーにパッと買っちゃっうんだけど、家に帰ってから「こりゃダメだ」ってなること、結構あるんですよね…
これだって試着しとけば絶対起こらなかったミスですよ…
でも試着もできない人間が返品なんてできないし…

んー、こうなるとやっぱり、履くしかない…よな。
そもそも今履いてるのと同じサイズなんだから、履けていいはずなんだもん。
つーわけで、キツキツの新しいジーンズを履いて、部屋の中でスクワットをしてみた。

「馴染む!しばらく履いてりゃ馴染むんだ!」
そう自分に言い聞かせつつ、布団の上に寝そべって足を空中でバタつかせてみる。
さらにそこからM字開脚、まんぐり返し。
ちょっとブレイクダンスっぽい動きをしてみたり、なんとかジーンズを馴染ませようとピチピチのケツとフトモモで必死に足を動かしてみました。

で、そんな動作を続けること5分…

結局、ジーンズはちっとも馴染みませんでした。
そしてなにより、自分のこの奇妙な行動は社会に馴染んでない。




<<  前の月    TOP    次の月  >>



SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO